現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 豊中の隠れ家的蕎麦屋で舌鼓!『酒と蕎麦 こなから』

『この新しい蕎麦屋は、銘店に変わる予感すんでぇ~!
北摂の人らは、この蕎麦屋を見逃すなぁ~!!』


オレは、あまりよー知らん街を歩く時
わざと裏道を歩くねん!
表通りはどーしても家賃が高いから
メジャーなチェーン店が多いやん。

裏町には、えぇ個人店があるからなぁ~!

この日も豊中の裏町を歩いてたら
こんなえぇ店と出逢えたヮ。

「ん、何屋や?」

と思ったら・・・
この木の看板に手彫りで書いてあったヮ。

2011.05 256

『酒の蕎麦 こなから』

2011.05 255

「やったぁ~蕎麦屋や!嬉し♪」
ご存知の通り、オレは“蕎麦好き”やねん。
それに今は「新そば」の季節やしな。

こじんまりとした店は、和のシンプルな感じや。
カウンターが8席ほど、4名テーブルが二つ。

オレはカウンター(席)に座ってんけど
目の前には、日本酒がよーさん揃ってるヮ。
やっぱ、蕎麦屋で、ポン酒(地酒)に力入れてる
ポイント高いもんなぁ~!

2011.05 257

「さ、何、食ぉかなぁ?」

オレは北摂にほとんど来ぇ~へんから
ここら辺の相場がよーわからんねんけど・・・
「ランチ・メニュー」(お昼の献立)見たら
「サービスランチ」@880(平日のみ)
以外はほぼ千円以上や!
一般的に見たら千円以上がほとんどちゅうのは
高価格路線(嗜好品志向)やな。
これは、味に自信があらへんかったら出来へんメニュー構成やわ。

2011.05 258

オレが気になったメニューは・・・

「塩天丼セット」@1200

「肉」でも「天丼」でもそーやけど
素材が良ォなかったら
なかなか“塩”で勝負出来へんもんなぁ!

しばらくしたら~出てきた、出てきた!

蕎麦は、基本「冷」やから
「せいろ蕎麦」+@50に変更!

2011.05 138

でっかくそそり立つ「海老天」が二本!
この海老天が“ぷりぷり”でめっさ旨いねん!
衣もそんなに厚ないから海老の旨さが口に広がるねん!
これも“塩”(天丼)やからやろな。
海老好きなオレにはたまらんなぁ~!

2011.05 139

「塩天丼」やから、当然「丼つゆ」をごはんに絡めるコトは出来へん。
そのかわりに「ゆかり」(シソふりかけ)がふってあるねん!
この「ゆかり」と「塩で食う天ぷら」がめっちゃ合うねん!
ちょっと“B級グルメ”の要素が入ってるんもオレの好みやわ♪

2011.05 148

で、肝心な「蕎麦」はどやろ?
「新そば」やけど・・・あんま香りは高ないなぁ。
ちゅうか、今年はどこも「蕎麦」の出来はよーないそーや。

せやけど、この“細切り”さはオレの好みやわ!
で、喉越しもめっさぁえぇわぁ~!

2011.05 140

「つけ出汁」も甘めで、大阪流に“どぶ漬け”しても
えぇ感じになるよーにしてるヮ。

2011.05 142

「サラダ」が付いてんのもえぇなぁ。
「レタス・サラダ」ちゅうのんもちゃんとしてるヮ。
「サニーレタス」とか「サラダ菜」使ってるトコが多いのに
シャキシャキの食感がある「レタス」が使ってるちゅうのんがえーやん♪

せやけど、ドレッシングは和風にして欲しかったなぁ・・・。(汗)

2011.05 141

なにが良かったちゅうたら、
「和スープ」が出て来るねん!

ま、簡単に言うたら
「蕎麦の温出汁」やねんけど
この発想は斬新やヮ。

2011.05 149

中華料理屋で「炒飯」頼んだら
一緒に「中華スープ」付いて来るやん!
あれも「ラーメンスープ」が多いねんけど・・・
蕎麦屋でこんな気配り(気遣い)出来てるちゅうのんが驚きや!

さらに、当たり前なんやけど・・・
「つけだし」を「そば湯」で割って飲む
蕎麦屋の〆の楽しみもあるで。

2011.05 150

うん、「塩天丼」の“海老天の旨さ”といい、
「ゆかり」を使っての“B級感(庶民感)”の取り入れ、
「蕎麦」の“旨さは勿論”やし、
「和スープ」をつける心遣い・・・

それで、この値段は決して高ないわぁ!

これで、機嫌良ォしたから
もう一丁いってみてん♪

店の屋号(店名)を入れてる

「こなから御膳」@1050

2011.05 144

小鉢も三種付いてて、どれも手ェ込んでるヮ。

2011.05 147

「天ぷら」も付いてるねん!
これは、さっきの「海老天」と一緒やな♪
今度は「天つゆ」で食いま。
旨っつ!!

2011.05 146

お蕎麦は「温」で上品な「湯葉蕎麦」や!

2011.05 145

「温」でも蕎麦は旨い!
温かいそばつゆも上品やわ。

これは、女性に人気の出る「御膳」やと思うヮ!

それにしても、「ポン酒」がごっつ気になるヮ。

2011.05 137

たぶん、夜に蕎麦屋のアテでポン酒ちゅうのんも
かなりイケてるんやろーと思うヮ。

食い終わって出る時に知ってんけど・・・
ここの店は、まだ開店してから1ヶ月も経ってへん新店やってん・・・。(驚)
ま、店主は、その道では十数年以上もやってはったベテランらしい。(納得)

うん、ここの店は、知ってて損はないと思うでぇ!

特に“豊中の人”は、
ブレークする前に行ってみてな!


オレもポン酒(地酒)呑み
また、こっちにわざわざ行くとしょ~か~!

●『酒と蕎麦 こなから』
 大阪府豊中市本町1-3-19 長尾第一ビル1-G号
 06-6868-9932
 11:30~14:00
 17:00~23:00(LO.22:30)
 月休
 http://konakara25.com/



関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊中駅岡町駅



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・欧風カレー“第1位”のお店です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。


スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

美味そうやあ!おおきにありがとう。

Re: 今度は夜のんを書きますヮ♪

> 美味そうやあ!おおきにありがとう。

いえ、いえ、どーいたしまして。
先日、夜に行ってきました!
そのうち、夜のんも書きます!

いつか、「こなから」でお逢いできると良いですね。
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。