現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 版画とタイル画 『江口寿史と岡本太郎』

『版画でもタイル画でも原画の魂は受け継がれる!』

京都「江口寿史ポップアート展」開催されます。

日時:3月25日(金曜日)~4月10日(日曜日)

場所:GALLERY ANTENNA

   京都府京都市下京区五条堀川東入ル中金仏町215-6 
   増田屋ビル2階D
   TEL:075-353-6788

kyoto_omote.jpg

可愛い女子を描かせたら右に出る者はおらん
漫画家「江口寿史」氏。

氏の代表作『ストップ!!ひばりくん!』
連載開始30周年を記念して、
同作をモチーフにした版画が制作されてん。
それが、今回の“イベントポスター”にもなってるねん。

版画は「ストップ!!ひばりくん!コンプリートエディション」の
1巻と3巻
カバーイラスト2種類

●ストップ!!ひばりくん! 【ストラトキャスター】

itemimage01.jpg

●ストップ!!ひばりくん! 【レザージャケッツ】

itemimage02.jpg

「うわぁ、こら、たまらん!」

版画の価格は@36750円
限定150部(サイン・通し番号入り)
で、この価格は安いわぁ。

「めっちゃ、欲しいヮ!!」

いや、いや、なんぼ好きやからって
衝動買いしたらアカン!


昔にオレが尊敬する「石ノ森章太郎」大先生
代表作『サイボーグ009』
「スターゲイザー」なる作品を衝動買いした
痛い経験があるさかいになぁ…。

isimo09g.jpg

この時代は、「版画」もコレクションしてたら
価値が上がると言われてて…
ま、好きな作品の特別な絵の版画やから
売る気はあらへんねんけど…
やっぱ、その価値は気になるトコや。
確かに百年持ってたら価値は上がるかも知れんけど
十年ほど経った今は、なにほどの価値もあらへん。
むしろ、買った時よりもはるかに下落してる…。
(汗)

この「スターゲイザー」にも石ノ森先生の直筆サインはあらへん
生きてた時に実際に先生が使こてはった「印鑑」を
金印に代えて押してある
だけや。

先生が亡くなってから制作した版画
やから当たり前なんやけど・・・
元の原画が残ってるさかいに
その魂の忠実製は高い!


同じように感じた作品が、最近もうひとつあったヮ。
大阪高島屋が創業180周年を迎えて、
この3月すべてのリニューアルを終えて
“グランドオープン”した。

そのイベントの一つとして飾られたのが
『芸術は爆発だ!』名言で、有名な「岡本太郎」画伯の作品。

戦後(1952年~1969年)、大阪高島屋の大食堂に飾られていた
モザイク・タイル画の『ダンス』
修復し、復活させはった。
(なんばダイニングメゾン・7Fエントランス)

作品は、複製したモザイク・タイル壁画なんやけど圧巻や!

2011.1.7 014

今年は、岡本太郎の生誕100年の年や!
それを記念して「TARO100祭」が行われる。
この作品の展示もそのプロジェクトの参加の一つやねん。

それにしても「INAX」(当時社名:伊奈製陶)の技術も凄いわぁ。
「タイル」で、その作品を“複製”ちゅうても、
岡本太郎のような独特の色彩感
小さい色タイルを一つづつ重ねていって
グラデーションになるよう表現すんのんは、
決して、容易なコトやない

2011.1.7 015

それが、「TARO]と堂々と入れれるほど
見事に岡本太郎の世界を表現している。
から驚きや!

2011.1.7 016

これを見た時、かつて、岡本太郎の作品を見た時と同じように
鳥肌が立ち、心に衝撃が走ったヮ!

凄い作家の作品は、漫画であろうが、アートであろうが、
複製の版画であろうが、モザイク・タイル画であろうが、
その作家の魂がちゃんと映し出されるもんやねん!

「NIPPON ART BANZAI!!」

江口寿史
 
 「KOTOBUKI STUDIO」
 http://www.kotobuki-studio.com/

「岡本太郎」

 「岡本太郎生誕100年記念事業公式サイト」
 http://taro100.jp/

大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーライスの部、評価“第1位”です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

スポンサーサイト

テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。