現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 京都の中華に魅かれる!『マダム紅蘭』

『こんな“上品な味の中華”、久々やな~♪』

オレは、やっぱ“中華料理”が好きやねんな~!

「なんで、中華が好きなんやろ?」
って、考えてみたら二つの理由が思いついたヮ。

一つは、亡くなったオヤジが“大の中華料理好き”
しょっちゅう“中華”に連れて行かれたからやろな。

オヤジは、なんかモノ買うとか食事するちゅうたら
わざわざ「神戸」に行っててん。
で、神戸行ったら、やっぱ“中華”やん!

その影響やろな。

もう一つは、幼少の頃から「中国拳法」を習っててんけど、
教えてもーてた大先生は、
本土からわざわざ教えにやってくる中国人の爺さんやったから
その“考え”とか“食”にもやっぱ影響されてるんやろな。

なんで中国拳法習ってたんか?ちゅう話はこっちで↓
http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20051129

ま、そんなこんなで“中華”が好きやねん!

今回は、京都で名高い中華の銘店や。

大きい道路(丸太町通り)に面して、一軒だけ古民家があるねん。

中華料理『マダム紅蘭』

2010.12.12 101

築100年ちゅう位の京町屋や。
このごっつ“和”ちゅう雰囲気やのに
「中華料理」食う
ちゅうのんがまたえーわぁ。

中に入ったら、靴脱いで上がるねんけど
階段の手前にごっついデカイ年代物の「金庫」があったヮ。

2010.12.12 122

なんか置いてあるもんも骨董ばっかや。
こっちは「計り」やな。
こういうのんがまたえー雰囲気を醸し出すねん!

2010.12.12 106

二階に案内されたけど
ごっつ急な階段や。(汗)
行きはよいよい帰りは怖い…。(笑)

なんか、落ち着くわぁ。

2010.12.12 104

「掛け軸」はたぶん漢字なんやろうけど…
“象形文字”みたいで、何が書いてあるか、さっぱりわからん…。(汗)

2010.12.12 105

ま、そんなコトはえーわぁ。

「さ、何、食お?」

この手書きのメニューえーわぁ。
なんか温かみがあるもんなぁ。

2010.12.12 109

まず、食うとかんとアカンのんは、
店の表に貼り出してあった
「海老芋と地鶏のうま煮」@1800や!

2010.12.12 102

中華ん時は、「紹興酒」に限る。

2010.12.12 107

さ、しばらくしたら来たでぇ。
これが見るからに美味そー!

2010.12.12 114

「海老芋」美味っつ!!

今まで、食うた海老芋ん中でも“ピカ一”やわ。
こら、素材もめっちゃえーもん使こてるヮ。

地鶏もええ感じの硬さやし、旨いヮ。

なによりも味付けが上品や。
かちゅうてもしっかり深みのある味やしな。

「次は、何、食おかな~?」
どれも美味そうなんばっかや。

2010.12.12 110

「ブロッコリーと金華ハムのふわふわ煮」@1360

2010.12.12 113

こちらも上品な味やな。
薄味ながらもしっかりと「金華ハム」が活躍してるヮ。

あ~温まるわ。

お次は、「堀川ごぼうと牛肉のオイスターソース」@1800
さっきの「海老芋」にしても「堀川ごぼう」にしても
京野菜中華にしてるんがえーわぁ。

2010.12.12 111

この「ごぼう」めっさデカイ!

ま、「堀川ごぼう」ちゅうのんは、
今から約400年位前に、豊臣家滅亡後に
聚楽第のお堀が塵芥(ゴミ)で埋められて、
そこに捨てられた「ごぼう」が、
翌年芽を出して、巨大なごぼうに育って、
それを見た付近の農家が作り始めたちゅう「ごぼう」やねんから
デカイんが当たり前やねんけどな。

2010.12.12 112

これが、また美味いねん!

肉も柔らかいし、
オイスターソースも優しいわ。

ほんなら“名物”いっとこか。
「東坡肉(とんぽうろう)」@1800

2010.12.12 117

これまた、ごっついのんが出て来たで。

2010.12.12 118

どーですのん、この厚み

まずは、そのまんまで、辛子つけて食うてみてん。

2010.12.12 120

うわぁ、とろけるわぁ。
めっちゃ美味っつ!

一緒についてくる熱々「饅頭」
「まんじゅう」って読んだらアカンで、
中華は「マントウ」やからな。
「蒸しパン」な。

2010.12.12 119

「マントウ」に挟んで
「東坡肉バーガー」や!

2010.12.12 121

こら、たまらんヮ!!
参りました。(笑)

久々にホンマに上品な味の高級中華食うたヮ。
この頃、高級ホテル内にある中華料理店でも
値段はごっつえー値段取るくせに
たいしたコトあらへんトコあるねん
やんか~!

ここのんは、えー値段やけど
十分納得の内容


美味かったわ~!

今度は、「おすすめコース」も食べに来よかな~!

2010.12.12 108

●マダム紅蘭 (マダムコウラン)
 京都市中京区寺町丸太町東入ル北側
 075-212-8090
 11:30~14:30(LO.14:00)
 17:00~21:30(LO.21:00)
 月休
 http://www.k5.dion.ne.jp/~madamu-k/



関連ランキング:中華料理 | 神宮丸太町駅丸太町駅(京都市営)京都市役所前駅



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
もどうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪ミナミ地区カレーの部、評価第1位です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/


cbist::無料アクセスアップ














スポンサーサイト

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。