現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男も長く通う最強立ち呑み屋 『忘れな草』

『元祖“立ち飲みの質を変えた店”』

先日、「なにわ商い繁盛塾」で“ここの店主”が
初めての公演をするちゅうから南港ATCまで行って聴講してきてん。

『立ち呑み酒場の現場から』
~カウンターにて感じる思い~
講師:中西亮太

あの“人気立ち飲み屋”の店主が、
どんなコト話する
んか?
ごっつい興味があってん。

本人は謙遜して、「立ち飲み屋の店主」ちゅうてるねんけど・・・
実は、ここのグループは、もう8店舗に拡大してる。
全部「店名」が違うし、公表してへんねんけど
そこの“総帥”やから、めっちゃ興味あってん。

会場の定員は40名くらいや。
定刻になって中西氏が登場。
公演やりはる前から緊張してはって、
もう汗だく
や。(笑)

『忘れな草』(わすれなぐさ)

2010.5.14 053

この店は、もう10年もやってるねん。
地下鉄四ツ橋線の肥後橋駅の近く
7坪の小ちゃい店や。

いっつも“満員”
寿司詰めの状態で、最大20名ぐらい入ってる時もある・・・。(汗)
公演会の次の日、お礼も兼ねて、開店(16:00)と同時に入店や。

オレの顔を見て、すぐに
『昨日はありがとうございました。』
「こちらこそ、ありがとうございました。
講演、汗だくで大変でしたね~お疲れ様でした。」(笑)

その後も“アテ”を作りながら
昨日の延長上で気さくに会話してくれはった。

まずは、“名物”「活海老」
“おどり”で二匹、“焼き”で二匹でお願いします。」

この“名物”の原価率は100%らしい。
一匹@180って破格値や。
「儲け無しの看板商品」
ここに店主の考え方が表れてるヮ。

2010.5.14 038

“おどり”頭もちゃんと一緒に焼いてくれる。
やっぱ、活海老は“甘み”ちゃうなぁ。

2010.5.14 042

飲み物は全部@380均一
特にオレのお気に入りは「チリワイン」(白)

2010.5.14 045

アテは、@180~@480
どれも安いねんけど
CP(コストパフォーマンス)は抜群に高い!

大手チェーン店が出されへんような
『なんでこんなんこの値段で出せるん?』
ちゅう商品を出すコトが大切や!って言うてはったヮ。

特に「お造り」鮮度にこだわって
その日に売り切り!
もし、残っても次の日には絶対に使わへん。
食べたら“活かってるん”よー判りますヮ。
「造り三種盛り」

2010.5.14 040

「ホルモン煮込み」
どんだけえぇホルモンやねん。
“脂”甘~っつ

2010.5.14 039

「鴨のあぶり焼き」

2010.5.14 041

「薩摩揚げ」

2010.5.14 050

ちゅうのんが“主力定番商品”
その他にも“日替わりメニュー”
「黒板」に並ぶ。

ここには、「揚げもん」があらへんねん
“立ち呑み屋”って、普通「揚げもん」が“主流”やのに。
「揚げ」“フライパン”で「豆腐」を揚げ焼き!
「揚げ(豆腐の揚げ焼き)」

2010.5.14 049

“オープンキッチン”で、客が目の前やから
油もんは一つ間違えたらえらいコトになるちゅう
「安全重視」で“油もん”をやらへんちゅうのんも潔いヮ

ここは「前菜」みたいなアテから
「〆」まで出来る“万能立ち呑み屋”
や。
調子に乗ったら、アテをバンバン頼んで
ガンガン呑んでもーて、ここ一軒で完結してもーてる時もある
。(笑)

は、“裏メニュー”
「チキンカレーリゾット」@480「だし巻き」@280載せ!

これ、たまらんでぇ!

2010.5.14 051

「忘れな草」昼間の営業は、
この「チキンカレー」専門店
“水を一滴も使わないトマトヨーグルトの本格チキンカレー

それを夜にはさりげなく“〆メニュー”
「リゾット」にするトコが憎い!

上に載ってる「だし巻き」を中央から
割ってもろたら・・・


まるで・・・
「オム・チキンカレーリゾット」

2010.5.14 052

“和だしの利いた”「玉子」
“酸味の利いた”スパイシーなチキンカレー
めっさ美味い!

店、込んでる時は、別々に注文して自分で載っけてな。

オレの中では『忘れな草』
「立ち呑み店」の“質”を変えた元祖やと思てる。

10年前に「ちょっと呑み」の“おまけ的なアテ”を出す
立ち呑み屋ばっかの中、
こんなに『高いCPの美味いアテ』を出すんは画期的やったヮ。

その結果、「キレイに呑むえぇ客が多い店」になった。
それまでの“酔っ払い”が常連の立ち呑み屋とは
一線を引く新しい形の立ち飲み屋やとオレは思う。

今回、講演会の中で店主の中西氏の“熱い思い”が聞けて
ホンマによかったと思う。

それを聞いて『忘れな草』がより好きになったヮ。


実は、新店(グループ店)の『看板』を中西氏自身が“手彫り”してはる。

『十年経っても(客に愛し続けられる)変わらない店』

になるように心(魂)を込めて

2010.5.14 054
※この看板は店主の自作ではありません。

旧ブログ【炎の浪花男・直球(ストレート)一本勝負!】での
『わすれな草』グルメ・コラム↓
2007-06-09 http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20070609

2007-12-26 http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20071226

●『わすれな草』(ワスレナグサ)
 大阪府大阪市西区江戸堀1-14-1 平和相互肥後橋ビル 1F
 06-6445-7557
 [月~金]
 11:00~14:30
 16:00~24:00
 土・日・祝休


スポンサーサイト

テーマ : 立ち呑み
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「わすれな草」@肥後橋

炎の浪花男さんが絶賛する立ち呑み屋「わすれな草」 肥後橋の駅から1分。 飲みは次回にまわして、チキンカレーを食べに来ました。 チキン...

ナンバーワンとの呼び声高い立ち飲み   “ わすれな草 ”

  この方のブログを見るまで・・・ ここに、こんなエエ立ち飲みの店があるなんて 全然知らんかったわ~ って、思ったら即行動あ...

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。