現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 心斎橋も盛況な明太子食べ放題ランチ♪ 『博多もつ鍋 やまや』

『さすが、明太子の名門“やまや”』

「心斎橋筋商店街」は、長堀橋を越えたら
『心斎橋北商店街』ちゅう名前に変わるねん。

北へ向かって、右手側に「ローソン」があんねんけど
派手な細長い、縦長の赤い提灯入口の目印

P1270428.jpg

上、見ながら歩くんは危ないから・・・
この赤い看板見つけたほうが早いんかも?(汗)

P1270429.jpg

“やまや”って聞いたコトあるやろ?
そう、博多明太子の有名店!

その横の細い道を進んで!(笑)

『博多もつ鍋 やまや』

P1270430.jpg

夜は「博多もつ鍋」の店みたいやけど・・・
昼は「定食」の店やねん。

梅田店が先に出来てから、だいぶしてからの心斎橋店。

“売り”(名物)は、辛子明太子からし高菜。ご飯 が食べ放題!

P1270431.jpg

はい、格子戸を明けて・・・
階段で二階へ上がっていきまひょ♪

P1270432.jpg

二階へ上がっていったら、「受付」があって
オレらを待ち構えてはります♪
オーダー(注文)を言うて、前払いしときます!
思わず、「社員食堂かっ!?」って、
ツッコミいれたなりました。(笑)


席に案内されます。
シンプルな木造りのテーブル。
それにしても、まだ12時にもなってへんのに
すでに満席状態。
ごっつ人気ありますヮ!

P1270443.jpg

「社員食堂」なんで、お茶も“セルフサービス”です。(爆)

P1270447.jpg

しばらくすると、注文の品が運ばれてきました。
オレのオーダーは博多の郷土料理「がめ煮」定食です。
お昼の定食はどれも@980です。

P1270437.jpg

「がめ煮」は、簡単に言うたら「筑前煮」ですヮ。
こんなん滅多に自分で選べへんのに・・・
もうええ歳になってきたら
「たまにはこんなんもありかぁ~!」選ぶ自分が怖い。(笑)

P1270438.jpg

鶏肉・筍・牛蒡・椎茸・人参・大根など
“あっさり”してると思って頼んだんやけど・・・
九州の醤油やからか、思ったより濃厚(汗)
ま、「ごはん」に合うからえーねんけどね。(笑)

P1270439.jpg

「定食」に付いてるんは・・・
「グリーンサラダ」
ホンマにグリーンだけの野菜なんやけど
シャキシャキしてええ感じでしたヮ。

P1270440.jpg

「味噌汁」は、九州の店の割りには、味、薄め・・・。(汗)

P1270441.jpg

で、いつ「明太子」が出てくるねん!?ちゅう話でしょ?(笑)
オレもいつ食べるねん?って自分で思ったヮ。(爆)
テーブルの上にちょっと綺麗な器が二個・・・

P1270433.jpg

ここに食べ放題「からし高菜」と・・・

P1270434.jpg

「辛子明太子」が入ってるんですヮ♪

P1270436.jpg

ちゅうコトで、仕上げに「辛子明太子」!

P1270444.jpg

あれ?「やまや」の明太子ってこんな味やったっけ??
“唐辛子辛い”と言うより“塩辛い”んですけど・・・?
ま、旨いからええねんけどね。(笑)

で、「ごはん」のおかわりは、
サービスの方がよそってくれます。

(お茶はセルフやのに?)

二杯目は「高菜」で!

P1270445.jpg

こっちの方が「明太子」より
唐辛子辛いんですけど?(笑)


食べ放題ちゅうても、そないに「明太子」ばっかりも食われへん。
でもな、「辛子明太子」って、一般的には“高級品”やから
こんなに「いくらでもどうぞ!」ちゅうのんは、
庶民のオレにとったら、やっぱ嬉しいな~!

P1270446.jpg

お昼に「千円のランチ」ってちゅうたら・・・
「どやねん?」って思う人もおると思うねんけど。
そら、これやったら、女性で満員ちゅうのんも判るヮ。

オレ的には、「めんたい」で思い出すんは・・・
「めんたいロック」

80年代には、福岡はロックで熱かったなぁ。
サンハウス、ザ・モッズ、ルースターズ、ロッカーズなどなど・・・。



ま、その頃の大阪はメタルで熱かったんやけどね。(笑)

●『やまや』 心斎橋筋店
 大阪市中央区南船場3-5-19
 06-6241-6788
 11:00~14:00
 17:00~23:00(LO.22:30)
 年中無休

やまや 心斎橋筋店

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:もつ鍋 | 心斎橋駅四ツ橋駅長堀橋駅



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。