現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男の幼馴染の同期は中華の天才シェフ 『Jade-Garden』(ジェイドガーデン)

『めっちゃ長いつきあいの幼馴染のツレ』

“幼馴染”と呑みに行く機会が、
“たま”にでも、まだあるオレは、
ホンマ「幸せ者」
と思う。

この前も西成のホルモン屋『千一夜』“幼馴染”二人
三人で呑みに行ってんけど・・・

“幼馴染”と呼べるツレが、その他にまだ“三人”も居るねん。(笑)
(オレを入れて計六名)

その内の一人は、今や、嫁の実家の近所(三重県津市)に
店(中華料理店)を構えて、地域一の繁盛店の店主
になっとんねん。

先日、オレの親父のお通夜ん時
『店、閉めたから(22:00)そっち(西成)へ向かうわぁ、
遅なるけど許せよ~。』

って、遠い時間やのに
仕事終わってからわざわざ車飛ばして来てくれたんやヮ。


あいつが着いた時間は、もう翌02:00やった。
ホンマに感謝や。

かっちゅうて、頻繁に会う訳や無いねん。
前に会うたんは、数年前にあいつの親父が亡くなった時以来や。
「葬式でしか会えへんのもどーかと思うな・・・。」
ちゅうて、二人とも反省しきりや。(笑)

もう、お互いの存在そのもんが“故郷”みたいなもんやから
どこで会うても「西成」で、そこが帰る場所なんやろな。

次の日にまたいで、必死で来てくれた“親父の御通夜”ん時も、
夜明け前になったら・・・
『今から帰って「仕だし弁当」作らんとアカンからもう行くわぁ。』
って、“とんぼ帰り”や。

オレ「疲れてるのにすまんかったなぁ・・・。」
ツレ『何、水臭いコト言うてんねん、
 何歳から付き合ってると思ってるねん?』
(笑)

オレは、聞こえへんよーな小さな声
「5歳から」って・・・。

『おまえみたいには(付き合い)長ないけど、「辻調」(料理専門学校)からの“同期”と
年に数回のゴルフ
にしに今度の休み行くねん!
お互い同じ職業やから、なかなか会えへんねんけど、
めっちゃ楽しみや!


オレの幼馴染も職人として「めっちゃえぇ腕してる。」って、
お世辞抜きで高い評価出来る中華のシェフや。
そいつが『あいつは天才や!ホンマに凄い奴やでぇ!!』って、
同期にそこまで褒めさせる“Mシェフ”も凄いわぁ。

だいぶん前にそのツレと二人で、当時Mシェフが居った
ホテルん内にある「中華料理店」に食いに行ったコトがあってんけど、
あれから、もう何年経ってるねんろ?

「どれくらい腕上げたんか久々に食いに行ったろ。」

ちゅうて“予約”したんが、茨木にある駅前の高級中華料理店
駅からめっちゃ近いねんけど、
いきなり路地に入るから行き過ぎに注意!(笑)
ホンマ“隠れ家”みたいな店やわ。
いや、知らんかったら“普通の民家”やと思うで。

2010.4.27 011

『Jade-Garden』(ジェイドガーデン)

2010.4.27 012

『二階へ上がってください』
って、書いてあるから素直に上がって
「予約の・・・」
って“名前”言うたら「一階の個室」やったがな・・・。(汗)

この個室が凄い!
部屋の中に「専用トイレ」まで付いてる。
せやけど、隣で食べてる間は、ちょっと使いにくいなぁ・・・。

2010.4.27 013

今日は『Mシェフ・おまかせコース』@5000
ちゃーんと「今日のメニュー内容」が書いてくてはるわぁ。

ほな、まずはビールで乾杯!

2010.4.27 015


ほな、さっそく食べまひょ!
「前菜盛り合わせ」(ヒラマサのお刺身ほか)

2010.4.27 016

中華やねんけど、このフレンチ仕立て
“キュイジーヌ”やなぁ。
ちょこちょこっと色々な味を味わえるんがえーわぁ。

2010.4.27 018

特に「ミル貝の和え物」が秀逸オレの好みやったヮ。

2010.4.27 017

「気仙沼産 特上フカヒレ姿煮込み」
「フカヒレ」姿のまんま見るんは久々やなぁ。(笑)

2010.4.27 020

「フカヒレ」ばっかに皆、注目するねんけど
実はこのスープの深い滋味がえーねんなぁ。

2010.4.27 021

「“名物”車海老とピータンのサクサク揚げ」
組み合わせが“斬新”や~!

2010.4.27 023

「ピータン」も中によーさん入ってる。
ホンマ“パリパリッ、サクサクッ”や!

2010.4.27 022

やっぱ、中華には「紹興酒」や。

2010.4.27 019


「備中高原地鶏の激辛スパイス炒め」

『辛さはどういたしましょうか?』
「ほな“普通”で。」
ちゅうたけど、これ、なんでんのん?(汗)

2010.4.27 024

なんや見たコトもない「唐辛子」がぎょーさん
それが「地鶏」にこの「唐辛子」の辛味が上手いコト移ってて、
かなり辛いねんけど美味いねん♪

2010.4.27 025

「真鯛のこんがり焼き、春野菜のえびみそ風味添え」

2010.4.27 027

うん、これも「中華」ぽくないわぁ。
皮目がパリッって“和食”みたいや。

「イベリコ豚ロース肉の黒酢スブタ」
「黒酢」もメジャーになってきたなぁ。
クセのある「黒酢」の強さをいかに優しい味にするかが
そのシェフの腕やなぁ。

2010.4.27 028

「桜の香りの山菜入り特製和えそば」
『なんで中華やのに蕎麦やねん?』
ホンマ“サプライズ”(ビックリ!)が満載や!

21[1]

さらに「変わりそば」“桜の香り”がえーわぁ。

2010.4.27 030

“さっぱり”した味で、〆には最高!

『デザート』
色々な種類から選べる。
オレが選んだんは、当然「マンゴープリン」
かつてのMシェフが作った最強の「香港マンゴープリン」とは
違うかったけど・・・

2010.4.27 032

最後は「紅茶」「ハスの実あん入り胡麻揚げ団子」

2010.4.27 035

フレンチ仕立ての高級中華良かったなぁ。

最後、Mシェフが挨拶しに来たら
懐かしいから思わず握手してもーたがな。(照)

って、一緒に食べに来た皆が言うねん。
『えっ、シェフと一緒の年なん?』

「はい、はい、どーせ、オレは老けてますよ・・・。」(汗)

●『Jade-Garden』
 大阪府茨木市西駅前町6-22
 072-645-3000
 11:30~14:30
 17:00~21:00
 水休


スポンサーサイト

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。