現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 花見の後は、しっとりと京料理!? 『京もん』

『京都で、割烹なみの調理技術や器やのに
居酒屋ちゅう気軽さがえぇねんなぁ~!』


お花見の後は、木屋町三条に行って、京料理でも食いまひょ!
せやけど、京都で本格的な京料理を食ぉうもんなら・・・
めっさ財布の中身を気にせんとアカンやろ?

でも、ここなら安心!
割烹なみの調理技術や器やのに居酒屋の気軽さ~!
それも場所が

町衆料理 『京もん』

“町衆”ちゅうのんは、今では“そこら辺(町)に住んでる普通の人ら”
みたいに思われてるけど実はそうやないねん。
昔(室町時代から戦国時代にかけて)は、“京都の裕福な商工業者”のコトやってん。
せやから、「えぇトコの・・・」ちゅう感じやねん。

な、“そこら辺の人ら”やったら「大衆料理」になってまうけど・・・
“えぇトコの人ら”が食べる料理やねんから(ちゃんとした)「京料理」になるやろ~!

ちなみに今は“まちしゅう”と呼んでるけど・・・昔は“ちょうしゅう”て云うてたらしいヮ。

『京もん』は、“京都の物”な。

P1230115.jpg

「ファンモン」は、“ファンの物”やのーて・・・
『FUNKY MONKEY BABYS』(ファンキーモンキーベイビーズ)の略ね。(笑)
残念ながら、解散しますけど…。

で、「イエモン」“家の物”やのーて・・・
『YELLOW MONKEY』(イエローモンキー)の略ね。
残念ながら、解散しましたけど…。

さらに「ポケモン」ちゅうんは・・・
(もう、ボケはえぇちゅうの!)

お店はハイカラでモダンなビルの中におます。
エレベーターで4Fへ!

P1230116.jpg

でも、エレベーターで4階で降りると
そこは、さすが京都!
めっさ“和”やねん。

P1230117.jpg

履いてるもんを預けてから、座敷に上がるねんけど・・・
これがまたモダンで大人な感じやねん。
テーブルは掘りごたつ式になってるから楽チンですヮ。

P1230118.jpg

「本日のおすすめ」を見て、注文!

P1230119.jpg

そして、まずは“ぷはぁ~!”

“つきだし”は、「茄子の煮浸し」なんやけど・・・
上の胡麻ソースがかかってるねん・・・。

P1230120.jpg

この胡麻ソース、オレ的には要らんねんけど・・・。(汗)

まずは「造り盛り」でしょう!

P1230123.jpg

前の右から、マグロに見えるけどカツオ
水だこ、天然タイ、
後ろの左がカツオのたたきに見えるけどハマチ
後ろの右は、サーモンに見えるけど、桜マス

どれも、プリプリっで旨いんやけど、
特に「桜ます」が珍しくて良かったヮ♪

刺身のお供は当然「ポン酒」(地酒)

P1230127.jpg

「珍味三種盛り」も完全に酒の肴ばっかのセレクト!

P1230129.jpg

「干しいいだこ」「からすみ」「鯖の燻製」

ちょっとつまむだけでよーさん酒呑めるでぇ~!(笑)

でも「からすみ」は炙ってて欲しかった…。(涙)

P1230130.jpg

「九条ネギのてっぱい」
九条ネギは好きや!
火を入れたら甘なって旨いから。
“てっぱい”って、何かわからんかってんけど頼んでみた!

P1230135.jpg

で、出てきたんは・・・
九条ネギとイカの“辛子酢味噌和え”

葱を搾る時のはじける音(鉄砲の音)から
鉄砲和え
と名づけられて、それがなまって
テッパイになったんやって・・・

めっちゃ定番やし…
さらにオレ酢味噌和え、あんま好きやないし…。(汗)

「ほたるイカの天ぷら」
うん、薄い衣に天つゆが染みて
ワタの味とが口ん中で融合して・・・
だいぶとえぇわぁ♪

P1230136.jpg

ここの“名物”は、「京鴨まんじゅう九条ねぎあんかけ」
えらい豪華な器に入ってきたで!

P1230124.jpg

蓋をあけて見てみたら・・・
見た目は、ほぼ「蓮根まんじゅう」やな。

P1230125.jpg

中を割ったら…
よーさんの「鴨ミンチ」が入ってるねん!

P1230134.jpg

なかなかえーわぁ♪

これ、中身を“肉キーマ”にして
オレもやってみよかなぁ?

包むンは、蓮根やのーて、小麦粉
うん、水餃子の皮みたいになるんやろな。

それに、「アガリクス茸のスープ」をあんかけにしたら・・・
旨いんとちゃう?

同じようにみえるけど、こっちは「生麩の野菜あんかけ」
見た感じはよー似てるねんけど・・・。(汗)
こっちの中身は、小芋と生麩

P1230122.jpg

この日は、京料理を食べたと言うよりは・・・
酒の肴でポン酒をよー呑んだちゅう感じになってしもたヮ。(汗)

P1230121.jpg

ま、それはそれで、ほっこり出来たから良かったけどね。(笑)

●町衆料理 『京もん』 (【旧店名 京料理 きらら】)
 京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町532-20 木屋町フォーラムビル 4F
 075-254-1195
 [月~木・日 ] 17:30~23:00
 [金・土・祝前]17:30~24:00
無休

町衆料理 京もん

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:京料理 | 三条駅京都市役所前駅三条京阪駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。