現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 2014年には、何と50歳になりまふ。『謹賀新年』

謹賀新年!

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

最近の“炎の浪花男”はと言うと・・・
ブログをほとんど更新出来てへんのんを
カレー屋が忙しいからちゅう大きな言い訳をしている
最低な食べ歩きブロガーでおます。

読者の皆様が、
毎日の更新を楽しみにして頂いている
のにも関わらず、
ホンマに大変申し訳ございません。

ちゅうコトで・・・

今年からは、食べ歩きブログをやめまして・・・?
食べ歩きを含む、日々の日記 みたいなんにしようかなと。

これまでは、その店のコトを一話づつ(毎日更新)で、
紹介しよーと必死に書いてきました

その店の何が旨い(名物)とかよりも・・・
その店の空気感が伝わればと思て・・・

オレのブログを読んでもろたら、その店に行ったような気になって
初めてその店に行った時にでも“なんか前にも来たような感じ”
なってもろたらえぇなぁって・・・

そしたら、初めての店でも入りやすいし、
何(料理)頼んでえぇんか判る
から
お役に立てるんちゃうかと思て、長年やってきましたけど・・・

もう、そろそろ
それが全部でなくてもえぇかなぁ
と。

それよりも“炎の浪花男”が、日々どないやって生きてるかを書いていこかなと。

ま、もちろん生きていく為には
食うコトは必須
やから、そのコトも書いていきますけど・・・
今までみたいに書く内容を「食べ歩き」に特化しんでもえぇかなぁと。

なんか「これでないとアカン!」ちゅうのんが
しんどなって・・・
もう、今年で50(歳)にもなるさかいに・・・
ゆっくり「こんなんでもえぇんちゃうん?」
変えさせてもらおかと。

あ、冒頭で「カレー屋」って、自分で言うてんのもその一つなんかも。

P1210209.jpg

あれほど、「ウチ(ラヴィリンス)は、カレー屋とちゃうでぇ!スパイス創作料理店や!」
頑なに拒否ってきましたが・・・
このところ、自分でも
「四ツ橋でカレー屋やってまんねん!」
言うてるように、
もう抵抗しーひんコトにしましてん。

どっちみち、世間ではウチ(ラヴィリンス)を
何かの分類(和食とか洋食とかエスニックとか)に入れたがる
から

いくら“オリジナル性の高い料理”を作ってたとしても・・・
『やっぱ、カレーに一番近いかなぁ・・・。』
となるんで、ラヴィリンスはやっぱカレー屋なんやろね。(笑)

ほな、ウチの言う「スパイス創作料理」ちゅうのんは、
何が「カレー屋」とちゃうねん?なんやけど・・・

季節感のある食材・素材(又は珍しい食材・素材)を
出汁(だし)+スパイス
表現する創作料理

だいたい、スパイス料理ちゅうのんは
元々、熱い国の料理が多いやん。

熱い国ちゅうのんは、食材(素材)がええもんも少ないし、
あったとしても鮮度がすぐに落ちて保存がききにくいやんかー、
せやから、スパイス応用して、腐らさんよーにしたり、
旨ない食材を旨いよーに味変えたりする生活の知恵
やねん。

せやから、気候が変わらへんから、
年がら年中同じもん食うてる
ねん。

ところが、日本ちゅう国は四季があるさかいに
季節ごとの旬の食材・素材が豊富にあるやん。

作るもんもえぇもん作る技術あるし、
管理技術も優れてるから
鮮度も落ちにくいし、流通もえぇから
日々、日本中の旨いもんが喰える


それが日本人は当たり前になってるねんけど
ホンマに恵まれてる国やねんで。

せやのに、わざわざ熱い国の真似して
スパイスを大量に使こて素材の特製をワヤにしんでもえーんちゃうか
オレは思う訳なんよ。

もち、そこの国の料理を日本で食べたいちゅうのんも
日本のお国柄やから、それを否定してる訳やないんやで。

ウチの料理は、
食材の素材の旨さが分かってから
序々にスパイスが効いてくるねん!

言うたら、スパイスの時間差攻撃や!

例えば、ウチの代表料理の一つ
「ネギまみれの肉キーマ」やけど

まずは、肉の旨味と
白ネギ・青ネギ・にんにくの芽
のそれぞれ違う食感や味を
ちゃんと認識した上で
スパイスが後で利いてくるねん。


これ、カレー屋ではなかなか体験出来ひんと思うで。

カレー屋は、食材や素材より
スパイスが勝ってるん多い
からな。

たむけん(たむらけんじ)が、TVの取材で
ウチの「活ハマグリのグリーンカレー」食うた時に
言うたんが・・・

『なんでぇカレーやのに出汁の味の方が勝ってるん?
カレー入れたら、普通はみんなカレーの味になるやん?』


ホンマにえぇコト言うてくれたわ。
それがウチの真骨頂なんですヮ。

でも、そんな“こだわり”なんかは、
店に来て食うてもーた人しかわからんのんで
分類的には「カレー屋」で結構です。

あ、今まで、このブログではウチの店の話とかウチの料理とかの話も
あんませーへんかった
んですけど・・・
これからはどんどんしていきます。

それは、オレ“炎の浪花男”が、命かけて作ってる料理やからね。

オレは、こーゆう考え方で、こんなん大事してるちゅうのんも
それで分かってもらえるコトもあるかと思って。

“食べ歩きブロガー”が、
自分の店のコトばっかり言うてたらアカン
でしょ?


でも、今年からは“食べ歩きブロガー”返上したんで
もう好き勝手にやらせてもらいます。

そんなこんなで、「なんやねん?」と思う方は
ホンマにすんません。


年始からとんでもない内容のブログになってもーて
今まで通りの更新を期待してはった読者の方々
ごめんなさい。


そんなんでも「しゃーないなぁ、その生き方見といたろか!」
ちゅう読者の方でしたら、今まで通り応援したって下さい。

こんな感じの“炎の浪花男”でもよかったら
今年もどーぞよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりましてありがとうございました。
食べ歩きブロガー返上ですか…きっと肩の荷が下りたような気分で楽になったことでしょう^^
わたくしは食べ歩きブロガーは、とっくに返上いたしましたから(笑)
これからは枠にとらわれずお店の情報発信基地として、どんどん美味しい情報を期待しております。
たまには自炊のネタをパクりに寄らしてもらいますわ。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし

さすらいさん、あけましておめでとうございます!
こちらこそ、色々とお世話になり、ありがとうございました。

はい、「食べ歩きブロガー返上」です!
めっちゃ肩の荷が下りたような気分で楽になりましたヮ。

さすらいさんは、今や自炊ブロガーですもんね。(笑)

はい、楽になったんで、色々なコトの情報発信さしてもらいます。
美味しいネタご期待下さいませ!

どんどんネタ、パクって下さい。
こちらこそ、引き続きよろしくお願いいたします。

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。