現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 有馬温泉へ行く!その3 『ニュールンベルグ』

『“ぷはぁ~!”風呂上りの一杯は格別やな~!』

温泉町はやっぱ風情があってえェなぁ~!
この“昭和な雰囲気”好っきや~!

2011.1.7 230

ここの店は、昔「井戸」があってんろな。
せやから、こんなトコに「井戸汲み」があるんやろな。
今は、ディスプレイの一部になってるけど・・・。

2011.1.7 255

さすが『有馬温泉』や。
温泉町だけあって、どこ歩いてても
“湯煙”が上がってる!


ここにも“泉源”があるんかと思たら・・・
『温泉饅頭』やったヮ。
「温泉熱」利用して「饅頭」ふかしてはるねん。

2011.1.7 228-1

こっちが本物の『金の湯』の“泉源”(笑)

2011.1.7 248

で、“有馬温泉名産”は、
「炭酸温泉」を利用して作った・・・
『炭酸煎餅』“有名”

2011.1.7 231

なんぼ“有名”やちゅうても・・・
いきなり「炭酸煎餅屋」でも無い、
普通の民家の前に突然置かれてる

「炭酸煎餅」の特大容器ちゅうのんはどない?(汗)

「めっさデカイ!!」

いろんなトコで「炭酸煎餅」売ってたりするねんけど・・・
“本家”はこちら。
『元祖・三津森本舗』

この看板がいかにも老舗ちゅう感じや!

2011.1.7 249

店の佇まいもえー感じや!

2011.1.7 229

中では、実演してはって・・・
焼きたての「炭酸煎餅」を“試食”さしてくれるねん♪

では、オレも一枚・・・。

「焼きたては、美味いなぁ。」

2011.1.7 250

「ほな、せっかくやさかいに“一風呂”浴びてこー!」

『有馬温泉』ちゅうたら、やっぱ温泉が“金色”「金湯」が有名やん!

一般の観光客も気軽に入れる“スーパー銭湯的”
『金の湯』
景観とマッチするよーに“純和風”のデザイン

建物の外に「足湯コーナー」や「飲泉場」もあるねん。
それらは「無料」(タダ)やで。(笑)

2011.1.7 215

贅沢にも温泉は“かけ流し”や!

2011.1.7 251

建物はデッカイねんけど、二階にある浴槽はちょい狭い感じや。
ちゅうか入る人が多いから狭く感じるねんろな。

沸いてる源泉は82.4度ってめっさ高温やから
水で割って42.3度にしてるねんけど・・・
そのせいか、お湯の効能が感じにくいように思ったんは
気のせいなんかなぁ?
昔に入った時は、いつまでも“ポカポカ”しててんけどなぁ。

ま、えぇお湯ちゅうコトに変わりはないけどな。

気をつけなアカンのんは、
絶対に湯船に「タオル」をつけたらアカン!!
ちゅうコト。

ほらな、「金湯」は、鉄分多いから、
タオル“赤茶けて”色取れへんねん!

「あ~気持ち良かったわぁ。」

と『金の湯』を出たトコに
えー具合に“立ち呑み”があるやん!

バー『ニュールンベルグ』

2011.1.7 252

「おっ、店主は「F-1」ファンか?」
オレの趣味に合わせて勝手な想像してもーてんけど・・・
ドイツの古都「ニュールンベルグ」は、毎冬に開かれる
“世界最大級のおもちゃの博覧会”「International Toy Fair」
開催地やねんて。

ここもまた一軒目に行ったレストラン『有馬食堂』と同じ
『有馬玩具博物館』館内にあるから、この名前なんやろな。

湯上りに気軽に飲めるんがえーねェ!

2011.1.7 254

“ぷはぁ~!”

風呂上りの一杯は最高や!!

「キリン生ビール」@500

2011.1.7 253

さ、「有馬温泉」の夜は長いでェ!(笑)

炎の浪花男 有馬温泉へ行く!その1『有馬食堂』
 http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-330.html

炎の浪花男 有馬温泉へ行く!その2『むら玄』
 http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-331.html

●元祖炭酸煎餅『三津森本舗』
 兵庫県神戸市北区有馬町809
 078-904-0106
 9:00~18:00
 無休
 http://www.tansan.co.jp/index.html



関連ランキング:和菓子 | 有馬温泉駅



●有馬本温泉『金の湯』
 http://feel-kobe.jp/arima/cont01/cont01-flm.htm

※泉質 〔浴用〕金泉(含鉄-ナトリウム-塩化物強塩高温泉)
※効能 〔適応症〕神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、
         くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
    〔泉質別適応症〕
         切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、月経障害
※定休日 第2・第4火曜日(祝日営業 翌日休)及び 1月1日
※営業時間 8:00~22:00(入館・~21:30)
※入浴料 大人@650円(中学生以上) 小人@340円(小学生) 幼児@140円(5才以下)

●バー『ニュールンベルグ』
 兵庫県北区有馬町797 有馬玩具博物館 1F
 078-904-0551
 10:00~22:00
 不定休



関連ランキング:バー | 有馬温泉駅



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーライスの部、評価“第1位”です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。