現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 一期一会、ご縁は大切にせんとな。『ラヴィリンス』

『えぇ歳になってきたら・・・
“ご縁の「自動接続装置」が働いてる!”
が少しだけ解ってきた。』


誰もが、最初は“知らん人”や。
出逢った時から“ご縁”がある。

いや、ホンマは出会う前から既に“ご縁”はあるねんけどな。

“出逢い”ちゅうのんには必ずなんか意味があんねん。
でも、その意味は“神のみぞ、知る”やから
オレら、愚かな人間には、その真意を見過ごすコトも多い。

せやから、縁があるからちゅうて、誰とでも仲良くなれるちゅう訳でもないやん。

出逢った時の相手の印象で、自分で勝手に判断してるだけ。

「えぇ感じやな~この人と仲良くしよー!」
とか
「なんか好きやないなぁ~この人とは距離を置いた方がえぇかもな・・・。」
とかな。

それは、その時の自分の状態とか成長度合いで
いつでもその判断基準が変わる
やん。

せやったら、いっそ
「出逢う全ての方に“ご縁”がある!」
思って、どちら様のご縁も大事にする方がえーやん♪
(最初の印象に関係なく!)

ま、オレがいくらそー思てても
相手にも人間関係を選ぶ権利があるから
絆が切れたり、さらにしっかり繋がったりするから
人生はオモロイねんけどな!

先日のウチの店【ラヴィリンス】での出来事。

女性のお客様二名がディナーで迷宮入り。
どうもお話をしていると放送業界の方みたいやヮ。

『色々とテレビに出られてますけど関西テレビは出られた事ありました?』
と質問されて・・・
「えぇ、“流行んモンロー”ちゅう番組の
“たむけん”さんがやってたコーナーで“たむログ”ちゅうのんと
 ニュースアンカーちゅう報道番組出させてもらった事がありましたヮ!』

どうも関西テレビの関係の方みたいや。

「あっ、そー云うたら、今度、GW明けに関西テレビ〇〇ちゅう番組から収録依頼きてますヮ!」
『えッ!?、その担当者、誰ですか?

「△△さんですけど・・・」
『えぇっ、実は、ワタクシ彼女の上司なんです!』

この方は、その番組から取材依頼してるのを知らず
たまたま食べに来たら、こんな話に・・・


そら、ビックリしますヮな。

そんな時、最近のオレは、そこで全く驚きもせんと・・・
「今日もちゃーんと“ご縁の自動接続装置”が働いてるねんなぁ~!」
心の中でめちゃ納得!(笑)

偶然は必然!

するとさらに不思議な事が…
その方のメールに

「今、カレー屋で呑んでるやろ?」
と・・・

その方のさらに上司がたまたまウチの前を通りかかって
食事をされてる姿を見つけて、メールをしてきはった!


『何、このタイミング?』(驚)

たまたま来た店の店主は、自分の関係してる番組に今度「出る!」と云うし、
その話をしてたら、またまた上司がたまたま店の前を通って、発見されるし…

そら、そんな確率低い偶然って、世の中やったら
『え、何それ、何か気持ち悪い・・・。』
ちゅうて、なるんやろーけど・・・

オレはニコニコ!

今日のご縁が繋がった方ちゅうのは・・・
〇〇ちゅう番組の制作も関係してはんねんけど、
同じ関西テレビの人気番組◎◎も作ってる方々。

この話の“予兆”として…
その◎◎番組のMCやってる某女史お笑いの方
先日、ランチで“迷宮入り”してくれはったし~!

「きっと、◎◎からもいつかお声掛けあるんやろな~」

勝手に決め付けてニコニコしてるオレ!
(かなり気持ち悪いかも?)

せやから、出逢いには必ず意味がある!
たまたまなんかやのーて、会うべくして逢ってる!!

こんな話な、今日がたまたまやないねん。

その一例が・・・前もな。

たまたまウチの常連さんが連れてきた方がFM京都のDJをされてる女史で…
その方にオレが洋楽好きで「ボン・ジョビ」ごっつ好きやちゅうたら・・・

ユニバーサルミュージック(ボンジョビ所属のレコード会社)の
「ボン・ジョビ」販促担当の女史を紹介したるって、後日に再度“迷宮入り”。


この女史の方が凄いんが「ボン・ジョビ」のデビューから現在に至るまで
全ての販促グッズを手がけてる
ちゅうねん!?

で、「日本やったら誰を担当してるんですか?」ちゅうて質問したら
スピッツとか〇〇とか◎◎・・・」

て、云う話してたら、その数日後に
「スピッツ」のベースの方が大阪公演の日になんでか迷宮入り!
※実は、オレはその日に来てたんを知らんかってんけど、
 後日にファンの方が迷宮入りした時に教えてもろてん…(汗)

で、もしかしてウチのコトを紹介してくれたんか?と思って
ユニバーサルの方に連絡を入れたら…
『いえ、いえ、販促を担当してるだけで、そんなミュージシャン本人とは頻繁に会いませんし・・・』
って云いはったから紹介してもーてへんみたいやし…。

なんちゅうこの偶然

で、この話をFM京都のDJの方にしたいなぁと思ってたら…

TOTOの大阪公演に行ったら
たまたま通路を挟んで隣の席に!!(驚)

こー頻繁にこんな偶然が続いてたら…
それは、もう偶然やのーて必然ってなるねんて。

そして、今日もオレは楽しみでワクワクしてるねん。

神様は“ご縁の自動接続”
どんな人と逢わせてくれはるんやろ~!?


大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

『食べログ』2010~2012年・大阪・カレー(その他)“第1位”のお店です!

http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。


 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。