現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 但馬へ行く(その13)『楽々鶴』

『江戸後期からある酒蔵が生み出す地酒』

出石には、とんでもない歴史がある酒蔵がまだ残ってる。
桂小五郎の潜居跡から通りを東に歩いて行ったら、
赤茶けたデッカい土壁の蔵が見えてくるねん。

20100630DSC_0182.jpg

『楽々鶴(ささづる)』
(出石酒造)

20100630DSC_0183.jpg

ちゅう地酒を造っている造り酒屋や。
創業は、宝永5年(1708年)の超老舗。

入口のガラス見たらすぐに判るヮ。
昔のガラスは「ゆがみ」があるからな。
それにしても古い和の建物やのに窓ガラスはハイカラやなぁ。

2010063DSC_0188.jpg

中へ入ったら、すぐに「井戸」がある。
ここの商品がよーさん上に載ってるけど…。

2010063DSC_0184.jpg

この建物もそーとう古いで。
「ツバメ」が家の中に巣作ろうが、一切お構いなしや!

2010063DSC_0189.jpg

「セピア色が似合う」ちゅうのは酒蔵のコトや!
めっちゃ高い吹き抜けの天井。

2010063DSC_0186-1.jpg

「三扉」の神棚は珍しいらしい

2010063DSC_0187-1.jpg

さ、「地酒」買って帰ろ。
ここは“本醸造”「上選」「上選原酒」二種のみしか造ってへんねん。
「金印」ちゅうのもあるから正確には三種類かも
せやけど、ここでは、売ってへんかったんで…。

2010063DSC_0185.jpg

“試飲”さしてもーて、味見てから買えるからえーわぁ。

まずは、「上選」
“すっきり”“くっきり”で、実に呑み易い
清らかな印象の酒や。

ビックリしたんは、「上選原酒」!!
すっきり、くっきりは一緒やねんけど
後味、しっかりで強いヮ!
アルコール度数が高いからやろか。

“ロック”で飲んでもらったら美味しいですよ。

酒蔵の人に酒をロック(氷)入れて呑むん薦められたん初めて

この酒は、ここで直売してるか、
地元の酒屋でしか流通してへん
めっちゃレアな酒や。

ま、小ちゃい「酒蔵」やから、そないに生産量も多ないからやろな。

まだ、まだ、関西にもこんなえー酒があるねんなぁ、
これは、ぜひ、大阪でも呑めるよーにせんと。


仕事に燃える炎の浪花男であった。(笑)
(ただ、酒呑みに来ただけやんけ。爆)

2010063DSC_0193.jpg

「おっ、もうこんな時間や。
そろそろ、大阪へ戻らんとな。」


●『楽々鶴(ささづる)』出石酒造有限会社
 兵庫県豊岡市出石町魚屋114-1
 0796-52-2222
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

地酒なぁ

昔、あゆの勤めてた会社の並びに『鏡山』ちう造り酒屋があって、仕事の最中にぬけだしてワンカップっていうのがスリルやったんやけど、もう無いゎ 暑い盛りですがご自愛してくれなはれ  かしこ   ぁゅ?

Re: 地酒なぁ

まいど、あゆはん。
『鏡山』どんな酒か気になんなぁ?
マイナーな流通しかしてない地酒にハマってるオレでした。
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。