現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 も 驚くスタイリッシュなカフェ・ダイニング!? 『7(NANA)』

『偶然入ったお店がなんともスタイリッシュ!!
ここは都会の中の穴場やでぇ!!』


ウチの店【ラヴィリンス】ランチ営業が14:00までやから
そっから外食しよーと思っても、ほとんどの店は閉まってる・・・。

「心斎橋まで出たらどっかの店、開いてるやろ~!?」

と思って長堀橋通りを歩いてたら・・・
最新鋭の新しいビルの前にランチの看板を見つけた!

ランチ:ラストオーダー(LO)15:50

P1210206.jpg

お、まだ余裕で間に合うヮ♪

エレべーターで10Fまで上がって、扉が開いたらすぐお店!

『7 (NANA)』(fine diner & salon bar 7 -NANA-)

P1210192.jpg

どんだけオシャレでカッコえぇねん!

店内に入ったら二度ビックリ!(驚)
なんかめっさ広々としたオシャレな空間
こんな時間やのに女子がよーさん居って満員!

なんか、バブルの時代にタイムスリップしたよーな錯覚覚えたヮ♪

10Fやから、景色も抜群!

P1210194.jpg

センスがえぇんか?やりすぎなんか?
それは、来てる客が決めるコトやねんけど・・・

床もメニューも仔牛の白黒柄!

P1210195.jpg

とにかく、この空間デザインやったり
机、椅子などのファニチャーはもちろん、
小物などなど、気になるポイントがぎょーさんあるわ~!

ほんなら、腹ペコやから…
早速「ランチ」に!
※ランチの内容は“週変わり”

P1210193.jpg

「メニュー」を見てたら、ここの女子率の高い謎が判ったヮ!

それは、もう一般では「おやつの時間」やから
ここの“名物”パンケーキを皆食うてるねんや!

P1210196.jpg

なんぼ“名物”ちゃうてもランチの代わりに
「パンケーキ」は、食えへん
から・・・

『プレミアム・ランチ』@1,400を注文!

すべてのメニューには「パン」か「ライス」
「前菜3種盛り」が付いてるねんて。

最初は「前菜三種盛り」(日替わり)

P1210197.jpg

「はまちのカルパッチョ」「キッシュ」「ポテトサラダ」
(と「グリーンサラダ」)

味の方は…
「こんなオシャレな空間のカフェ系の店は、
たいがいあんま美味ないからなぁ・・・?」
ちゅうて、思てたさかいに期待してへんかったからかも知れんけど、
喰うてみたら・・・
「あら、どれもえぇ味出してるやん♪」(驚)

お次は「パスタ」
二種類のパスタ「オイルベース」か「トマトベース」から選択!

オレは「熊本県産カマスと小松菜のアンチョビオイルのスパゲティ」を選んでん!

P1210198.jpg

「これ、けっこうイケるんちゃう?

P1210199.jpg

パンで、残ったソースを全部、綺麗のさらえるほど

あ、「パン」選んでんけど、これも美味かったヮ!

P1210200.jpg

メインは「鹿児島県産もち豚とイタリア産プロシュートのステーキ」

P1210203.jpg

付け合せの野菜も綺麗!

で、これまたビックリなんが、このステーキ!
もち豚の上にプロシュートを載せて一枚のように焼いてるねん!

これが、またごっつ美味いねん!

P1210204.jpg

ボリュームもけっこうあって、申し分ないヮ。

+@300でデザート、+@200でドリンクも出来るんやけど・・・
この日は、この「ランチ」だけでもう腹いっぱいやったもんな~!


ここの空間が心地えぇから、晩遅うに夜景眺めて“BAR使い”もえぇんちゃう?
か、料理もちゃんとしてるから、ガッツリと晩飯喰いに来てもえぇな~!?
“名物”の「自家製パンケーキ」女子に人気やから
どんなんか食うてみたい気もするしぃ・・・

うん、最近には珍しく色々なシーンで使ってみたい!
と思う店やったヮ!

ところで・・・
『NANA』と聞いて思い浮かぶんは、
映画(漫画原作)『NANA』

中島美嘉のハマリ役!




NANA -ナナ- スタンダード・エディション [DVD]NANA -ナナ- スタンダード・エディション [DVD]
(2006/03/03)
中島美嘉、宮崎あおい 他

商品詳細を見る




●『7』(なな)【fine diner & salon bar 7 -NANA-】
 大阪市中央区南船場4-5-8 ラスターオン心斎橋 10F
 06-4708-7717
 11:00~翌5:00
※ランチ 11:00~16:00
※カフェ 16:00~17:00
※ディナー17:00~閉店まで
※バー  24:00~
 無休



関連ランキング:ダイニングバー | 心斎橋駅四ツ橋駅西大橋駅

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
こちらのレストランに限らないけどランチのパスタにつかう魚の産地(水揚げ漁港)をいちいち表記するって、ちょっと痛いとふと思いました。
例えばここなら普通に「カマスと小松菜、アンチョビのパスタ」とかさらっとしているほうがよっぽどスマートなのに。

昔から「目黒のさんま」にあるように食材の産地にすぐ目がいくのが日本人の性なのかしらん。。

Re:確かにそーやね!

> こんにちは
> こちらのレストランに限らないけどランチのパスタにつかう魚の産地(水揚げ漁港)をいちいち表記するって、ちょっと痛いとふと思いました。
> 例えばここなら普通に「カマスと小松菜、アンチョビのパスタ」とかさらっとしているほうがよっぽどスマートなのに。
>
> 昔から「目黒のさんま」にあるように食材の産地にすぐ目がいくのが日本人の性なのかしらん。

だいたい、今の人らは「どこどこのなになに」って、名産も知らんのに・・・?
「産地」も鵜呑みやしな。

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。