現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 但馬へ行く(その8)『城崎温泉ロープウェー』

『城崎温泉ロープウェイ』

宿泊してるんは、子供心に“隠微”な印象をうけた
『シャバダバダバダバダァ~♪ う~ん ブルーきのさぁ~きぃ~♪』
ちゅう“TVCM”で有名な…
※このCMに対抗できるんは、『あなた車売る?』の
「ハナテン(放出)中古車センター」しかあらへんなぁ…。

『ブルーきのさき』

20100622DSC_0090.jpg

せやけど、楽しみにしてた観光旅館の“晩ごはん”
惨敗に終わり、「温泉」に入って“ふて寝”した昨日。(汗)

ま、寝る前に“一人宴会”してましたけどね。(笑)

“地ビール”に『城崎ビール』ちゅうのんがあって、
「麦芽100%のモルトビール」や。
四種類(ピルスナー、レッドビール、ヴァイツェン、カニビール)
あんねんけど、オレはやっぱ好きな『ヴェイツェン』を選択。
普通、ビールちゅうのんは「大麦」で作られるねんけど
これは「小麦」が半分入ってるねん。
甘くて、フルーティな香りが特徴!
バナナみたいな香りやねん。

20100622DSC_0083.jpg

やっぱ、地ビールの後は地酒やんなぁ~♪
『竹泉』【季節限定】特別純米五百万石 無濾過生原酒
ここの酒蔵(田治米合名会社)、創業元禄十五年やねんでぇ。
300年も続くって凄いコトや!

20100622DSC_0084.jpg

これに、『鮮魚てらかわ』の「ホタルイカ沖漬け」酒の肴にしたら

めっちゃ美味っつ!
こら、たまらん、最高や!!

で、機嫌なおって爆睡!(笑)

そしたら、寝すぎた…
部屋の電話が鳴って…
『朝食はお済みになられましたか?』
「す、すいません、まだです…。すぐに行きますヮ。」

急いで、「朝食バイキング」が用意されてる大広間へ。

見事に誰もおらへん…。(汗)

大広間の座敷の横にテーブル席が一個だけあるんやけど
オレの席は、特別にここに用意されてたヮ。
和室にテーブル席やから足の不自由な人の為にあるんやろな。

20100622DSC_0088.jpg

「朝食バイキング」ちゅうても
昨日の「晩ごはん」が惨敗やったから、全然期待してへん
一応、「おかず」一通りは取ってきたけど…。

20100622DSC_0087.jpg

せやけど、但馬の「ごはん」旨い

って、言いつつ「おかゆ」かいっつ!(爆)

20100622DSC_0089.jpg

さ、旅館から送迎してもろて駅へ
で、駅の向かいにある“観光協会”で
「レンタサイクル」借りて、チャリ(自転車)で観光や!

えぇ天気やさかいに山の上でも登ったろ!
「アホと煙は高い所へ登りたがる」
って、よー言うたもんや。(笑)

20100622DSC_0100.jpg

やっぱ、たまには都会から離れるんもえーなぁ。
同じ“関西”やのにえらい違いや。
のんびりしてるわぁ。

20100622DSC_0096.jpg

電車は派手な色やけど…。(笑)

20100622DSC_0094.jpg

チャリで、町の端まで着たら「ロープウェイ」乗り場や。
ロープウェイ乗り場の前には、城崎温泉の源泉が沸いてる
「元湯」

20100622DSC_0101.jpg

ほな、さっそく登りまひょ♪
『城崎温泉ロープウェー』
「ロープウェイ」って、いつ乗って以来やろ?

20100622DSC_0102.jpg

ホンマはオレ「高所恐怖症」やねん…。
せやから、高いトコめっちゃやねん。
高いトコ行ったら…
「なんか急に悪いコトあって、落ちるんちゃうか?」
とか悪いコト(ネガ)ばっかが頭に湧いてきよんねん。
で、腰のあたりがむずかゆくなって、
力が入らんよーになったりする
ねんけど…

それと闘う自分も好きやねん!
(どんだけ“ナルシスト”やねん!?笑)

せやから「ジェットコースター」も乗るし、
「ロープウェイ」も大丈夫や!(謎)

20100622DSC_0103.jpg

最初は“片道”だけ買って登って、
降りるんは「ハイキングコース」行こ!

と思っててんけど…
切符売り場の女子に
「昨日は雨でしたし、足場が悪いので、お薦め出来ません…。」
って言われて、結局“往復”買ってもーたぁ。

まずは、登りや。
山頂まで7分ぐらいで着くから
思ったよりかなり早いスピードで登って行きよる。(汗)
(秒速30m)

途中で、一旦、中間地点にある
「温泉寺」に停まるねんけど、ここはスルー。
(中間で地点で、一旦停まるロープウェイは全国でも珍しいらしい)

頂上(231M)到着!
その前に「時刻表」を確認。
帰りに「温泉寺」で一旦降りる(途中下車)から、
次発の下りのロープウェイの時間をチェック!

「10分ぐらいしかあらへんやん…。」(汗)

さっそく絶景を見に行こ。

「めちゃ気分え~なぁ♪」

20100622DSC_0104.jpg

山頂には、「カニ塚」があんねん。
そら、ここら辺って、冬になったらしこたまカニ食うからなぁ。
そんなよーさんカニ食うたら「バチ」当たるでェ。
「バチ」当たらんよーに拝んどこ。

20100622DSC_0105.jpg

こっちも拝んどかなぁ。
「慈母観音」

20100622DSC_0106.jpg

『どうぞ、美味しいものが食べれますよーに。』

●城崎温泉ロープウェイ(運営:城崎観光株式会社)
 兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1
 0796-32-2530
 上り(始:9:10 終:16:50)
 下り(始:9:30 終:17:10)
 運賃・山頂駅往復@880
 毎月第2・第4木曜日休(但し、祝日の場合は営業致します。)
 http://www.kinosaki-ropeway.jp/kaisya/aisatu.html
スポンサーサイト

テーマ : 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。