現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男の蕎麦巡り 福島 『無文』

『福島裏町・蕎麦銘店』

「蕎麦」は、えぇなぁ。
オレ「蕎麦」好きなんやけど・・・
ウチの田舎は“福井”で、
『越前そば』ちゅうのんは、
「ぶっかけ蕎麦」が主流なんよ~。
ご存知の通り「辛味おろし」が特徴やねん。

“蕎麦”は、ホンマ奥が深いやろ~!
「道」を極める人らの中には、
越前そばは、“邪道”や!
ちゅう人もおるねんやん。

その理由は・・・
「そんなに辛みの強い大根おろしをぶっかけたら
せっかくのえぇ蕎麦の香りも味もわからんよーになってまう。」

かららしいヮ。

それも一理あるか・・・。(汗)

せやから、「ぶっかけ蕎麦」が基本になってるから
なんぼよーさんの「蕎麦屋」を食べ歩いてても、
実は「蕎麦」のコトは、よう判ってへんのかも知れん・・・。

その反面、単純に
「自分が美味かったらそんでえぇやん!」

とも思う。

せやけど、なかなか・・・
ビックリするほど美味い「蕎麦」には当たらへんなぁ・・・。(汗)
秋の「新そば」の季節は、まだ“当たり”があるねんけど・・・
ほな、残りの季節はどうしたらえーねん?

ま、なかなか「当たり」があらへんから・・・
当たった時は、めっちゃ嬉しいねんなぁ。
だから、食べ歩きをやめられへんのかも知れん。

で、福島にある裏町蕎麦屋や。
福島で一番有名て言うてもえぇ“人気のおでん屋”
ちょい隣“隠れた蕎麦の銘店”があんねん。

十割蕎麦工房『無文』(むもん)

2010.5.14 001

地味な店構えやさかいに
もしかしたら「飲食店」やと思てへん人も多いんかも?(笑)

暖簾をくぐると・・・
そこに店はあらへん。
『やっぱ、ここ“店”やないん・・・?』

2010.5.14 005

「(民家に)間違えて入ってもーた・・・。と思ても
さっさと靴を脱いで、左側にある「靴箱」(ゲタ箱)に入れて
とっとと二階へ上がりや!


2010.5.14 006

二階は蕎麦屋らしい“和”

2010.5.14 022

「ランチメニュー」はシンプルや。

2010.5.14 003

ここの“名物”『十一ざるそば』
そば粉:10に対して、繋ぎ:1の蕎麦。

それにしてもえぇテーブルや!
ごっつ分厚い「一枚板」や。

2010.5.14 016

せやけど、オレはテーブル低うて、
膝に当たって足入れられへん・・・。
(汗)

「つゆ」は、「普通のだし」「辛味大根おろし汁」
二種類から選べるねん。
オレのオススメ「辛味大根おろし汁」(笑)
「大盛り」にしたら
「普通のだし」(薬味:ネギ・わさび)と
「辛味大根おろし汁」
どっちも楽しめるで。

2010.5.14 0142010.5.14 013

さ、「手打ちの蕎麦」がやって来たで。
「盆」に乗れへんけど・・・。(笑)

2010.5.14 017

こん時は、「普通盛り」やけど
けっこう“量”あんで。

2010.5.14 018

えぇ、香りや。
オレな、最初は「蕎麦」だけで「つゆ」をつけんと食うねん。
食うたらこれが、蕎麦の味も香りも強おうて、美味いねん!

「だし」はちょい辛め。
これは、あんま好みやないヮ。
やっぱり、オレは「辛味大根おろし汁」の方がえーわぁ。

せやけど蕎麦、なかなか美味いなぁ~!

お昼は「ごはん」付き。
「古代米」入りで身体に良さそ~!

2010.5.14 015

蕎麦屋の〆は、出汁の「そば湯」割り。
これで出汁の味がよーわかるねん。

2010.5.14 019

それはそーと、気に入ったんは
ここの「グランドメニュー」
なんか“和”のおとぎ話の絵本みたいでえーねん。
この墨絵がごっつえぇ感じや。
(クリックすれば大きなります。)

2010.5.14 0212010.5.14 007

2010.5.14 0082010.5.14 009

2010.5.14 0102010.5.14 011

「夜のコース」も気になんなぁ~。

何気ない裏手の路地にこんな綺麗な薔薇が
大輪で咲いてた
わぁ。

2010.5.14 002

誰の目にも触れんでも
しっかり綺麗に咲いてる花

って、えぇなぁ~!

裏町で、えぇ『蕎麦』出してる
蕎麦屋と似てるかもなぁ~。


『綺麗なものをみて、綺麗と思えるあなたの心が美しい』
by 相田みつお

●十割そば工房『無文』
 大阪市福島区福島2-7-5
06-6453-8685
11:30~売切まで
 17:30~21:30
 日・月休

スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。