現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 は、意外とお城好き!『和歌山城』

『和歌山に親戚が居るちゅーのに初めて和歌山城に登ったヮ♪』

オレは、色々なモノに興味があんねん。
そのウチの一つが「お城」や。

で、和歌山市内に親戚(オカンの妹の嫁ぎ先)が居るちゅうのに
和歌山城に登ったコトがあらへんかったから
今回、わざわざ行ってみた。(笑)

『和歌山城』

P1210284.jpg

オレの中で、和歌山城のイメージちゅうたら
『暴れん坊将軍』テレビでしか見ぃひんから
「和歌山城=八代将軍徳川吉宗」やってんけど・・・
築城(天正13年=1585年)は、
なんと豊臣秀吉に「城を建てろ!」って、
命令されて、それに従った弟の豊臣秀長やってん。(汗)

まず、西の丸庭園から行ってん。
正直、あんま期待してへんかったから
思ったよりもはるかにえぇ庭園でビックリした!(驚)
「鳶魚閣」えぇ感じで池のほとりに建ってたヮ!

P1210282.jpg

地形の傾斜を上手く活かした庭園は独特の味があるえぇ庭やったヮ。

P1210283.jpg

で、城がある本丸まで登るのに
えらい急な坂道でごっつうえらかった(しんどい)ヮ。(滝汗)
本丸御殿は、虎伏山の頂上付近に建ってるから、
軽い山登りなみや。(笑)

P1210285.jpg

「二の門櫓」

P1210296.jpg

「乾櫓」

P1210288.jpg

「天守」

P1210287.jpg

P1210291.jpg

P1210289.jpg

山の上に建ってるから城からの眺めは最高!

P1210295.jpg

P1210293.jpg

この景色見てたら、殿様がなんで高いトコに居たがるんか
なんとなく判るよーな気がした
ヮ。

この自分から見えるトコが全部が自分のモン(領地)やから
なるべる高いトコで上から見ときたいんやろな。

なかなかえぇ城やったヮ♪

城から下りた城外の横断歩道にもお城のミニチュアが・・・

P1210297.jpg

これ、信号機の機械部分のカバーになってるんやけど・・・
要らんよな~!

で、後ろを見るとモダンな巨大な建物!

「なんや、これ?」

と思って、近づいてみたら…

「和歌山県立近代美術館」

P1210298.jpg

ごっつ、カッコえぇ!
和歌山にあるような建物とは思われへん・・・。(失礼)

バブル期(1994年建設)に膨大な予算で建てられたらしいヮ。
デザインは、巨匠“黒川紀章”

「あ、なるほど!そら、カッコえぇはずやヮ♪」(納得)

どんなんか入ってみたろ!
と行ったんはえーねんけど・・・

運悪く休館日・・・。(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。