現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 青不動から力を得る!『青龍殿』(その2)

それにしても「青不動(明王)」は凄かったなぁー!

http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-960.html

で、「青龍殿」の側や裏には、東山から京都の街を一望出来る「展望台」があんねん。

紅葉が綺麗やから、青龍殿も一際その姿が映えるヮ。

P1300007.jpg

将軍塚を越えると「展望台」があんねん。

P1300006.jpg

そこに広がる京都の街は、まさに絶景!

P1290992.jpg

小雨が降ってるせいなんか、青く霧がかった古都は幻想的!

P1300001.jpg

P1300003.jpg

平安神宮もあんなに小ちゃく・・・。

P1290999.jpg

そして、またまたを通って・・・

P1290998.jpg

P1300004.jpg

P1300008.jpg

P1300009.jpg

美しい庭を見るんに余計な言葉は要らんなぁ。

出口は「大日堂」

P1300010.jpg

そして、再びシャトル・バスに乗り込み「本院」へ!

つづく
スポンサーサイト

テーマ : 京都からこんにちは!
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。