現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 が惚れた西成の老舗鮨屋 『すし寛』

『もう、ホンマたまらんヮ。ここの旨さはハンパないねん!』

最近、めっちゃ、ハマってる鮨屋があんねん。

『すし寛』

http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-412.html

もう、今や 寿司=『すし寛』 になってるちゅうても過言やない!

ちゅうコトで、ここでオレが食うた旨かったもん
を書かしてもらいまっさ。

まずは、「毛がに」(酢)

2011.05 677

一杯(一匹)つぶしてもーてんけど…
これだけで腹いっぱいになるほどデカさやったヮ。

と言うよりもめっちゃ身が詰まっててんヮ。

2011.05 678

身も美味いねんけど、味噌がまた旨いねん!

これは、ごっつぅ価値あったヮ。

また、鮨屋でちょっと意外な一品が…
「鰻の白焼き」

いや「鰻」は鮨屋では、どこにでもあるでぇ!
せやけど、「白焼き」はあんま無いやん。

2011.05 675

これを、鮨屋のえぇ山葵をつけて食うねんから
そら、旨いでェ~!

2011.05 676

脂のって、ホンマ最高や!

この鰻がめっちゃ新鮮なんがわかるんは「うな肝」や!

調理前の“生”のままでショーケースの中に置いたぁーるねんけど…
これが、また“えぇアテ”になるねん!

湯掻いて、刺身醤油で食べられますか?
それか、甘辛く煮ますか?』

“好み”を聞いてから調理するのんもビックリやねんけど・・・
この食べ方にもビックリやヮ。

このタレで煮るんは、
ま、どこにでもある調理方法やけど…
やっぱ、肝が新鮮やから、味が全然ちゃうねん!

2011.05 682

湯掻いて、刺身醤油で食べる食べ方が“斬新”やヮ!

2011.05 084

「うなぎの肝」ってちょい苦味があるちゅうイメージあってんけど
嫌な臭みも全くあらへんし、プリプリの食感やし…
これは、“目から鱗”やったヮ。

初めて食うた「逸品」は…
「クエの酒蒸し」

2011.05 085

これもクエ独特の臭みが消えて、余分な脂も落ちてて
ごっつい食いやすなってんねん!

これをポン酢で食うねんけど、
ホンマ最高やったでェ!

2011.05 086

今でもも色々と食うて来たけど…
まだまだ食うてへんもんあるなぁ~!

で、定番もごっつ旨い!
「土瓶蒸し」

2011.05 679

なんかな~、ここは、材料を惜しめへんちゅうか…
大胆ちゅうかな、ダイナミックやねん!

2011.05 680

「くじらベーコン」でも、その違いは一目瞭然!

2011.05 082

えーもん出してるな~!

オレのお気に入りの「一品」(アテ)は、
「生ゲソ・ミミ入り」

2011.05 083

これも新鮮やから全然旨さちゃうねん!
“プリプリ”やし、“ねつねつ”やねん!

お酒は「越の寒梅」の純米吟醸酒
なんと一合@600!
これ、なかなか手に入れへんのに
ここではいっつも普通に呑めるから驚きやでェ!

2011.05 681

とにかく、えぇ素材に驚き
支払い額の安さにもっと驚かされるねん!

で、家庭的な温かさのあるサービス
このほっこりした居心地良さ。

さすが、この西成の地元に密着して
長年やってきた老舗は、底力がちゃうわぁ!

当分、この公式は崩れそうにないなぁ~!(笑)

●すし寛
 大阪市西成区太子1丁目15-2
 06-6641-6654
 16:00~24:00
 月休

大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーTOP100“第1位”です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。




アフィリエイト・SEO対策






スポンサーサイト

テーマ : お寿司
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ~

クエを酒蒸しで出すところ、そしてゲソの色艶。こちらの店、只者ではないとお見受けしました。
連れてって(・∀・)!

Re: さすがtakこの写真でここの実力が判るとは・・・

> クエを酒蒸しで出すところ、そしてゲソの色艶。
⇒さすが、えートコ見てるなぁ~!

こちらの店、只者ではないとお見受けしました。
⇒ホンマ、ここ行ったら、他へ行かれへんヮ。

> 連れてって(・∀・)!
⇒はい、また機会みて一緒に行きまひょ!
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。