現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 一人鍋にはまる。『みうら』

『“一人鍋専門店”って初やわ!』

千日前の裏道を歩いてたら、こんな店があったヮ。

一人鍋『みうら』

2011.1.7 255

どうやら「一人鍋」の専門店みたいやわ。
こら、珍しいヮ。
早速入ったろ!
店は地下にあるみたいやわ。

2011.1.7 256

中(店内)は、思ったよりもけっこう広い
木造りで温かい感じや!
一人鍋専門店と言いつつも、テーブル席が数席あって
グループ対応も出来るみたいやヮ。
それどころか、隣とカーテンで仕切って
半個室仕様に出来る
んがえーやん!

2011.1.7 262

一人やのにテーブルに案内してしてくれたんもや!

一人鍋も「どれにしよ~?」か迷う位にバリエーションあんねん
「牛鉄鍋」「豚鍋」「鶏はらみ鍋」
「味噌豚鍋」(赤・白)「味噌つくね鍋」(赤・白)
どの鍋も@800.

2011.1.7 257

結局、オレは「味噌つくね鍋」(赤)にしたヮ。
「赤」は辛いバージョン

トッピングも充実!
これも具の追加できるから、さらにバリエーションが広がるやん!
野菜も全部@100やから安心や!
冬季限定の「牡蠣」も@100や!
こら、先に追加しとかんとな。

2011.1.7 261

「牡蠣、入れとって!」
『すいません、今日はもう売り切れました…。』

そら、残念や。

※数に限りがあります。
って書いてあるからしゃーないな。

鍋が来るまでは、まずは“ぷはぁ~!”

2011.1.7 260

「とろあえずメニュー」ちゅうて、
「アテ」も手ごろな値段(ほぼ@300)であるねん!
まずは、やっぱ「ポテサラ」でしょ!

2011.1.7 263

「キムチ」
このキムチ、めっちゃ旨いがな。
なんか、アミエビとかのえぇ出汁に漬かってるねん。
量少ないから、おかわりしそーになる位美味いわぁ!!

2011.1.7 264

「だし巻き」
これもふわふわに巻いてあって、優しい味や。
どれもえぇ感じの「アテ」や。

2011.1.7 265

テーブルの隣の壁にベタベタとおススメを貼ってるけど、
ここは効果ありやな。

2011.1.7 259

さ、鍋のセットが来たでぇ!

2011.1.7 267

キレイな「IHプレート」
清潔感あって大変よろしい♪

2011.1.7 258

その上に「赤いピリ辛の出汁」を載せて…。

2011.1.7 266

しばらくして沸いてきたら「具」を入れて、
ぐつぐつしたら出来上がり!

2011.1.7 268

「つくね」は、自分で作るねんで!

2011.1.7 270

ちょい“ピリ辛”の「出汁」甘みがある「つくね」
またよー合うわぁ。

「薬味」色々あって味も自分の好みにしー放題!

オレは、「ラー油」「胡麻」「にんにく」「韓国唐辛子」をリクエスト。

2011.1.7 271

うん、この値段でこんだけしっかりとした一人鍋食べれたら

だいぶ幸せ
やわ。

さ、仕上げ(〆)は、「麺」@150か「雑炊」@200どっちにしよか
迷ってんけど…

結局…

「牛鉄鍋」

追加したった!(爆)

2011.1.7 269

牛のリブロースが鍋の上にのっかてて、
ごっつい美味そうなルックスやん♪

グツグツなってきたら出来上がり!
この頃のIHは性能良ぉなってきたから
そないに待たんでよ~なって便利やわ。

2011.1.7 272

「すき焼き風」やから「玉子」要るわ。

「玉子ちょーだい!」

『“生”ですか?』

(ん、生玉子とゆでたまごでもあるんか?)

「あ、生で!」

そしたら、「生ビール」が出てきた。(笑)

最初のオーダーが聞こえにくかったんやろな?
『すいません。』ちゅうて
すぐに「生玉子」もってきてくれたヮ。

2011.1.7 273

うん、こっちの「牛鍋」もイケるでぇ!

なかなかえー感じ一人鍋専門店や!

●一人鍋 みうら
 大阪市中央区難波1-5-3 シスタービル B1F
 06-6213-5050
 [月~土]
 17:00~翌1:00(LO.24:00)
 日曜日



関連ランキング:鍋(その他) | 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅




大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
もどうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪ミナミ地区カレーの部、評価第1位です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。