現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男も大好きな釜飯のおこげ 『花小梅』

『炊きたての釜飯は美味いねん。
特に“おこげ”が最高や~!』


高島屋の階上にある飲食店街が大々的に“リニューアル”された
『NAMBA DNING MASON』
オープンから2ヶ月ほど経つけど、どこの店も盛況や。
そんな中で、ウチのオカンがお気に入りの店があんねん。

こないだオヤジが死んでから、オカン一人で「寂しないか?」
何かとオカンの親戚やオカンの友人らが家によー来るねん。
皆、心配して来てくれるんは、ありがたいし、えーねんけど
ウチのオカン、人が来たら世話するん好きやから
ついつい、動きすぎてまうねん。


今は、病状、落ち着いてるけど・・・
一応“末期ガン患者”やねんから
「無理したらアカンで!」て、言うねんけど・・・
オレの言うコトなんか全然聞かへんし・・・。

『もう、治った。治った。』って・・・。
あんなぁ~風邪とちゃうねんから
そんな簡単に治らへん
しな・・・。(汗)

で、人が家に来た時にオカンが・・・
『ちょっと“なんば”行って“ごはん”食べましょか~。』
ちゅうて、最近、皆を連れて行くんがここや。

季節釜めし『花小梅』(はなこうめ)

P1070792.jpg

店は、出来たてやから気持ちえーわぁ。
内装は“和モダン”でえー感じやしなぁ。

P1070777.jpg

ここは、あの“豆腐会席”で有名
『梅の花』の姉妹店らし~いヮ。

ほな、さっそく「メニュー」見て~
「何、釜飯にしよ~かなぁ?」

P1070775.jpg

この日は、オカン、叔父・叔母と四人で食事や。
皆、バラバラの種類の「釜めし」にした方が
全部の味見れてえーやん♪


「海老」「はかた地どり」「浅利」「烏賊墨」「蛸」
「筍としらす」「桜海老」「干し貝柱と芹」「黒ぶた」

バリエーションがあるねん。
「雲丹」と「柔らかあわび」は、特別で@500増し 

ランチやから『つぼみ』@1500で十分や。

まずは「小鉢」からや。
白いから「豆腐」やと思ったら
えらいコクがある!

「この豆腐、何で出来てますのん?」
って、質問したら・・・
『豆腐のように見えますが・・・』
牛乳に生クリームを加えて、葛(くず)で固めてるもんらしい。
「へぇー!」

P1070776.jpg

「特製かにしゅーまい」
これは、『梅の花』でも人気の一品やな。

P1070778.jpg

「茶碗蒸し」
寿司屋で寒い季節にしかせーへんトコあるけど
オレ的には、年中やって欲しいなぁ。
夏でも、飲食店は、「クーラー」ガンガンに利かせてあるから
けっこう寒い
くらいやん。
そんな時にもやっぱ「茶碗蒸し」えーでぇ。
ちゅうか・・・単にオレが“玉子好き”やさかいに
年中食いたいだけやったりして・・・。(笑)

P1070780.jpg

で、お待ちかねの『釜めし』が到着!
『釜』も新しいから、側の木がえー香りや。
これ、贅沢な『釜』やな~“銅製”やで。

P1070783.jpg

「蛸」

P1070787.jpg

「浅利」(あさり)

P1070785.jpg

「博多地鶏」

P1070784.jpg

「イカ墨」
“ムール貝”入ってるでぇ~!?」
って、これ『パエリア』やないんやから・・・(汗)

P1070786.jpg

熱々の釜からお茶碗に移して食うねん。
この茶碗やったら二杯分くらい食える量あんで。

P1070788.jpg

やっぱ、炊きたての「ごはん」は美味いわぁ。

「吸い物」は、「すまし」で“あっさり”

P1070790.jpg

四種類の味で、オレ的には~
古典的な『鶏釜めし』が一番美味かったなぁ。

それにしても・・・
「おこげ」最高~!!

P1070791.jpg

オレが小ちゃい時は、オバン(祖母)が・・・
ガス台に『お釜』のっけて「ごはん」炊いててん。
せやから、当然、釜の底は、「おこげ」や~!

今や「炊飯器」性能良ぉ~なってもうて
「おこげ」が出来んよーになってもーて、何や寂しいなぁ。

「おこげ」も今や昭和の産物なんやなぁ。

ほな、今日は『おこげ』のえぇ言葉

「利益がおこげのようでは情けない」
by 京セラ創業者:稲盛和夫

“経営”してて利益をちゃんとした“黒字”にするんやったら
「おまけ」みたいな、黒っぽさもまばらな中途半端やのーて、
炭みたいに堂々と真っ黒けな
“黒字”にしてほしいとちゅう意味やろな。

オレは、『おこげ』みたいな小さな“黒字”やっても
それにちゃ~んと感謝してたら
“黒”ももっと増えると思うねんけどな。

●季節釜めし『花小梅』(はなこうめ)
 大阪市中央区難波5丁目1番5号
 高島屋ダイニング・メゾン内
 06-6631-1101
 11:00~23:00
 http://www.umenohana.co.jp/
 http://www.diningmaison.jp/restaurant/detail/11.html

スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。