現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 “細胞”から“水玉”へ発展! 『草間彌生』

『やっぱ、草間作品“水玉南瓜”は、素晴らしい!』

ちゅうコトで、「国立国際美術館」
草間彌生』展
~永遠の永遠の永遠~
がやってるさかいに行ってきてん!

行く前のちょっとした出来事はこちら↓
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-651.html

201201 111

彼女の代名詞は“水玉”や!

日本のポップアートの草分け。
もう、今年84歳の御大や!
それも“現役バリバリ”やねん。

「国立国際美術館」は地下にあんねん!
B1には、チケット売場があんねんけど・・・
もう、ここから草間作品の展示は始まってる。

201201 107

赤に白の水玉の変形バルーンが
空中にぷかぷかと浮いてる
ヮ。

201201 108

さらにB2に降りると・・・
草間女史の代表作品『南瓜』が置いてある!

201201 116

ホンマにこの作品は可愛いねん♪
老若男女、誰もでも愛される作品やヮ!

この作品との初めての出逢いは、
あの香川県・瀬戸内海に浮かぶアート島
『ベネッセアートサイト直島』でや。

さらにB3に降りて行ったらメインの展示会場やねん!

今回、何が嬉しいかっちゅうたら・・・
一部やけど、写真撮影OKの作品(展示室)があることや!

それにしてもえらいぎょーさんの人や。
ホンマに若い人からお年寄りまで
幅広い年齢のファンが観に来てるもんな。

201201 117

あんま、作品が難しないのんがえーねんやろな。
なんか、簡単に感性に訴えかけてくんねんやん♪

初期の作品は・・・
人の横顔に見えるマークであったり、細胞のように見える形であったり、
筋肉の繊維に見えるような作品が多かってんけど
その内、それらが脇役にまわって
現在の主役は、しだいにカラフルな水玉作品になってくる!

せやけど、今回、オレが好きになった作品は・・・
水玉やのーて、色々な色に点滅する無数の輝き!
「魂の灯」

201201 112

※会場では、この作品は撮影出来ません。
 この画像はDVD画面から撮影しております。

実際に会場では、この作品は、
箱になってる鏡の部屋の中仕掛けが施してあって
一度に10人ほどつづ、数十秒しか体験出来ひんかってんけど・・・
そのインパクトは充分!

でも、一般的に大人気やったんは・・・
「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」
ちゅう作品で・・・

白い部屋の中にお得意の大小の赤い水玉が施してあって
その中にあるデカイ「チューリップ」三個
同じ模様にしてあるので、すべてが同化してる作品!

201201 123

もう、このデカさになってくると
「チューリップ」のカワイさはオレ的には感じへん
「水玉」やのに“グロい”よーに感じてしまうねんヮ。

201201 122

なんか「パクッ」と食べられてしまうようで怖い・・・。(汗)

あ、「マリオブラザース」に影響されすぎか?(笑)
そー言うたら、『パックンフラワー』も“水玉”やからか?(爆)

201201 121

で、すべての作品を見終わって
次に向かったんは・・・
「リーガロイヤルホテル」

「飯」食いに行ったんとちゃうで!(笑)

ここにも“特別展示”「草間作品」が置いてあるからやねん!

201201 126

あ、このデッカイ“ウェデングケーキ”ちゃうヮ。
これは、ロイヤルホテル70周年記念ケーキやって。

その隣に置いてあるヮ。
こっちや、こっち!

「明日咲く花」
4mほどあるデッカイ作品や!

201201 127

この作品も・・・

カラフルな水玉の花やねんけど・・・

201201 130

やっぱり・・・

食われるように思ってまうのはオレだけ?

でも、『草間彌生』はやっぱ凄いアーチストやわ。
80才過ぎても、
こないやって現役でどんどん新しい作品生み出していってるねんから!

オレもしんどい言うてられへんがな。
彼女から見たら、まだまだ「ひよっこ」やからな。

「頑張ろ~!」

『草間彌生』展
 ~永遠の永遠の永遠~
 http://www.asahi.com/kusama/


大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・欧風カレー“第1位”のお店です!

http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。


スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。