現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 心斎橋で深夜に蕎麦を食らう!『るちん』

『年とってきたら、〆麺はやっぱ蕎麦がえぇなぁ~と思う今日この頃』

いつまでも、若い時と同じように
“〆麺”に「ラーメン」食うてたら
朝、起きた時に胃がめっさ重たいねん!

最近は、とんこつ系のこってり派を卒業して、
あっさりな塩系にしてても、やっぱアカン…。

かっちゅうて、深夜の「うどん」もキツイねん。
食うてる時はえーねんけどな、
なんか、いつまでも消化せんような感じが胃に残るねんなぁ。

その点、「蕎麦」はえぇでェ!
「大盛り」食うても次の朝、胃はすっきりや!

せやけど、問題は深夜にやってる
手打ち蕎麦屋があらへん
ちゅうこっちゃ!

そんな夜遅うにやってるちゅうたら…
オレのお気に入りの道頓堀にある
『星』(あかり)ぐらいやもんな~!

と思ってたら…
心斎橋に深夜にやってる蕎麦居酒屋の登場や!

そば居酒屋『るちん』

2011.05 277

「そば居酒屋」って、「一品料理」が高いイメージあんねんけど…
ここは、比較的「一品料理」も「蕎麦」も安いような気ぃすんなぁ~!

2011.05 278

ほな、行ってみよか。
どうやら、店は地下のようやわ。
大理石調の階段を降りていく。

2011.05 279

なんか長い通路を抜けて行ったら、やっと店や。

カウンター席に個室。
和な感じや。

座ったら、まずは“ぷはぁ~!”

2011.05 282

「さ、何、食ぉかな~?」

「一品料理」も充実しとんなぁ。

2011.05 281

今日(本日)のオススメ!

2011.05 280

島根県恵曇港よりの「魚」が“売り”みたいやわ。
『今日は目鯛がオススメです!ぜひ!!』

て、言われたら、やっぱ食うとかんとな。

「目鯛のお造り」@600

2011.05 289

うん、なかなか旨いわ!

せやけど、このお造りに付いてきた…
「水茄子のお造り」(河内長野・カワバタファーム)

2011.05 290

これが、めっさ旨っかてん!!
一切れだけやってんけど…。(笑)

「蕎麦(居酒)屋」来たからは、
やっぱ蕎麦料理の代表「だし巻き」やな。

「そばだしの出し巻き」@550
「龍の卵」使こて、この値段は素晴らしい!

2011.05 286

なかなか美味いやん!
せやけど、オレ的には、もっと“柔わぁて、ふんわり”してて、
中から、出汁が“じゅわぁ~”と染み出るヤツが好きやな。

で、お次は、オレの好きな「蕎麦巻き」(蕎麦寿司)
かっぱ(たっぷり“わざび”)、サーモンサラダ、トロタクの三種。
オレはシンプルに「かっぱ」@500で。

2011.05 284

何か、盛り付けが蕎麦屋ちゅうよりも
割烹みたいやなぁ~!?

ま、そんなコトより中身や!(笑)

2011.05 285

蕎麦はえー感じやねんけど…
やっぱ、蕎麦寿司やったら、キューリだけやったら
ちょい寂しい
なぁ。
やっぱ、具は「巻き寿司」並みに入ってたほうが、
オレ的には嬉しいわ♪

蕎麦料理には、やっぱ「蕎麦焼酎」の「そば湯割り」やんな~!?
「生マッコリ」に見えるんはオレだけ?

2011.05 288

「そばがきまんじゅうの生姜あんかけ」@980

「蕎麦がき」(そばがき)ちゅうのんは、
蕎麦粉を使こた料理で、蕎麦粉に熱湯(または水)を加えて、
加熱して、かき混ぜて粘度を出して塊状にする蕎麦料理やねん。

ここのんは、さらにそれを揚げて、あんかけにしてる
手の込んだ一品や!

2011.05 291

お次は、箸休めの「キューリの一本漬け」

2011.05 287

さ、そろそろ“〆”の「蕎麦」いっとこかな。

「何の蕎麦食ぉかな~?」

2011.05 283

やっぱ、蕎麦は十割!
ん、表看板には「十割ざるそば」@850
って書いてあってんけど、中のメニューには
どこ見ても書いてへんから訊いてみてん。


「十割は?」
『申し訳ございません。まだ準備中でして…』

あら、それは残念…。

ほんなら、“二八”の「ざるそば」で!

「ざるそば並盛り」@680

えらい安いなぁ~、どうせあんま量ないんやろな?
と思ったらなんの、なんの…

2011.05 292

量もしっかりあるし、蕎麦もけっこう美味いやん♪
こら、深夜でも“お徳感”あるわ~!

仕上げは「出汁の蕎麦湯割り」を飲んで、ほっこり!

2011.05 295

うん、「一品料理」も普通の居酒屋並やから使い易いし、
何よりも深夜に蕎麦が食えるんが嬉しいなぁ。

「大箱」(大人数収容)やから、
どっかの飲食店グループがやってるんかと思いきや
割烹(日本料理)出身の若きオーナーがやってはる個人店やったヮ。

まだ、新店やさかいにこれから色々と改善する点もあるんやろーけど
頑張って欲しいもんですヮ。

深夜の〆蕎麦派のオレとしては。(笑)

●そば居酒屋『るちん』
 大阪市中央区東心斎橋1-13-23 イルストリート B1F
 06-6121-6324
 18:00~翌04:00
 無休



関連ランキング:和食(その他) | 長堀橋駅心斎橋駅四ツ橋駅




大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーTOP100“第1位”です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。




アフィリエイト・SEO対策





スポンサーサイト

テーマ : 蕎麦屋
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。