現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 ご縁は大切にせんとな~とつくづく思った日 『般゜若』(パンニャ)

『“汁なし”(ドライ)キーマつながり』

先日、とある鮨屋で、仕事終わりに一人で呑んでたら…
同じく隣に一人で来てた女史と大将の話が
聞くともなしに聞こえてきてん・・・
どうやら、彼女が働いてるお昼の店は“カレー屋”みたいやねん。

「あの~すんません・・・
急に横から失礼なんですけど、どこのカレー屋さんなんか教えてもらえませんか?
今度、行かせてもらいたいんですけど・・・。」

『あ、カレー、お好きなんですか?

オレもカレー屋やってるんで、気になって・・・

『え、そうなんですか?
 私が行ってるんは、福島にある“般゜若”(パンニャ)ってお店なんです!』

「あ、そうだったんですか~?キッチュ(松尾貴史)さんのお店ですよね~!?
 まだ、行ったコトはありませんが存じております。

『知ってられましたか?
で、どちらでお店されてるんですか?

「あ、四ツ橋で“ラヴィリンス”ちゅうカレー屋やってます!』

『えぇっ!』

「知ってはるんですか~?」

『ウチの店長が言うてましたから知ってます!

お互いの店を知ってたもんやから、
その後もカレー話で話も弾み・・・

「また、近々行かせてもらいます!」

『ありがとうございます♪
私も行かせてもらいます!』


言うたものの…
同業でランチはほぼ営業時間が一緒やから
またなかなか行かれへんのやろな~と思ってたら…

この日は、ありがたいコトに早めの時間にお客様が詰め掛けて
見事に“売り切れ~早期終了”となったんで・・・
急いで福島へ。


お昼の営業は15:00までやから終わる前ギリギリに到着!

カレー店『般°若』(パンニャ)

P1220209.jpg

何種類かのカレーあるみたいやけど…
時間があんま無いから、先に(店に)は居いろ~!

P1220211.jpg

古民家改造のほっこりした空間でおます!

「カレー屋」って、絶対にインドの神様が居はるよな~!

P1220213.jpg

ご存知、象の化身「ガ-ネッシャ」様。

で、店内を見渡すも、働いているはずの彼女も居ず…。
応対してくれるのは、店長さんだけ。(汗)
とりあえず、注文せねば…。

「さ、何を食ぉ?」

P1220214.jpg

「ん、マトンカレーやってたはずやのに?限定商品やったんやろか??」

ほな、ここは基本の「チキンカレー」は押さえるとして…
ハーフ&ハーフもあるんやから
「チキン&キーマ」@1000で!

しばらくすると出てきた。
シャバシャバなチキンと汁無し(ドライ)キーマ!

P1220216.jpg

では、まずは「チキン」から食うてみよか~!

P1220217.jpg

ルーはさらさらで、めっさ、優しい味やなぁ~!
で、ふんわり、じわぁ~とスパイスがきいてくるねん!
チキンは、ホロホロと崩れるヮ。

うん、こら、旨いヮ♪

ビックリしたんは、こっちの「キーマ」
なんとウチのんと同じ“汁無し”のドライタイプ!

P1220218.jpg

肉感とスパイスがえぇねー!
で、+パクチーでごっつ個性的に♪

P1220219.jpg

オレは、この「パクチー」嫌いやないからえーねんけど・・・
このアプローチは好き嫌いでるやろな。

さらに“合いがけ”を活かして
このさらさらなルーにざらざらなキーマをダイブさせて
食うたら、これが一番の好みかも!(笑)

食べた後に店長に挨拶して、しばしカレー談義!

「ドライ(汁なし)キーマ珍しいですよね~!?
ウチもそーなんですけど・・・」

『ウチもやっぱり変わってるって言われますよ!

世界基準やったら、こっちのスタイルの方が多いのにね~!」

『海老がそぼろになってるドライキーマなんでしょ?』
「そーなんですよ、誰もそんなんやれへん(真似出来ひん)と思って…」(笑)

『まだ、(ラヴィリンスには)行かせて頂いてませんけど…
あ、そんなコトを考え付く人って“頭の良い人”なんだろーなぁって・・・』
「え、そうですか~?(照)ありがとーございます。」

とそこへ鮨屋で出逢った彼女が登場!

『あっ、ありがとうございます!』
「先日はどーも!早速、来ました!」

どうやら、犬の散歩に出かけてたようや。(謎)

で、話をしてたら…
ついこないだ我孫子で一緒に呑んでた友人突然登場!?

http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-797.html

「船長さん(ニックネーム)!?」
『あら、ぐっさん!?』

「まさか、ここのカレー食べに?
ここら辺来ますん?
めっちゃビックリしたヮ!」
『いや、カレーや無くて
上の喫茶に来たんやけどね…。
こっちこそ、入ったらぐっさん居るからビックリしました!』

確かにこの方“カレー好き”なんですけど・・・
どっちか言うたらお互いミナミの方の人やから
キタへはあんまりけーへんし、
ましてや来たとしてもこのタイミングで逢うんが凄いヮ!

たまたま行った鮨屋のご縁で…
カレー屋つながりの新しい出会いを頂いて…
さらにそこで絶妙のタイミングで友人と会えるやなんて・・・

こら、やっぱみんなどっかで繋がってるんやな。

偶然は必然!

やっぱ、ご縁は大切にしんとなぁ~改めて思った日の話でおました。

●『般゜若』 大阪福島店 (PANNYA CAFE CURRY)
 大阪市福島区福島2-9-10
 06-4256-6319
 11:00~15:00 
 18:00~22:00
 木休



関連ランキング:カレー | 新福島駅福島駅中之島駅


スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

「松尾貴史」って名前よりやっぱり「キッチュ」って名前の方がしっくりくるのは
おっさ~んな証なんでしょうか?って。。。しっかり面、割れてるんですねw

コメントおーきに♪

> 「松尾貴史」って名前よりやっぱり「キッチュ」って名前の方がしっくりくるのは
> おっさ~んな証なんでしょうか?
⇒私もその方がやっぱりしっくりきます。
って。。。しっかり面、割れてるんですねw
⇒最近、色々やりにくいコトが多くなりましたヮ。
 ま、露出が多いのは店主的にはありがたいコトなんですが・・・
 食べ歩きブロガーとしては・・・。(汗)
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。