現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 京都の隠れ家的居酒屋で魚食いまくり!『きさいち』

『こら、内緒にしたなるいうごっつぅ気持ち判るヮ。
でも、よー知ってる常連さんに紹介されんと絶対辿り着かへん店やわ。』


この日は、いっつも公私共にお世話になってる“おっちゃん”と一緒!
“おっちゃん”は、某会社の立派な社長さんやねんけど、
若い時からニックネームが“おっちゃん”やねん。(笑)

※おっちゃんのブログ『徒然おっちゃん日記』
 http://occhanfromtwenty.blog117.fc2.com/

この日は“おっちゃん”トコの会社の京都の得意先の方とのお食事会へ同行。

『なんで、オマエが一緒に行くねん?』やろ。(笑)

せやかて、その担当者の方が『ラヴィリンス』が大好きで、
“炎の浪花男”のファンなんやからしゃーないやん。
今日は「スペシャル・ゲスト」で呼ばれてん!(爆)

生で、オレの“食いっぷり”を見てみたいそーやねん!(爆)

行き先は…

京都駅の北側、塩小路通りを西へ。
徒歩5分ほどにあるお店やねん。

けど・・・

この小さい看板見つけんのんはなかなか難しいかも…?

P1230561.jpg

矢印は、細い路地の奥に店があるコトを示してるねんけど・・・
こんなん一人やったら、絶対に行かへんヮ。(汗)

P1230562.jpg

奥へ行ったら「縄暖簾」が見えてくる。

食べ飲み処『きさいち』

P1230563.jpg

中は、ロの字カウンター席だけ。
それでは、まずは“ぷはぁ~!”

P1230564.jpg

つきだしは「湯葉」
こんなん出て来るコトが京都らしいヮ。

「本日のおまかせ」メニューをまずはチェック!
旨そうなお魚がよーさん

P1230573.jpg

「戻りカツオ?」
なんでこの時期にあんねん?

気になったら、すぐに頼んでまうねん!
「カツオタタキ」(戻り)
ニンニクの薄切り載せて、てんこ盛りで出てきたヮ。

P1230565.jpg

怖い顔してるけど実は優しい大将に質問?(爆)
「何で、この季節に“戻り鰹”があるんですか?」
『そら、この季節に普通はあらへん、冷凍もんや!

えぇ~っ!?これ冷凍もんなん??
食うてて判らんかったわ。
普通に脂のって旨いしぃ

上手に解凍したら、こんなにえぇ感じになるねんなぁ・・・。

とり貝と生アオヤギ新物(生きてる貝)やから
絶対に旨いちゅうて大将!
そら、食うとかんな。

「とり貝」は酢味噌で。

P1230566.jpg

「生アオヤギ」は「バカ貝」のコトなんやけど・・・
最近、これもあんま見ぃーひんようになったヮ。

ちゅうか、めっさ旨い!!!

P1230568.jpg

一緒に頼んだ「本まぐろ」(赤身上)と「活ヒラメ」と一緒に載ってきたで。

「ヒラメ」もこりこりや。
「本まぐろ」もえぇ感じ!

ホンマに「京都市内」か?
なんか「丹後」とかで食うてる魚の旨さや!

「生ウニ」はゲタ(大箱)に載って、そのまま一箱で出てきたでぇ!

P1230567.jpg

オレ、明礬漬けしたウニはアカンねん!
ま、ここのんは大丈夫やろー!?

ノリにウニをてんこ盛って、わさびを入れて、ちょい醤油に付けて食うねんけど
やっぱ大丈夫やったヮ!

旨~っつ!

で、定番メニューの中でも気になるもんが…

“30年ぶり捕鯨”「しろながす鯨」

P1230572.jpg

まずは「ナガス鯨・尾の身」

P1230570.jpg

今や“高級品”やもんね。
懐かしい~味!

さらに「ナガス鯨・ベーコン」

P1230571.jpg

もう、脂が素晴らしい!
カラシをぬって食うねんけど・・・
旨すぎる~!(感激)

うん、ここは何でもボリュームあるから
中華みたいに4名ぐらいで行くんがえぇやろな。

早い時間から、すぐに席が埋まってまうから予約は必須や!

一つだけ残念なコトが…
置いてあるポン酒が「辛丹波」一種だけ。

P1230569.jpg

もっと、旨い地酒置いてくれたらな・・・。(涙)

でも、京都で魚食うんやったらここへ来るんやろなぁ~!
今回は“名物”の「ハモフライ」も在庫なかったしぃ。
まだまだ、ここで食いたいもんもあるしな。

再訪確実や!

●『きさいち』
 京都市下京区北不動堂町573-3
 075-344-2717
 17:00~23:00(LO・21:30)
 土・日・祝・飛び石休日の間が1日の日休

きさいち

夜総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:居酒屋 | 京都駅東寺駅五条駅(京都市営)


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。