現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 神戸牛ローストビーフで舌がとろける~♪ 『レストラン TuTu 』

海を感じる最高のロケーションと、
厳選された神戸牛を使用したローストビーフが自慢の一品!


このコピーに魅かれてんヮ。

ちょうど、ローストビーフが食いたかってん♪
それも、神戸ビーフのんてかなり魅かれるやん!

海を見ながら、ええお肉!

うーん、想像しただけでもヨダレが・・・。
『なんで海を見ながら、肉食うねん!?』
ちゅうツッコミは完全にスルーです。(笑)

ランチを予約してまで行くコトはあんまあらへんねんけど・・・
今回は海側席を確保しんとアカンから、珍しく予約したがな。(笑)

お昼の12:00に予約!

その前に「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」に到着して
このレストランの場所を確認しに行ってんけど・・・
なんでか、ホテルの中には表示があらへん?

所在地を確認してもやっぱここやし・・・?

「あら、なんであらへんの?」
しばらく迷てんけど・・・

「あ、神戸港中突堤 旅客ターミナルって?」

確かに場所は、「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」と同位置
でもホテル施設は3Fから上で、2Fが「神戸港中突堤 旅客ターミナル」
そう、“ルミナス神戸”ちゅう観光船の乗り場やねん。

そこに隣接してるレストラン

『レストラン TuTu 』

なんとか時間までにたどり着いて良かったヮ♪

いっつもやったら、生ビールで“ぷはぁ~!”やねんけど・・・
今日は、レストランの雰囲気に合わせて、スパークリングで♪(笑)
それも、ドイツのんでリースリング(辛口)のん。
珍しいなぁ、こんなん置いてはるんも。

P1260314.jpg

海が見えるって、やっぱえぇなぁ。

まずは<オードブル>
【真鱈のブランダード 赤ピーマンソース ポテトゴーフレットを添えて】

「ブランダード」ちゅうのんは、
フランス南部のランドック地方の代表料理で、
特にニーム名物とされてる料理やねん。
「かきまぜる」ちゅう意味で、
何をかきまぜるんか?ちゅうと・・・
干し鱈(たら)とじゃがいも。

サービス係の女史も懇切丁寧に説明してくれはる。

P1260315.jpg

このポテトチップス(ポテトゴーフレット)みたいなんで
すくって食おうとしたら、力が入りすぎなんか…
ボロボロって全部割れてすくわれへん…。(汗)


P1260316.jpg

しゃーないから、スプーンですくって食うてみたら・・・
「こら、干し鱈入りのポテサラやな。」
アカン、アカン・・・
急に「“立ち呑み”のアテ」みたいになってもーてるがな。

お次は<スープ>
牡蠣のブイヤベース風

あ、これサービスの女史が、また懇切丁寧に説明してくれて
赤穂だの日生だの牡蠣は、ミネラル分が豊富で旨味が違います…
だの、
ご一緒に野菜もたくさん入って…
の中に「セロリ」(オレの嫌いな・・・)が入ってたから
動揺してもーて・・・

写真撮るん忘れてもーたがな。(汗)

でも、味はかなり美味しかった!
立ち呑み居酒屋から高級レストランに復帰!(爆)

はい、お次に<お魚料理>
「兵庫県香住産ズワイ蟹と淡路産玉葱のパイ包み焼き」

P1260318.jpg

このパイがよー出来てた♪

P1260319.jpg

サクサクと焼けてて、中が熱々
とろっとしたホワイトソースの中からカニとタマネギがこんにちは!

P1260320.jpg

めっさ、旨っつ!!

さ、いよいよここの名物やでぇ!

<お肉料理>
厳選、神戸ビーフを使ったこだわりのローストビーフ オリエンタルソース

ワクワクして待ってると・・・
おっ、シェフがお肉をテーブルまで運んできたがな。

イチボとモモの肉塊!(爆)

これまた、懇切丁寧な説明。

P1260323.jpg

慣れた手つきで、手際よく切っていきはるヮ。

P1260324.jpg

見て、見てぇ切ったトコから肉汁がじゅわーっと・・・
中はレアになってて、その色の美しいコト。
えぇ焼き加減に仕上がってる証拠

P1260325.jpg

はい、綺麗に盛り付けられて…

P1260326.jpg

出来上がり♪

P1260327.jpg

こら、たまらんヮ!

では、薬味が色々と用意されておりますが、
まずは、そのままで一口!

旨っつ!
めっさ旨いっつ!!

口の中で肉の旨味がじゅわーっって広がってく!

さすが、神戸牛や!
予想を超えた旨さやったヮ。

塩、胡椒、特製薬味(にんにくベースで数種の複雑な辛味)、わさびやオリエンタルソースなど
順々に試して色々な味の変化も楽しめたんで、さらに良かったヮ♪

P1260321.jpgP1260328.jpg

最後は<デザート>
温かいフォンダンショコラと自家製バニラアイスクリーム
4種のソースから選べるねん!
キウイ マンゴーバナナ フランボワーズ オレンジ

もち、マンゴー!

P1260329.jpg

真ん中からザックリ割ると、中からソースがとろーり!

P1260331.jpg

でも、ごめんなさい・・・。
やっぱフォンダンショコラは苦手です…。(汗)


でも、お昼にこのメニューは贅沢やな。
「カニパイ」と「ローストビーフ」かなり秀逸やと思います!

うん、たまには、“フレンチ”とかもえぇなぁ~!

でも、せっかくのロケーションやったのに
実はこの日は大雨…。(汗)

ホンマに自分の雨男ぶりにもうんざりするヮ。(涙)

しゃーない、歌でも唄ってごまかしとけ。

“雨、雨、降れ、降れ、もっと降れ~、私のいい人連れて来い♪”



って、何で演歌やねん!(笑)

って、何で八代亜紀やねん!?(爆)

●『レストラン TuTu 』(チュチュ)
 兵庫県神戸市中央区波止場町5-6
 078-333-7400
 11:30~14:00(LO)
 17:30~21:30(L.O.21:30)
 火休


レストラン TuTu

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | みなと元町駅西元町駅花隈駅



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。