現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 有馬温泉へ行く!その2『むら玄』

『有馬温泉街の十割蕎麦』

仕事は、意外と打ち合わせが早く終わってもーたから
一風呂浴びる前にこっちで有名な蕎麦屋へ。

外見は、古民家いかにも“蕎麦屋”ちゅう感じや。
古い家やから傾いてるんとちゃうで。
に建ってるからやねん。

2011.1.7 232

それにしても玄関の横に「しだれ柳」があって“風流”やなぁ。

蕎麦『むら玄』

2011.1.7 233

入ったら・・・

『すいません、今、蕎麦は“売り切れ”てまして、
急いで次の蕎麦を打ってますが、30分ほどかかりますので
しばらくしてからまたお越し頂けますか?』

「はい。」

しゃーない、近くで時間潰すとするか・・・。
ま、打ちたての蕎麦が食えるんやからえーか。

近くに「銀の湯」(炭酸泉・ラジウム泉)の源泉が
公園になってるちゅうからそこ見に行こうか。

『炭酸源泉公園』

ここから噴出してるんは低音(18.6度)の
「単純二酸化炭素泉」


2011.1.7 235

昔は、この水を瓶に入れて蓋をしても
鉄砲のように蓋が飛んでしまうから
『鉄砲水』ちゅうて言われててんて。

この温泉水で“日本初の国産オリジナルサイダー”
作ってたちゅうからビックリや!
今でも呑めるねんけど、蕎麦食う前やから遠慮しといたヮ。(笑)

2011.1.7 234

さ、そろそろ蕎麦屋へ戻ろか。

「もう、いけますか?」

『今、出来上がったトコです。
お掛けになってお待ち下さい。』

2011.1.7 238

店の中は、ごっつい洗礼された“和モダン”や。
ちょい薄暗い感じがまた落ち着くねん。

2011.1.7 236

『すいません、今日は温かい蕎麦は売り切れでして
でお願い致します。』

丁寧でえぇ接客姿勢や。

おーきに、オレは“冷”が好きやからご安心を。

2011.1.7 237

「もりそば」@1000「ざるそば」@1100
「もり」と「ざる」の違いって
「のり」が載ってるか、そーやないかの違いって知ってた?

「鴨南蛮そば」@1680にしょー!

で、注文したら・・・
今度は店主が登場!

『鴨肉の枚数がいつもより少ないので、
“もりそば”のお値段にさせて頂きます。』


「はい。」

初めて来たから「鴨肉」が何枚入ってるか?
わからんのに、えらい正直者の店主や。

「正直者の貴方には、“金ののし棒”をさしあげよう!」
冗談やで。(爆)

今度は、また女子店員が来て・・・
なんか、「小ちゃい箱」置いていきはったヮ。

2011.1.7 243

「どないやって開けるんやろ?」(謎)

しばらくしてやっと判ったわ。
開けて、ビックリ玉手箱!

2011.1.7 242

オレの苦手な「山椒」や!
それも「有馬山椒」やから、めっちゃ利くねん!

で、「鴨のつけ汁」が登場!
「鴨」と「ネギ」が入ってるねん!
ここの「鴨肉」美味いわぁ。
えぇ「鴨肉」使こてるねんろなぁ。
えぇ「鴨肉」使ってたら、えぇ「脂」が出るから
出汁がさらに美味なるねん!

2011.1.7 246

はい、「十割蕎麦」でおます。

2011.1.7 244

『お蕎麦は最初は、お塩でお召し上がり下さい。』

「はい。」

2011.1.7 241

ここの「十割」は、表面つるつる
中はもちもちって感じ。
香りもあんま少ないなぁ。

2011.1.7 245

オレは、田舎蕎麦みたいな表面ザラザラで、
中はパシパシの蕎麦が好きやねん。
食べたら、鼻に抜ける蕎麦の香りがあったら最高や!

ちゅうコトで、残念ながらオレの好みの蕎麦とはちゃうかってんヮ。

2011.1.7 247

せやけど、つけ出汁は美味いから
蕎麦湯割りしたらめっちゃ旨かったでェ!

ごっそさん。

さ、せっかく「有馬温泉」来たコトやし
ひとっ風呂浴びてくるとしょーか。

●『むら玄』
 兵庫県神戸市北区有馬町1136
 078-904-1101
 「平日」
 11:00~15:00
 「土日祝」
 11:00-17:00
 火休



関連ランキング:そば(蕎麦) | 有馬温泉駅



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーライスの部、評価“第1位”です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。