現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 但馬へ行く(その5)外湯『まんだら湯』と温泉プリン『生萬』

『外湯と温泉プリン』

城崎温泉のまち歩きの楽しみは、
“7つの外湯めぐり”や。


それぞれの温泉によって、
“キャッチフレーズ”「祈願」違うねん。

『さとの湯』 “ふれあいの湯” 「自然回帰」
『地蔵湯』 “衆生救いの湯” 「家内安全・水子供養」
『柳湯』 “子授けの湯” 「子授安産」
『一の湯』 “海運・招福の湯” 「合格祈願・交通安全」
『御所の湯』 “美人の湯” 「火伏防災・良縁成就」
『まんだら湯』 “一生一願の湯” 「商売繁盛・五穀豊穣」
『鴻の湯』 “しあわせを招く湯” 「夫婦円満・不老長寿」

ちゅう感じや。

どこ行こうかと迷てんけど・・・
“一生一願の湯”で、「商売繁盛・五穀豊穣」
ちゅうたら飲食店関係の仕事してる
オレに“ぴったり”
やと思って、ここにした。

『まんだら湯』

2010061703.jpg

養老元年(717年)に温泉寺開祖「道智上人」
“曼陀羅一千日祈願”によって湧き出たから
この名がついたらしい。
せやから、中に入ったらいきなり
「道智上人」が居てはったヮ。

2010.6.17 109

で、ここの温泉は湧き出た時は「冷泉」やったのに
八百年後に急に沸きあがって「熱湯」になってんて。
せやけど、運よく来てた京都の「僧日真上人」
“曼陀羅”を書いて泉底に沈めたりして、適温に戻したちゅう話が
温泉の前の「石碑」に書かれてるねん。

2010061706.jpg

「まんだら湯」の屋根は、仏縁にちなんで「御堂」みたいになってて、
入口は、“日本独特”「唐破風」(からはふ)で、
山すその緑に包まれて清楚な趣をもってる温泉や。

ほな、さっそく入ろうか。
どの外湯も入場料大人@600~@800
せやけど、ここの近所の旅館に泊まってる宿泊者は、
「外湯浴場入浴券」を出したら“無料”
や。

ここは気泡風呂になってんのが自慢で、
奥には、檜作りの露天桶風呂もあるねん。

2010.6.17 108

「えぇ気持ちや~!」
思わず、泉質・効能を言うてしまいそーや!

〈泉質〉は、ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉
〈効能〉は、神経痛・筋肉痛・うちみ・慢性消化器病・痔病・疲労回復

って、どの「外湯」でも同じ泉源やから
泉質・効能は、当然皆一緒やで。
(笑)

「やっぱ、温泉はえーなぁ、よー温もるわぁ。」

ほな、次の温泉行こか。
ちゅうか、ちょいクールダウンしんと
こんな次々行ってたら“湯あたり”してのぼせるわぁ。

ちゅうて町を歩いてたら『木屋町小路』ちゅう
商業施設があったヮ。

2010.6.17 093

こん中に気になる店があってん。

城崎温泉たまごプディング『生萬』(きまん)

2010.6.17 099

卵好きのオレとしては通り過ごされへん店や。(笑)

うわぁ、どれにしよかなぁ。
めっちゃ悩む・・・。
どれも食いたい!(爆)

2010.6.17 106

結局、「たまごプリン」「ミックスジュース」を注文!

DSC_006020100617.jpg

ふわっと柔らかくて味は濃厚
それでいて甘さ控えめ
手作りの良さを素直に楽しめる
とってもくせになる味です。


って、「メニュー」に書いてあるとおりや。

DSC_006120100617.jpg

口ん中で、濃厚な卵の味が優しくふわぁ~と広がってくねん。
なんか幸せな気分になれるプリンやわぁ。

これは“お薦め”やヮ!

さ、次はどこの「外湯」へ行こかなぁ。

城崎温泉 外湯『まんだら湯』
 兵庫県豊岡市城崎町湯島
 0796-32-2194
 15:00~23:00
 水休
 城崎温泉公式サイト(城崎温泉観光協会)
 http://www.kinosaki-spa.gr.jp/index.html

城崎温泉たまごプディング『生萬』(きまん)
 兵庫県豊岡市城崎町湯島391 木屋町小路-G
 0796-32-2241
 10:00~22:00
 木休
 http://www.kiyamachikoji.com/page/kiman/kiman.html

スポンサーサイト

テーマ : 銭湯・温泉・健康ランド
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。