現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 新世界の居酒屋は名物が台湾料理!? 『八仙楼』

新世界(周辺)には、色々なオモロイ店があんねん。

せやけど、あんま土地勘無い人には、教えたないねん・・・。
探してて、道に迷ったりしたら・・・
場所によっては、やっぱ、今でも危ないトコあるからなぁ・・・。

ま、ここは南海電車の新今宮駅から近いし、
大通りに面してるし、場所も分かりやすいから
ちょっと紹介しとこか。

居酒屋 『八仙楼』

P1300297.jpg

凹字カウンターだけの店。

入り口に「入口」って、書いてあるからわかりやすい。(笑)

P1300296.jpg

それよりも生ビール@230円(安っ)に反応する人も多いはず・・・。

「居酒屋」なんやけど・・・
注目は、この「台湾料理」
ま、店の名前が既に“中国料理店”って感じやもんな。(笑

P1300298.jpg

せやけど、普通の日本の居酒屋メニュー(白板・本日のオススメ)も
あるから、使い易いかも。

実は、ツレと新世界をあちこちハシゴ(酒)したやから・・・
二人で瓶ビール一本(汗

P1300288.jpg

やっぱ、ビールには餃子やろ!?
あら、〆に「本場台湾ラーメン」喰うだけに来たはずやのに・・・。

「焼餃子」@360円

P1300289.jpg

ま、これは正確に言うと・・・
「中国料理」でも「台湾料理」でもあらへんとオレは思うねんけど・・・
せやかて、実際、中国では「水餃子」が主流で、
「焼餃子」なんぞ、あんまお目にかかれへんから
このスタイルの「焼餃子」は、ルーツは中国でも
もはや立派な“日本料理”やと思うねん!


ま、そんなコトも新世界ではどーでもええ話になってまうねんけどな。(笑

でも、この薄皮やのにモチモチ!
さらに、野菜が多いからなんか餡もあっさりで食べやすいねん!

これは、かなり気にいったヮ。

「さ、ほんなら、〆の台湾ラーメンに・・・」
と思ってたら

左隣の客が・・・
『麻婆豆腐してなー、せやけどあんまり辛せんといてな。』

そしたら右隣の客が・・・
『ここの麻婆豆腐が旨いねんなぁー!』
麻婆豆腐を食べながらの独りごと

そんなに両隣で「麻婆豆腐」「麻婆豆腐」言われたら・・・
頼まんとしゃーない!
(笑

「すんまへん、麻婆豆腐辛めでお願いしますヮ!」

ま、ここは元祖スパイス創作料理
「飲料麻婆豆腐」を出してる迷宮主
台湾流の麻婆豆腐も食べとかんとアカンと思って・・・

すばやく出てきたと思ったら・・・
ちょっと想像してたんとちゃうかった・・・
まるで、台湾家庭料理。(汗

P1300290.jpg

喰うたら・・・
「辛くして!」
って、云うたのに・・・

ぜんぜん辛ないねん。
麻・ま(痺れ)辣・ら(辛い)
どっちもあらへんがな・・・。(汗

P1300291.jpg

花椒(フォアジャォ)あらへんの?」
花椒=中国山椒で主に“痺れ”が強い。

ママ『ん、何?無いよ、そんなん。』

台湾人らしき、ママ「花椒」も無しに麻姿豆腐を作っているらしい。
しゃーないから、あまり得意やないテーブルにある「和山椒」を入れたがな。(汗

そして、「七味」をぶち込んで、何とかそれらしく・・・。

食べてると・・・
何やら、気になる食感?
「たまねぎ」の“みじん切り”が入ってるみたいやわ!? (驚)
そんなん入ってるん初めてや!

ま、@380 なんで、やいやい言うんはやめとこ。(笑

お、「紹興酒」呑んだろ!
頼んだ“台湾産”が大当たり!

P1300292.jpg

めっさ旨いやん♪

そんな、こんなでは・・
「本場台湾ラーメン」@480

P1300294.jpg

でも、この「本場台湾ラーメン」という“表記が曲者”で・・・
実は、皆さんが『味仙』(名古屋は「みせん」大阪では「あじせん」)で、
おなじみの「台湾ラーメン」なるものは、
実は、日本で作られたラーメンなんで
台湾には「台湾ラーメン」が存在しない。
と言うコトは「台湾ラーメン」は、名古屋で発祥してるので、
台湾料理の中には入れてはいけないモノやねんな。

ほな、台湾で実際によー食べてる「ラーメン」は何か?ちゅうたら
それは「担仔麺」(たんつーめん)で、
この「台湾ラーメン」とは、味が違うねん。(笑

P1300295.jpg

ま、新世界的な「本場・台湾料理」ちゅうのんは、
こんなえー加減な感じでも全然許されるんが
この地域の懐の深さでもあんねん!(爆

でも、なんやしらオモロイから
また来てしまうんやろなー!?

たぶん、次はmy「花椒」とか持参してな。(笑

店の中にデカデカと数箇所
「お支払いは前払いでお願いします。」
書かれてるけど・・・

P1300293.jpg

これ(キャッシュ・オン)を言われるのは、
見た目怪しい人だけで・・・
普通の一般人は“後払い”でOK

うん!?
オレ、よーパスしたなぁ。(爆
スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

人の意見は・・・・

ご無沙汰です。

隣のおっちゃん、どんな人かわかりませんが、場所が場所なので自分しか信用できませんよね。

それに、この値段じゃ文句も言えませんね。(汗)
ところで、台湾ラーメン、どやったん?
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。