現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 福島でポン酒を呑みまくる!『吟蔵』

『こんだけ“ポン酒”の品揃えのえぇ店、初めてや!』

この店は、福島の浄正橋の交差点付近にあるねんけど
南東の裏道に入るからちょっと判りにくい場所やねん。

“古民家改造系”は、ポン酒専門店にはピッタリのイメージや!

日本酒と旬の料理 和酒『吟蔵』(ぎんぞう)

2011.1.7 104

中も大阪のど真ん中とは思われへんような
落ち着いた雰囲気
日本酒の保存冷蔵庫の前のカウンター席に案内される。

「こら、特等席やな。」

2011.1.7 105

お酒のメニュー見せてもーてんけど
ホンマにこのポン酒の品揃えは、どこにも負けてへんヮ。
そら、酒屋(酒卸)がやってる店はあたりまえやけど
そーやなかったら、ここまでなかなか出来へんで。

ポン酒も生きもんやさかいに
「封」開けたら、そっからいかに鮮度保って味を保つかが勝負や!
せやのに、こんなん「どれでも呑んで!」ちゅう姿勢は
カッコよ過ぎる
ヮ。

なんぼ「ポン酒」の店やちゅうても
やっぱ、最初は「生」で“ぷはぁ~!”や。(笑)

2011.1.7 107

この「つきだし」が変わってる
「もろみ」に「十穀米」を炒ったもんを混ぜてるねんて。

2011.1.7 109

完全に「ポン酒」のアテやし。(笑)

「さ、何、食おかな?」

2011.1.7 106

メニューも見事に「ポン酒」仕様や!

とりあえず、「前菜盛り合わせ」にしとこか。

「本日のおばんざい・盛り合わせ三種」@880

2011.1.7 110

「泉州大根のふろふき、柚子味噌で」

2011.1.7 112

「おばんざい」やし、味は家庭料理的やけど、
なんや“ほっこり”するわぁ。

「菜の花としらすのからし和え」

2011.1.7 113

“旬”やな~!
やっぱ和食は季節を感じれるからえーわぁ。

「徳島長なすの煮浸し、とろろがけ」
オレ、「茄子の煮浸し」好きや~!

2011.1.7 111

さ、お次はここの“自慢”の「本日の朝獲れ鮮魚」や!
今日の入荷は「カツオ」「平目」「紋甲いか」「ひらまさ」「伊佐木」や!
「お造りおまかせ三種盛り」@1280

2011.1.7 115

見るからに“えぇ魚”(新鮮)ちゅうのんがわかるわぁ。
「カツオ」「ひらまさ」「平目」

「美味っつ!」

こら、もう辛抱たまらん・・・。

ポン酒や!

まずは、「今月の蔵元」ちゅう“おすすめ”からいっとこか。
京都は、丹後にある「木下酒蔵」

2011.1.7 114

せっかくやから「今月の蔵元三種呑み比べ」ちゅうのんしとこか。

2011.1.7 118

また、マイナーな酒なんやろな。
丹後は小ちゃい蔵元けっこうあるねんけど、えー酒造りはるねんわぁ。
地元で消費されるから、なかなか大阪には廻ってけーへんねん。
ここで、呑めるって嬉しいわ~♪

2011.1.7 117

「玉川」(赤ラベル) 自然仕込 山廃純米 原酒
「玉川」(白ラベル) 自然仕込 山廃純米 原酒 ※アルコール21・5度
「人食い岩」    山廃特別純米

「うん、旨い魚には、美味い酒が最高に合うなぁ~!」

お次は、「ローストビーフと無農薬野菜のサラダ」

2011.1.7 120

「そこにあるラベルめっちゃ気になんねんけど・・・」

『夜の帝王』

2011.1.7 121

これ、名前見たら“冷”で呑んだら、
シャキッ
としてて、
アルコールが高くて、ごっつインパクトあるちゅうような
豪快なイメージやってんけど・・・な・・・

“ヘナチョコ”な字が、
それを物語ってるよーに…
燗で呑むゆるい優しい酒やねんて・・・。(汗)

ま、呑んでみんとな。

猪口は、よーさんある中から
自分の好きなんを選べるねん

2011.1.7 108

燗酒は、こだわりの「錫製」のんで出て来たでェ!

2011.1.7 122

「わはははっ、夜の帝王、味、優し~っぃ。」

ポン酒も色々あるからなぁ~!

「鰆の酒粕漬け焼き」

2011.1.7 123

これが、また「ポン酒」に合う味やねん!

「早よ、次のおすすめの“マイナーなん”出してや!」(笑)

で、出してくれはったんが、通称「忍者」

「おい、おい、子供が描いた(絵)ん“ラベル”にすんなよ~!」(爆)
とツッコミを入れたなるエチケット。

2011.1.7 127

なんで「忍者」かちゅうたら
伊賀の酒やねん。
「三重錦」ちゅう渋い名前やのに…。

お次のアテは・・・
「鶏スープの塩炊きトマト」@480
炊いてあるちゅうから、温かいんかと思ったら“冷製”やったヮ。
「おでん」で“トマト”てたまにあるやん、
あれを冷やしたやつみたいなアテや。

2011.1.7 126

さ、どんどんマイナーなポン酒出してや!(笑)
どれ呑んでも、そないに(値段)高ないねん。

2011.1.7 128

「自家製干しれんこんのポテトサラダ」@480

2011.1.7 130

「干しれんこん」が入ってて、変わってるヮ。

ほな、干しもん続きで・・・
「干しきのこたちのにんにく炒め」@380
干したら、味が濃厚になるな~!
また、これがえぇアテになんねん!

2011.1.7 131

これにもまた違うポン酒を。
「群馬泉」山廃酛純米

2011.1.7 132

うわ~、よーさん呑んだわぁ。

旨い酒は、ついつい呑んでまうわ。

ホンマにえー店やわ。
まだ、今年の始め(2011年1月)に開店してばっかりやから
“超穴場”やと思うで。

ここの懐の深さが見えたんが、この企画メニューや!

「旬魚旬菜手作り料理六品と
お好みの日本酒全種飲み放題
@5800

2011.1.7 124

この値段でありえんし。
「田酒」みたいに高い酒も置いてるねんで。
そやのにどれをどんだけ呑んでもえーねんで。

帰りしなになにげにを閉めたら
持ち手が「刀」やったヮ。

「(刀)抜かんといて下さいね!
「真剣」なんで、危ないですから!」
(笑)

2011.1.7 134

「ホンマかいなぁ?」(爆)

オモロイわぁ、この若き店主。

この心粋に応援したい一軒ですヮ。


●和酒『吟蔵』(ギンゾウ)
 大阪市福島区福島1-6-14
 06-6457-6630
 [月~土、祝]
 11:30~14:00
 17:00~24:00(LO.23:30)
 日休
 http://ginzo.jimdo.com/



関連ランキング:居酒屋 | 新福島駅福島駅中之島駅



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーライスの部、評価“第1位”です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

スポンサーサイト

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。