現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 牛に引かれて善光寺参りのような焼鳥屋 『鳥酒力』

『“牛に引かれて善光寺参り”やのーて、“赤提灯に魅かれて焼鳥屋参り”』

“牛に引かれて善光寺参り”

この「このわざ」の意味は・・・
思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。
また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることの例え。

この云われとなるお話は・・・
昔、長野の善光寺近くに住んでいた不信人で欲深い老婆が、
さらしていた布を隣の家の牛が角に引っかけて走り出したのを見て、
その牛を追っていくうちに善光寺にたどり着き、
それがきっかけで度々善光寺に参詣するようになり、
信仰の道に入ったという言い伝えから。


「牛に引かれて善光寺詣り」とも書く。

ま、オレの場合は「赤提灯に挽かれて焼鳥屋参り」やねんけどな。(笑)

でも、気になったんは店の名前(屋号)やねん!

『鳥酒力』

P1220189.jpg

なんぼなんでも、まさか「ちょうしゅうりき」とは、読まんやろ~!?

いや、でも、他にどう読むねん?
うん、やっぱ、それしかないやろ?(笑)

それを確かめたい一心で、気がついたら店に入ってもーてた。(爆)

「ちょうしゅうりき」ちゅうたら・・・
ご存知の通り、昭和の名プロレスラー
「長州力」しかあらへんやろ?

絶対に「長州力」が好きな店主がやってる焼鳥屋に間違いあらへん♪

プロレス好きのオレとしてはやっぱ確かめに行かんとな。(笑)

まずは、何はともあれ“ぷはぁ~!”

P1220190.jpg

メニューを見て、やっぱ読み方は間違ってへん確信が持てた。

P1220200.jpg

ほら、読みが「CHOU SHU RIKI」って、書いてある!

“つきだし”は、「しらたきのマヨあえ」
なんかこの“つきだし”チェーン店みたいやな?

P1220191.jpg

まずは、やっぱ「刺身」やろー!
「大将、今日の肝はどない?何か他におススメある?
一見やのに、大胆にも大将に切り込む!(笑)

大将は、早速「モノ」を再確認して、
『今日はハツとササミですかね~!』
肝も悪くはないですけどね~』(笑)

この言い方で、肝はパス!
「ハツ(心臓)の造り」を注文!

醤油タレと特製タレの二種出て来る!

P1220192.jpg

この「特製タレ」がえぇ感じやねん!
それに思ってたよりも造りが新鮮で旨い!

P1220193.jpg

こんなえぇもん出されたら、やっぱ酒(地酒)呑まんとな。
奈良の辛口地酒『春鹿』を!

P1220194.jpg

ほんなら、次は“焼き”やな。

月見つくねと焼鳥盛り合わせ(5本)で頼んます!」

『盛り合わせに“つくね”入ってますから、違う串に代えときますね!』

あ、おーきに、おーきに。
こーゆうさり気ない心遣いえぇサービスやヮ♪

で、目の前で焼きたてのんが、焼けた順に一本づつ出て来る!
この当たり前のコト出来てへんトコも多い。
「盛り合わせ」やからって、5本揃わな持ってけーへんとかな。

『最初は、ズリとハツです!』

P1220195.jpg

これが、綺麗に整形されてる部位がえぇ具合に串に刺さってる。
これ見たら、丁寧な仕事してるんがよー判るヮ。

塩とタレが選べるねんけど
ここは、おススメで部位によって変えてくれる。
これらは塩で。

最初に「塩」で出す店は鮮度に自信あり!の店が多い。

「ねぎま」はタレで!

P1220196.jpg

そないに鶏自体の味が特別ちゅう訳でもあらへんけど…
食うてて、丁寧な仕事が判るんがちゃんと旨さになってるねんヮ!

ブランド鶏とかどっかの地鶏とかとはちゃうんやろーけど・・・
「朝挽き鶏」やったら旨いもんなぁ!

それに「焼鳥屋」はちゃんと焼いてくれんと旨ないねん!
ここは、ちゃ~んと焼いてるから旨いヮ♪

その“ち~ゃんと”が食うて判る店も実は少ななってきてるねんけどな。

「月見つくね」が焼きあがってきたヮ。

P1220197.jpg

なんで、「つくね」って“卵”につけて食うたらこんなに旨いねんろ?(笑)

『つくねの代替の一本は「だきみ」です!』
「だきみ」は皮つきの脂ののった胸肉らしい。

P1220198.jpg

これ、めっさ旨かったヮ!

盛り合わせの最後の一本は…
「白肝」の浅焼き!

これは、「白肝」って言うわりには、
そないに脂のってへんかったけどな・・・。(汗)

P1220199.jpg

この時点で、赤提灯に書かれてる店の名前の話を聞かんとアカン事さえ
忘れかけて食うてた自分に気づく。
ま、それだけ旨いもん食うてたってコトやねんけどね。(笑)

「大将、やっぱ店の名前“長州力”にかけたん!?」
『そうなんですけど、私の名前も“力”なんです!』

期待通りの答えが返ってきて、なんかスッキリしたヮ。

で、仕切りなおして「アサヒ・プレミアム熟撰(生)」

P1220204.jpg

もちろん“えぇもん”出してはるから、さらに焼鳥を追加!

「せせり」
めっさ脂のっててえぇ感じや!

P1220201.jpg

「玉ひも」
めっさ好きやねん!

P1220202.jpg

「ぼんじり」(ひっぷ)
脂ぶっちゅー♪
こら、たまらん!

P1220203.jpg

よく焼き(よー焼いてもーた意味)の「皮」
パリっパリ!

P1220206.jpg

最後は、別メニューにあった「地鶏」(播州地鶏)の別串(スペシャル)

P1220207.jpg

これは、あえて頼まんでも良かったヮ。
標準品で旨いからぜんぜんOK!

P1220205.jpg

〆は、あっさりの「浅漬け」(お漬物)

P1220208.jpg

〆の裏メニューには「鶏ぞうすい」もあるらしい。
また、今度食べよう!

ここの大将、実はウチの店【ラヴィリンス】の近所にある
『鶏爛漫』西大橋店ちゅうチェーン店で居てはってんて。
悪いけど、オレ的にはこの店、えぇイメージがあらへん・・・。

http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-616.html

でも、やっぱチェーン店は、最終的に“個人の仕事の差”って大きいよなぁ~!
担当してる人の力の差で「えぇ店」か「悪い店」か極端に変わるさかいなぁ。

ま、チェーン店出身でも、こんなに丁寧でえぇ仕事もする人もおるねんからなぁ~!

今回は、名前(屋号)に魅かれて、店入ったけど結果的には良かったヮ!

なんちゅうても午前三時まで(営業)やってるちゅうのんがオレには魅力的やヮ。(笑)
※最近は、午前様まわってから飯を食うコトも多いんで…。(汗)

「さ、(尿)出してから帰ろか~!」

ちゅうて、トイレへ行ったら、なんとそこには・・・

「消臭力」!

これはウソ。(爆)

●『鳥酒力』
 大阪市中央区東心斎橋1-14-24 M sビル1F
 06-6244-3399
 18:00~3:00(LO2:30)
 年中無休



関連ランキング:焼き鳥 | 長堀橋駅心斎橋駅四ツ橋駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。