現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 知らなんだ~、こんなトコに人気の“角打ち”が・・・。『赤松商店』

『こら、えーわぁ。ガヤガヤしとんねんけど・・・
なんか落ち着くわぁ。』


はっきし言うて「立ち呑み」は、苦手や。
「その割には、よー行ってるやんけ!」
ちゅうツッコミがどっからか聞こえてきそうやけど・・・。(笑)

なんでか苦手か言うたら、
呑んでんのにずっと立ちぱっなしやったら、
膝に体重がかかり過ぎて、足がかなりしんどいねん!(汗)

せやから、出来るだけテーブルにもたれて
体重が膝にかからんようにしとんねん
けど・・・。
やっぱ、あんま長居は出来へん。

オレの行く“立ち呑み”は、長居せ~へん
ごっつ魅力があって、ご機嫌で膝の痛みを忘れさしてくれるトコか・・・
どっちかや!(笑)

ま、それはさて置いといて・・・

オレは、神戸の南京町へ食材とか調味料の仕入れ
行くねんけど・・・
そん時の楽しみは「神戸グルメ」や。

しゃーけど、その前に
“立ち呑み”で軽く一杯やりたい時もあんねんな~!

「南京町の中に“立ち呑み”があったらな~!?」

って、前から思てたら・・・

神様はちゃーんと教えてくれはるヮ。

その日に限って、いつもは通らん南京町の裏道を歩いててん。

なんか、外でサラリーマンの人らがよーさん
ご機嫌で呑んではんねん。


「ん、なんでこんなトコで呑んでるねん?」

と思ってよー見たら・・・

「あ、ここ、酒屋なんや!?」

『赤松商店』

2011.1.7 414

奥を見たら、これまたぎょーさんの人が中で呑んでるやん!

これは、絶対に酒屋が“角打ち”しとんねんやな。
そー思って、入って行ったら・・・

「やっぱり!」

中にも50人ぐらいが、飲んでるやん!

「いける?一人やねんけど??」

カウンターのよーさん「アテ」(肴)が並んでる特等席
空けてくれはったヮ。

「瓶ビール」ちょーだい!

『アサヒ?キリン?サッポロ?どれにします?』

「サッポロ!」

2011.1.7 415

なんか、「角打ち」(小売りの酒屋に併設されてる立ち呑み)なんやけど・・・
ここは、小売り店ちゃうんちゃうか?
ここの酒屋は“酒卸”なんかな?
とにかく、ここの場所は「角打ち」スタイル
皆、ご機嫌に呑んでるコトだけは確か
や。

「メニュー」なんかどこ見てもあらへん!(笑)

「なにがなんぼなんかさっぱり判らん・・・?」(謎)

せやけど、こんなよーさんの客が機嫌よー飲んでるちゅうコトは
そないに高こーないことは、オレにも判るヮ。

「さ、オレも食うど~!」

まずは、目の前にある
「石臼挽き、鯛ちくわ」
食いたなったヮ。

袋から出して、一本を丁寧に切ってくれたヮ。
で、「わざび醤油」で食うねん!

2011.1.7 416

それから「(イカ)ゲソの天ぷら」

これも「レンジでチン!」してくれるねん!
オレは、これには「ウスターソース」で。

2011.1.7 417

ちょっと難儀なんは、衣と中の具が外れてまうコトや・・・。(笑)

「そら豆」
「アジシオ」かけて食べるんが“B級”やわ~!(笑)

2011.1.7 418

立ち呑みやったら、やっぱ「ポテサラ」やろ?

2011.1.7 419

うん、美味いわぁ!!

こんだけの「アテ」やのに
「大瓶」二本も空けてもーたやん!

なんか、よーさんの人がそれぞれのペースで
機嫌良ォ呑んでる
ねんけど、
それがなんか心地えーねん

『オヤジ、なんぼ?』

会計は、オヤジさんしかわからんみたいや。
ま、よーさんの「アテ」あるねんけど・・・
一律@200円ちゅうんでもないみたい
やヮ。

ちゅうか、オヤジ
「そろばん」で計算しとんのんがえーやん♪

2011.1.7 420

〆は、目の前にある「にぬき」
「にぬき」言うても若い人には分からんやろな。
関西以外の人には、ましてや「なんのこっちゃ?」やろな。
「にぬき」ちゅうのんは、
関西弁で「かたゆで玉子」のこっちゃ!

2011.1.7 421

「にぬき、一個もらうでェ!」

オレ、ホンマに“玉子好き”やわ。

2011.1.7 422

またまた「アジシオ」かけて食うたわ。
なんか「にぬき」をアテにしたんて、久々やわ。

「ごっそぉさん。」

会計は@2100円

また、仕入れのついでに来さしてもらいますヮ。

●『赤松酒店』
 兵庫県神戸市中央区栄町通1-2-25
 078-331-6634
 9:00~21:00
 日・祝休



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)元町駅(JR)



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーTOP100“第1位”です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/


スポンサーサイト

テーマ : 大衆酒場
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。