現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 カレー屋のカレー鍋で新年会!『旧ヤム邸』

『普段、オレな、カレー屋同士の交流無いから、嬉しぃ~!』

“スパイス創作料理店”と偉そうに名乗ってても
世間では、まだ『何、それ?』やし・・・(汗)
やっぱ、カレー屋と思われてるウチの店『ラヴィリンス』

オレの中での“スパイス創作料理”の定義は、
旨出汁とスパイスの融合した料理やねんけど・・・
大阪でそー言うたら、一般人は、ほんんど
「カレーうどん」を思い浮かべはるねん・・・。(汗)

これからも、もちfrom大阪元祖スパイス創作料理店として
新しい料理を発信(発表)し続けるでぇ~!

それは、えぇとして、
やっぱ、それを理解して支えてくれる貴重な仲間が居るのんが嬉しい!

その中の一人で、一般人ながらもカレーのコトに精通してる“かーくん”
(もち、自分でもカレーを作るから、ウチの二周年記念の時には
ゲストシェフをして活躍してくれた凄い人です。)

その彼が、
『普段は皆々様方のイベントに参加するばかりだったので、
たまには主催してみようかと例のごとくカレー鍋会を考えております(*´∀`*)』

『カレー屋さん以外のカレー鍋って結構食べたことあるんですけど、
カレー屋さんのカレー鍋って食べたことないなってことで・・・
旧ヤム邸オーナーに頼んでみました。』

『空堀商店街の昆布の土居のお出汁を使った特製カレー鍋を楽しんでください。』

と言うコトで・・・
これは、「夜営業を休んでも行かな!!」と行ってきました。

カレーとくつろぎ『旧ヤム邸』

P1220119.jpg

空堀商店街の中にあるねんけど・・・
古家(京町家)を自分らの手で改装して
独特の雰囲気を醸し出してる店やねん!

P1220120.jpg

まずは、このえぇ雰囲気を味わってもらおか!

一階のカウンター席!
この昔の水屋(食器入れ)がたまらん!

P1220122.jpg

それにしても、オーナーシェフが趣味で骨董品を集めたんが
見事に活かされてるヮ♪

もう、今はこんなガラスもどこにもあらへんねんでぇ。

P1220123.jpg

二階へ上がるとなんと頭上にはシャンデリアが!

P1220124.jpg

レトロな旧型の白黒テレビまであるやん!

P1220125.jpg

テレビの上に「御売約済」の札が?
と思ってビックリしたら…
「御予約席」やったヮ。(笑)

こんな色々な昔のモノ百年経った家の雰囲気をさらに良ぉしてるねん!

そんなリラックス出来るトコで、
気のおけないカレー好きな仲間に囲まれた新年会やから、
そらな~楽しない訳がないやん♪

「今日は、“飲み放題”やからどんどん呑むぞー!」

P1220127.jpg

色々な飲み物を用意しれてはってんけど…
結局、この日は生ビールしか呑んでへんかったヮ。(笑)

P1220131.jpg

「前菜三種盛り」
これでカレー鍋が出てくるまで何杯も呑めました!(爆)

P1220126.jpg

さ、ほんなら有名人気店のカレー屋さんが作った「カレー鍋」頂いとこか~!

「本日の特製カレー鍋」

P1220130.jpg

うん、出汁もえぇ感じやし、
ほどよくスパイシー!

旨いわぁ~!

P1220132.jpg

昆布屋さんのえぇ昆布使こてんのに
その昆布出汁よりもスパイスの方が勝ってるちゅうのんが・・・
カレー屋さんの鍋らしいヮ♪

特に秀逸やったんは・・・
ラム肉で作った「つくね」
これは、ありそーでないヮ!

P1220133.jpg

さすがやヮ♪
やられました~!(笑)

さらにもう一種は「激辛タイ風カレー鍋」

「見るからに辛そ~っ!」

P1220129.jpg

恐る怖る食うてんけど・・・
これは現地(タイ)並みの辛さやから
オレは全然大丈夫!

向こうでよー食うてた「タイしゃぶ」を思いだした味やヮ。

これもタイ現地風の鍋えー感じでした。

は、メインの鍋のんで雑炊
これ、たまらんね~!

P1220134.jpg

久々によー呑んだヮ♪
で、カレー屋さんのカレー鍋も良かったしぃ♪
雰囲気えぇから、めっさくつろげたしぃ♪
えぇ仲間ばっかやから、楽しかったしぃ♪

これは、“かーくん”の人徳の成せる技でおます。

「誘ってくれて、おーきに、おーきに!」

オレも実家が都会の中の唯一の百年建築の古家(町家風長屋)やから
それを近代的にリフォームするんやのーて、
昔風に戻して店にしたいねん!
(零号ラヴィリンス・大阪町家オカン店)

ま、いつのコトになるかわからんけど・・・

えぇ参考にさしてもらいます!
そん時は相談して下さいって、
旧ヤム邸の店主はんにも言うてもーたし。(嬉)

ま、こんな馬に乗ってくるようなカッコで、この日も参加してるオレですが…
皆さん、これからもどーぞよろしゅう頼んまっさ。

533764_453890228010886_1666701080_n.jpg

●カレーとくつろぎ『旧ヤム邸』
 大阪市中央区谷町6-4-23
 06-6762-8619
 11:30~14:00※土日は売切れ次第終了、日曜日ランチのみ
 18:00~22:00※カレー売切れ次第終了)
 月・第2火曜日休
スポンサーサイト

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。