現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 淡路島へ!(その4) 『淡路夢舞台』

『ウェスティンホテル淡路』も実は「淡路夢舞台」一部やねん。

この地図(夢舞台マップ)を参考にしたまえ。(笑
http://www.yumebutai.co.jp/map/map.html

まずは、ウェスティン淡路の施設に「海の教会」があんねん。
天からの光(自然光)が十字架を映し出すデザインは、もちANDO(安藤忠雄)!

P1290732.jpg

美し過ぎる・・・。
でも、雨の日の結婚式はどないするんやろ??(謎

「円形フォーラム」のデザインも実にANDOらしい

P1290737.jpg

コンクリートの打ちっぱなしやから、めっちゃ無機的やのに
光と影の様子が時間によって変わるから
その加減によって、表情が生まれる。

「貝の浜」は凄い!
本物の帆立貝の貝殻を100万枚使って
出来てるんやから。
圧巻!
としかいいようがあらへん。

P1290734.jpg

これは、ANDOやけど、コンクリートちゃうで。
職人さんが一つ一つ埋めて、はめていってんから凄いヮ。

P1290735.jpg

水の流れや音が表情を変える一役を担ってる。

P1290738.jpg

ここの段差の裏には、この流れてる水の音が聞こえる通路があって
そこを通ると実に涼しげやねん。

P1290736.jpg

夏にはピッタリ!
今の季節(秋)にはちょっと・・・。(汗

それにしても美しいなぁ。
こんな人工的なコンクリートが、自然と見事に調和してるんやから。

P1290740.jpg

せやけど、この頃「秋」やのに
ぜんぜん、紅葉してへんなぁ・・・。

P1290707.jpg

紅葉せんうちにもう「冬」になんねんな。

ホテルの横には「百段苑」
山の斜面に並んだ百個の花壇は圧巻の見ごたえ!

間違っても「百裂拳」とか云わんよーに。(笑
言うたら 「お前はもう死んでいる!」って、爆裂!(汗

P1290742.jpg

今の季節は「秋桜(コスモス)」

P1290746.jpg

「プロムナードガーデン」には色々な木や植物がよーさん。
普段、見たコトのあらへんよーな珍しいのんもあんで。

P1290751.jpg

あ、これウチの台所で見たコトある!
コップ荒うヤツ。(笑

P1290763.jpg

「展望台」からは大阪湾の綺麗な景色が!

P1290752.jpg

ホンマに異常気象「秋」が短かなってしもて
季節感をあんま感じるコトがあらへんよーになってきたがな。
いつまでも夏が長うて暑うて、
急に寒なったと思たら、「秋」通り越して、もう寒い「冬」や。
で、それもいつまでも寒ぅて、春がなかなかやってけーへん。(汗

そんな中でも「すすき」だけは、
しっかりと秋を感じさせてくれるからえーヮ。

P1290755.jpg

さ、お次は「奇跡の星の植物館」

「淡路夢舞台」
http://www.yumebutai.co.jp/map/map.html
スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。