現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 凄い漢(おとこ)が京都で居酒屋割烹してはったヮ!(後編)『居酒屋割烹 木春』

『この道(和食)一筋、30年!そら、懐も深いはずやヮ!!』

この日は、大阪中央卸売市場で、野菜の卸をやってる若きツレ
わざわざ京都まで遠征しての晩飯!

『居酒屋割烹 木春

P1270155.jpg

町屋改造系のほっこりしたえぇ店。
そこで、酒も肴も“おまかせ”して、京都の夜を楽しんでますねん!

【前編】はこちら↓
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-902.html

次の料理は…
「ハリハリ」で鯨。

P1270173.jpg

それも、「赤身」は無しで「コロ」だけ!?(驚)

「コロ」ちゅうんは、鯨肉の中で脂身が多い腹部の
皮を熱して、油を取り出した残りを乾燥させたモン。


高級部位やで!

水菜に出汁とコロの脂が染んで~
めっさ美味っつ!!


これに合わせてもーた酒が、まためっさヤバイ!
秋田の『純米吟醸 やまとしずく ユキノヤマト』【生・限定品】

P1270171.jpg

やまとしずくの25BYの新酒
酒米は「秋田酒こまち」を使こてて、
あんま量を作ってへんから超レアな限定品やねん。
しぼりたてそのままの新酒を火入れせんと、成分無調整で瓶詰めの生酒
粉雪のようなオリと口に含んだときの優しい甘味、ふくよかな旨みやのにさっぱり。
こら、ごっつ素晴らしい酒や!
惚れた!!

な、こんなとんでもない超レアな限定酒やのに、
普通にしらーっって、出してきはる・・・

ウチ(迷宮)と手口が一緒や・・・。(爆)

お次は、「太刀魚の変わり揚げ」
デッカイ太刀魚を天ぷらやのーて、フライに♪
ここら辺も創作色強いねー!

P1270175.jpg

フライの中の身はふんわり柔らか~
外は胡麻と古代米をまぶしてあるからパリパリ!

P1270176.jpg

次の逸品は…

「え?ビーフシチュー??」(謎)

P1270180.jpg

と思わせる「牛ホホ肉の味噌煮込み」

わざとこんな“洋”のルックスに仕上げといて
実は“和”ちゅう・・・

この遊び心が素敵やヮ。

蓮根チップス山芋チップス
添え付けの組み合わせがさすが!

P1270181.jpg

この和のパリパリなんと一緒に
載っけて食いまんねん♪


P1270182.jpg

おまけは、弟子が作った一品
「若鶏の香味揚げ」

P1270183.jpg

これは、ビールでしょ♪

P1270185.jpg

うわぁ~、腹も一杯になってきたし、
もう、そろそろちゃう?
もちろん、〆もおまかせ!

その〆を待ってると隣の常連さんから
お裾分けの「炭火焼きタケノコ・木の芽ソース」が
まわってきた。


P1270189.jpg

ここは、仲のえぇ常連どうしやったら
このアテ交換とかお酒のやりとりは
普通に行われてる
ちゅうから凄いヮ。

オレが思てる理想の 客どうしの“ふれあい”
ここにはちゃんとあんねん。
(涙)

で、また大将が静かになんか仕込んでると思ったら…
「酒器」を作り出してた!?

P1270186.jpg

錫の板その場で加工して、酒器を作って出すなんか
もう粋過ぎて、最高!

はい、『純米吟醸 月の桂』生原酒
これも立春の朝搾って、その日に発売するレア酒です。

P1270187.jpg

で、しばらくして出てきた〆は・・・
「雑炊」

P1270190.jpg

でも、やっぱ普通やない。(笑)

“すり流し”で、おろし山芋を投入!

P1270191.jpg

まろやかになって身体に優しげ~!

P1270192.jpg

あれ、オレが〆てるのに
隣でツレは大将とまた呑みだしたでぇ!?

「何をやってるん?」かと思いきや…
メザシを焼いてるし・・・?(汗)

P1270196.jpg

これ、ツレの親父が干した自家製メザシやねんて。
もう、めっさ酒呑みに最適のアテやし。

P1270197.jpg

これに合わせた酒がドブろく?
いや、濁り酒の上澄みだけを先に呑んでもーて
残った濃厚なトコ
これもウチとやり方一緒や。(笑)

純米酒 濁り「玉川」

P1270194.jpg

もう、今宵の一晩で完全にやられました
その懐の深さに脱帽です。

ちゅうか、なんかアプローチが似てる。(笑)
調理技術は、足元にも及びませんが・・・。(汗)

で、なんやかんやと話してたら
同級生ちゅうのが判明!(驚)

ここにもこだわりのヘンコ、昭和の辰が、京都にも一匹いてましたでぇ♪

今日はやられて大満足です。

ちゅうか、市場の若きツレ“同じような種類の人を選ぶ嗅覚”にもビックリしてますけど…
連れてって、もーておーきに。

P1270195.jpg

椿さん、今日の出逢いに乾杯!(嬉)

●『居酒屋割烹 木春』
 京都府京都市中京区藤西町595-2
 075-708-2768
 11:30~14:00
 17:30~23:00(LO22:00) 
 水休
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。