現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 但馬へ行く(その14)旅のまとめ

『近畿にもまだまだえーもんあるねんなぁ。』

ホンマに「灯台下暗し」や。
近畿県内にも、まだまだ「美味いもん」あるねんなぁ。
これからは、もっと“近畿”にこだわるコトにしょー!
「近畿の隠れた名品(美味いもん)を大阪にもってくんぞー!」

と帰りの電車の中で、あーだこーだと思いをめぐらす
炎の浪花男であった。

2010623DSC_0129.jpg

ほな、今回も“旅のまとめ”「小ネタ」を二つほど…。

一つ目は「ヤトナ」

今回、城崎温泉で、宿泊した『ブルーきのさき』の
「館内サービス」に明記してあった「ヤトナ」

「ヤトナ」の意味がわからへんから
「当日ですと手配できない場合もあります。」
が、オレには妙に“エロい感じ”がしてん…。

2010.6.17 112

「最近の旅館は、そんなコトまで手配してくれるんか~?」
と「ヤトナ」意味もわからんのに勝手な妄想を膨らます。(笑)

で、知らんままに出来へんから、調べたら
「ヤトナ」は“雇われ仲居”の略語みたいやヮ。

せやけど…
「なんで、旅館には仲居がぎょーさんおるのに外からわざわざ呼ぶねん?」

やっぱり“特殊なサービス”に違いない!
とさらに妄想は膨らむ。

さらに調べると
「ヤトナ」とは“酌婦”とも呼び、客に接待する仲居さん」
ちゅうコトは、今で言う“コンパニオン”やねんな。

「ほんなら、なんで“コンパニオン”って書かへんねん!」
どうしてもエロい方向に持っていきたいんかも…。(爆)

判りやすい分類で言うたら…
「コンパニオン」は、洋服(又は制服)でお酌をする若い女子。
「ヤトナ」は、和服(きもの)でお酌をする熟女。
ちゅうトコか。

それに…
織田作之助の『夫婦善哉』の小説や舞台にもしばしば登場する
由緒正しき日本語
らしい。

全くエロない「ヤトナ」な、勉強になったヮ。

ほな、二つ目の“小ネタ”
「豊岡」は“かばん町”で有名!

2010.6.17 120

せやから、駅中にある「自動販売機」でも…

2010.6.17 123

「カバン」を売ってる!?

2010.6.17 122

ホンマに「カバンの自動販売機」や!
小ちゃいカバン@1500で売ってるわぁ。

同じ近畿県内でもまだまだ知らんコトも多い。(笑)

ほな、今回の「炎の浪花男 但馬へ行く!」シリーズをもう一度ご覧あれ!(まとめ)

その1. 『JR、人身事故で大停滞!』

その2. 『炎の浪花男のもう一つの顔は“鉄ちゃん”?』

その3. 『城崎温泉の楽しみは“外湯めぐり”』

その4. 『鮮魚てらかわ』

その5. 外湯『まんだら湯』と温泉プリン『生萬』

その6. 外湯『地蔵湯』と『城崎海煎堂』

その7. 『ブルーきのさき』

その8. 『城崎温泉ロープウェー』

その9. 『温泉寺』

その10.出石皿そば『官兵衛』

その11. 『絶景蕎麦屋、本陣鶴屋』

その12.出石皿そば『近又』

その13. 『楽々鶴』

ちゅうコトで、また。

それにしても…
“大阪グルメブログ”のはずやのに…。
月の半分が「旅グルメ」の『グルメラヴィリンス』ってどないなんやろ?(汗)

2010.6.17 121

その内“鉄ちゃん旅グルメ”になるかもなぁ。(爆)
えっ、もうなりつつあるって…。

※行きの指定電車が、人身事故の影響で大幅に遅れたので、
 乗車運賃の一部が返還されました。
スポンサーサイト

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

やとな

説明は拝見しましたが、体当たり体験談はどちらに?

Re: やとな

説明読んだやろ、おっちゃん、着物の熟女に興味はないで。(笑)
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。