現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 KISS・祝来日公演2015 「仮面の正体」

来年(2015年)に我、愛する永遠のロックバンド「KISS」
来日公演が決定したので、それを記念して
以前の「KISS」来日公演ネタ
旧ブログより転載、一部加筆してお届けいたします。

こりゃ、えらいこっちゃ~。
これ、何かの"祟り”とちゃうんかぁ~?
ちょい前に
「洗濯機」が壊れて…
お次は
「テレビ」…
あげくの果てに今度は…
「デジカメ」…
次々、一体何やねん?
豊かな「電気生活」
出来へんよーになるやんけ!


「デジカメ」なぁ~。
主に仕事で使う事が多いねんけど、
趣味で、写真(主に“風景”)も撮るから,
上等で小ちゃいミラーレスの「デジタル一眼レフカメラ」
欲しなぁ~!


オレは、「キャノン」のデジタル一眼レフ「KISS」
ちゅうのんを持ってるんやけど



昔にこの「CM」見た!
ちゅう人も多いと思うけど…
あれは、俺の愛する
アメリカの偉大なるロックンロールバンド

「KISS」の“パロディ”やねん。

メイクもバンドのメンバーの真似なら、
あのCMで使われる曲
“I was made for loving you”(ラヴィン・ユー・ベイビー)
替え歌やし。



えっ!?
あんな風な“メイク”してる「ロックバンド」
ちゅーたら、日本の
「聖鬼魔II」(せいきまつ)しか知らんて!?



あれも「KISS」を“リスペクト”(尊敬)
してメイクしとるんやで!

その「KISS」が、「どんだけ凄いバンドか?」ちゅうたら、
1974年にデビューして
もう「結成40周年」現役バリバリのロックバンドやねんで。
で、そのキャリアの中で
音源(CDとか)関連商品なんかで
儲けた金、「1億$」(1100億円)!

過去に数回来日公演してるねんけど
1997年の「オリジナル・メンバー」再結成のツアーまで
オレが、「コンサート」行く機会に恵まれへんかってんヮ。

場所は、「大阪城ホール」
その日、オレの手元には「チケット」は無し…。

「今日はなんぼ払ろても(ダフ屋から買うてでも)絶対観たるねん!」

しゃーけど、不運にも仕事の都合で、
開演予定時間に間に合わへんかった…。


頼むから「ダフ屋」のオッチャンらまだ居ってくれ~!
心の叫びをMAXでホールに着いたら・・・
運良く、目の前に“売れ残ってるチケット”持ってる
「ダフ屋」のオッサン登場!


オッサン 「ニイちゃん、券持ってるんかぁ~?」
オレ    「席どこらへんなん?なんぼ??」
      (売れ残ってるンやからどうせ後ろの方の席やろ~っ!?
       それでも、今日は絶対見たい!)

オッサン 12列目のええ席やけど、なんぼ(金)出せるねん?」
オレ   「え、1万円は…?」
      (ちなみに定価は八千円
       売れ残りやのに、こんなえぇ席やったら
       絶対「高額」で、吹っかけてきよるわぁ…
       ホンマは金、けっこう持ってるけど、
       まず1万から交渉開始や!)

オッサン 「何や、そんだけしかないんかぁ…         
オレ    (やっぱ、そんな額や無理やヮな…
       もっと覚悟した金額やないと…)

オッサン 「まぁ、えぇわ…持って行き!」 
オレ    (えええ?
       そんなん、絶対にありえへん…??)

      「ホンマにえぇのん、あ、ありがとう…!?」(謎 

きっと“神様”は、俺に「KISS」を観させたろぅ
「天使」をあの“ダフ屋のオッサン”
姿に変えて来させてくれてんやわ。


ちゅうことで、ラッキーチケットを握りしめ、全速力で「入場」
「開演時刻」だいぶ過ぎてるのに
今日はホンマに運がええ
まだ「公演」は始まってへんしぃ

で、席について、隣をふと見ると…
今回の「ワールド・ツアー」Tシャツ(米国仕様)
着てるヤツが座ってるねん
やん。

(こいつ、アメリカから見に行っとったんか?)

“ジロジロ”見てたのが悪かったンか、
ヤツに唐突に質問された…

ヤツ 「あのーすいません…ここの席いくらで買えました?
オレ 「えっ、何で?」

ヤツ 「いや、オレの“ダチ”が苦労して、
     3日徹夜して手に入れた席
なんで…」
オレ 「で、その人は?」
    (何処行ったんや?)

ヤツ 「この券に5万(円)追加して、
    最前列中央に移動しました。」

オレ 「あ、そうなんや…ま、けっこう高かったけど…
    ええ席手に入って助かったわ~!」
    (全身冷や汗…)

「たった“1万”で手に入れてん!」
って、安すぎて、口が裂けても言われへんヮ。

あのダフ屋のオッサン、
ヤツの「ツレ」からしこたま儲けてるから
オレからは「1万」でよかったんやー。

やっぱり、あのダフ屋のオッサン
『天使』やなかったんやな…(汗) 

【後編】へつづく!

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。