現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 30年ぶりのデビ・カバ!『ホワイトスネイク(Whitesnake)』

『30年ぶりのデビ・カバは若くてカッコ良かったヮ。』

オレが、最初に洋楽のコンサートに行ったんは
『ホワイトスネイク』(Whitesnake)やねん。

当時、付き合ってた彼女がめっさへヴィメタ命でな。
オレは、まだまだ駆け出しのメタルボーカルやったから
『セクシーなボーカルの勉強してき~!』
って言われて、チケットをプレゼントしてもーてん。

それが1981年の来日公演で、
会場は大阪フェスティバルホールやったヮ。

『ホワイトスネイク』は、よー知らんけど・・・
デイヴィッド・カヴァデール(Vo)〈以下デビ・カバ)は
元『ディープ・パープル』やから
さすがに知っててんけど、
別に好きなボーカリストでもあらへんかったし・・・
(オレは、ヴァン・ヘイレンのVO、
デビッド(デイヴ)・リー・ロスが大のお気に入り
やったしな。)

「ふーん、そんなにセクシーなヴォーカルなんや?
デイヴの方がよっぽどセクシーやと思うけど・・・?」

と思いつつコンサートに行ってん。

アメリカンロック好きのオレにしたら
ブルースをベースにしてるイギリスのハードロックバンド
「なんか地味な音楽やな~メンバーもごっつ地味やし・・・。」
ちゅうのんが、正直な最初の印象やったヮ。

同じ「デビット」でも「デイヴ」は“陽”
かたやの「デビッド」の「デビ・カバ」は“陰”・・・。
そんな感じやったな~!

せやけどな、中低域の声は、ごっつセクシーな歌声なんは印象に残ったなぁ。
それとスタンドマイクのパフォーマンスがカッコえぇねん!

なんせ、当時はへヴィメタ初心者やったから
あんまりよー判ってへんかってんろなぁ。

あれから30年、尼崎アルカイックホール
『ホワイトスネイク』が来日公演で公演すんねん。

今の『ホワイトスネイク』は、
もう昔のブルースをベースにしてた
イギリスのハードロックバンドとは全然ちゃうねん!

1987年のアルバム
『Whitesnake』(WS1987、邦題:サーペンス・アルバス〈白蛇の紋章〉)
全米で今もなお売れ続けて
その売り上げ枚数1000万枚を超えるビッグ・ヒット!!


WhitesnakeWhitesnake
(1987/07/07)
Whitesnake

商品詳細を見る


それからは、アメリカ受けする
現代版レッド・ツェッペリンちゅう感じのバンドに
なってもーてんヮ。

デビ・カバも喉の手術してから
高音域も楽に出るよーになった
し、
黒髪を銀髪にしてから
なんやロバートプラントみたいになったから
余計にそー思われるんやろな。

今やメンバーも若手中心やし
ソングライティングの中心は
ダグ・アルドリッチ(G-元DIO)

新譜『フォーエヴァーモア』での来日ツアー


FOREVERMOREFOREVERMORE
(2011/03/25)
Whitesnake

商品詳細を見る


ライヴはレコーディングしたメンバーで。

デイヴィッド・カヴァデール(VO)
ダグ・アルドリッチ(G)
レブ・ビーチ(G)
マイケル・デヴィン(B)
ブライアン・ティッシー(Ds)

whitesnake-Forevermore.jpg

「セットリスト」(当日の演奏曲)

01 Best Years
02 Give Me All Your Love
03 Love Ain't No Stranger
04 Is This Love
05 Steal Your Heart Away
06 Forever More
07 Love Will Set You Free
08 The Deeper The Love
09 Fool For Your Lovin'
10 Here I Go Again
-encore-
11 Soldier Of Fortune
12 Still Of The Night

で、コンサートの感想は・・・

デビ・カバ若っ!
60才代とは思えへんカッコ良さや!!

最初、なんか音はバランス悪かったけど・・・
だんだん良ぉなって聞きやすくなってきたヮ。

ギターは、なんか「ダグ」ばっかり目立ってなぁ!
ま、今回の新譜とかの曲を作ってるんは、
主に「ダグ」やからしゃーないねんけど・・・。
「レブ」が控え目すぎて・・・
ちょっと可愛いそうな感じやったヮ・・・。
「ダグ」より「レブ」の方が、ギター上手いねんけどなぁ。
「ダグ」もなんか『DIO』ん時の方がしっくりしてたヮ。

せやけど、今回、一番ビビッたんは・・・
ドラムの「ブライアン・ティッシー」
恐るべきパワードラマーやったヮ!

この「ドラム・ソロ」観れただけでも
「来て良かったなぁ~!」と思わせるほどやったヮ。
まさしく「ボンゾー」(ジョン・ボーナム=レッド・ツェッペリン・Ds)
彷彿させるプレイ!!

“後(あと)乗り”のごっつ重たいビート敲き出すから
なんか「ホワイトスネイク」の曲の感じがちゃうように聞こえたヮ。

ま、ダウンチューニングしてたせーもあるねんけどな。

過去の名声と昔のヒット曲だけで
やってるビッグなバンド
もあるけど、
「ホワイトスネイク」は、新譜も勢いあるし、
まだまだ“今”も旬なバンドやわぁ!



オレは、現在、バンド復活に向けて“リハビリ中”ですが、
一向に最低ラインまで到達しません・・・。

いつになったら人前で唄えるのやら・・・?(汗)


大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーTOP100“第1位”です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。


スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

あ~レブ・ビーチとダグ・アルドリッチのツインはライブで見たかったナァ。

Re: G

> あ~レブ・ビーチとダグ・アルドリッチのツインはライブで見たかったナァ。

それがな、ほとんどツインで弾かへんねん。
リードパートを二人で分け合ってるちゅう感じやね。

二人で一緒に弾いたら、技術差がまる判りやからかも?(笑)

行きたかったな~

ティシーならザックワイルドかサラスやね♪


リハビリ、減量、トレーニングして私も叩きたい(笑)

Re: あら、行かれかったんや~!?

> 行きたかったな~
⇒噂通り、凄いドラマーやったヮ!

> ティシーならザックワイルドかサラスやね♪
⇒あのワイルド&重たいドラムやったら、その二人とお似合いやろね。

> リハビリ、減量、トレーニングして私も叩きたい(笑)
⇒復活、大歓迎!
 でも、リハビリはツライよ!(笑)
 ※経験者語る。
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。