現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 岩魚の骨酒が呑める老舗ろばた焼き居酒屋 『新力』

『稀少な“岩魚の骨酒”呑めるんがごっつ幸せや!』


オレは、冬のごっつ寒い時にもポン酒(日本酒・地酒)は、
絶対“冷酒”しか呑まへんねん。

あ、正確に言うたら…
“燗”の温かい酒が呑まれへんねんやん。(汗)

アルコールが鼻に上ってくるちゅうか・・・。
目にもきよんねん・・・。

それが、嫌で呑まへんねん・・・。

せやけど、呑める温かい酒も例外的に(特殊なん)あんねん。
それは、「とらぶぐのヒレ酒」
「岩魚・山女・鮎とか川魚の骨酒」やねん。

ま、「ヒレ酒」は、ふぐ屋にはほぼ置いたぁーるけど・・・
「骨酒」は、あんまり知られてへんかもしれん。
居酒屋でも置いてるトコ少ないからな。

ほな、「骨酒」はどんなもんかちょっと解説しとこか。

まず、川魚を焼き干しにすんねん。
焼き干しちゅうのん、ま、簡単に言うたら干物や。

腹割いて、ハラワタ取って、素焼きにすんねん。
強火の遠火で焦げ目つかへんようにして乾かすようにして焼くねん。
皮がパリパリになって、カラカラに乾いたら焼き干しの出来上がりや。

外で自然乾燥さして一夜干しでもえーかもな。

それをまた炙って、焦げ目つけてから・・・
熱々の燗酒を注ぎ込んだら
川魚の旨味エキスが酒に全部出て
これが旨いのなんの!

でも、居酒屋で置いてあるトコがなかなかあらへんねん・・・。(涙)

しゃーけど、あべのの居酒屋置いてあるトコ知ってるから
そこへ行って呑むねん!

天王寺北口からアーケードの中へ!
あべのの裏町にある商店街の中

この老舗のろばた焼き居酒屋はあんねん!
哀愁漂うこの辺の雰囲気、レトロでオレは好きやなぁ~!

201201 755

ろばた焼き『新力』

201201 768

一階の入口すぐのカウンター席は、横に食材も置いてあって
目の前で焼いてくれはるし、えぇ席やねんけど・・・
開店前から並んでる人もおるから、この特等席には
なかなか座られへん…。

201201 767

この日も二階へ案内された。
上のカウンター席はあんねんけど
前では調理せーへんから、ちょっと醍醐味には欠けるヮ。

ま、まな板のようなレトロ感のある敷物
時代を感じさせるし、これはえぇヮ!

201201 756

ほな、まずは“ぷはぁ~!”

201201 757

「プレモル」と「モルツ」が同じ値段@504
って、ありえへんけど・・・
専用ジョッキの大きさがちゃうからそんでえーねんな。
そら、「プレモル」の専用ジョッキ
あんま中身(ビール)が入れへんからな。(笑)

201201 758

「さ、何、食ぉかな?」

どれ食うても安いし旨い
基本、アテは全部@367円50銭均一
この50銭ってなんやねん?(笑)

201201 760

定番メニューもえぇねんけど・・・
黒板(白板)のオススメメニューも要注意や!

まずは「れんこん肉詰め」
こーいうトコ着たら、こんな古典的なアテがえーねん!

201201 761

「焼き牡蠣」あるやん!
そら、食うとかんとな。

201201 762

「かんぱちの頭焼き」
刺身用にしてるんの頭やからそら、旨いで。

201201 763

さ、この魚の焼いたんで
「岩魚の骨酒」(酒二合付)@1230いっとこか。

201201 764

これが、ホンマにえぇエキス出てな、
めっちゃ旨い骨酒になりよんねん♪

201201 765

焼き魚をアテにして、呑む骨酒は最高や!

オレな、酒呑むんはアテがぎょーさん要る人やのに
この「骨酒」呑む時だけは、不思議とあんまアテ要らんねん。

そんだけ、酒の味だけで堪能できるちゅうこっちゃな。

「注ぎ酒」して、なんかかなり極楽気分や!

最後に「冷やしトマト」クールダウンして
この日はおしまい。

201201 766

「骨酒」めっさ旨かったわぁ~!

東大阪(布施)に行ったらタンをアテにいわなの骨酒↓
 http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20070314

●ろばた焼き『新力』 (しんりき)
 大阪市天王寺区堀越町15-17
 06-6779-9365
 17:00~22:30(LO)
 日祝休



関連ランキング:居酒屋 | 天王寺駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅



スポンサーサイト

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。