現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 復活した『プティ・ポー』は、なぜか大衆居酒屋? 『金杯』

『そう、ジャンルに関係なく、こだわりの美味いもんを出して、
お酒を楽しんでもらうんが居酒屋の真髄』


ちょっと前、天満に炭火焼フレンチバール
『Brasserie Petit Porc』(ブラッスリー プティ ポー)
ちゅうお気に入りの店があってん。

http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20090413
http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20090820

いつの間にか、やってる人が変わって
あの“おしどり夫婦”はどないしたんやろ?
と思ってたら・・・

時が経つと、あっちこっちから噂が聞こえてきてんヮ。

都島にえぇ居酒屋があんねんけど・・・
そこは前に天満でフレンチバールやってた…』

うん、間違いない!

滅多に行かへん都島へ!
ま、宮古島とちゃうから、そないに遠ないねんけどね。(笑)

都島のメインの通りから裏に入ったトコに
ポツンとある
見るからにベタな居酒屋!(笑)

P1270229.jpg

大衆酒場『金杯』

P1270231.jpg

さぁ、カウンター席にウチのツレと二人陣取ると…
「乾杯!」“ぷはぁ~!”

P1270232.jpg

さ、なんやかんや美味そうなもんがあんでぇ♪

P1270250-001.jpg

「なんかお造りのえぇトコ盛ってよ~!」
ちゅうて、出てきたんが“今日のえぇ魚全部盛り”(爆)

P1270235.jpg

これには、やっぱ「ポン酒」(地酒)でないとな。

さすが、えぇ酒のセレクトしてるヮ。
ちゅうか、どれ呑んでも一杯@450って、めっさ安いやん♪

P1270243.jpg

特別純米「田酒」(でんしゅ)が、この値段ってありえん…。
※二杯目からは@600 そらそやろ。

P1270236.jpg

ほな、気になるメニューからいっとこ!
「フォアグラ西京漬け」
こんなん食うたコトあらへん。
さすがフレンチ・イタリアン出身、
発想がちゃう
ヮ。

P1270234.jpg

フォアグラだけでも濃厚やのに
味噌漬けにしたら、さらに濃厚!
奈良漬と一緒に食うから、もう酒呑みには
たまらん逸品
やね。
これだけで何杯も呑めるヮ♪(笑)

P1270233.jpg

黒板メニューには「牡蠣のガーリックバター焼き」ってしか書いてへんねんけど・・・
出てきたら、これもビックリ!(驚)

P1270237.jpg

何かソースかけて焼いてはるでぇ!
パンも添え付けてあんでぇ!!

「これ、何のソースなんやろ?」
と食うてみたら・・・

エスカルゴ(かたつむり)に使う「バターソース」やん♪
はい、これフレンチですしぃ。

うん、これは牡蠣とめっさ合うヮ。

P1270241.jpg

はい、これは、間違いなくパクらせて頂きます。m( )m

「金目鯛の酒蒸し」
 
でいきますか?変わりだねでいきますか?』
そら、
変わってるヤツに決まってるやん!」(笑)

出てきたんは、見た目にはそないに変わってへん。

P1270238.jpg

食べてみたら…
これまた、「アクアパッツァ」やん、これ!

P1270242.jpg

これ、大衆酒場の料理にしたら凄過ぎるヮ。
今までのキャリアがちゃんと活きてるんがえぇなぁ。

「なんで、フレンチ止めて 居酒屋なん?
フレンチって、やっぱ敷居高いんですよ!』

「確かに居酒屋の方が入りやすいわなぁ~!
せやけど、大胆な転身やなぁ~!」
お客さんに来てもらわんと儲からないじゃないですか~!』

それ、そーや。
ごもっともやとオレも思う。

せやけど、こんな転身してる人を見たコトあらへん。

「〆は何がえぇんやろ?」
マーボー(四川麻婆豆腐)か、カレー(手造りカレー)ですかね!?』

他の飲食店で、オレが何をしてるか知ってたら
この二つは“オススメ”せーへん
のに
さすがに自信があるねんろな。

「ほな、両方するヮ。マーボーから出して!」

「四川麻婆豆腐」

P1270244.jpg

うん、これも「なんちゃって」の域や無いなぁ♪

これに日本酒の古酒を合わす(マリアージュ)んが、
ウチ(迷宮)方式!!


P1270245.jpg

「金鼓」(きんこ)古酒・10年熟成!

「よろしおまんなぁ~!」

で、〆はカレー!(笑)

P1270246.jpg

最後は、カレーには鉄板のビールに戻って…
「サッポロ・赤星(ラガー)」

P1270248.jpg

居酒屋に来たのに「バケット」ばっかり食うてる
オレらはどない?
(笑)

P1270249.jpg

これも、えぇ感じのアテやヮ。

大衆居酒屋は何でもありでえぇとオレは思う!
せやけど、何でもありやけど「それなり」はアカンと思う。

何でもあり、つまりはジャンル無しの料理は出すけど
そこにこだわりが見える美味い肴や料理でないとな。

やっぱ、料理はセンスやな。

また、必ず来させてもらいまっさ。
(再訪決定)

それにしても、奥方はワインに精通してたのに…
今度は一変して、日本酒(地酒)!
「大変やと思うから頑張ってね~!」
と云うたら・・・
『最近は、日本酒にはまってますから楽しいです♪』

やっぱ、えぇ奥さん、“えぇ夫婦”や!

ホンマに大満足やヮ。
ごっそぉさん。

●『金盃』   
大阪市都島区都島北通1-20-2        
090-5969-3933   
18:00~24:00   
日休


金盃

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:居酒屋 | 都島駅野江内代駅桜ノ宮駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。