現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 古参の立ち呑み屋へ行く!『エノキ屋』

『やっぱ、立ち呑みでも肴が旨なかったらアカンわ。』

オレの好きな立ち呑み屋の二大銘店は・・・
肥後橋にある『忘れな草』

淀屋橋にある『赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)』
二軒やねん。

ここの二軒の共通点
“肴(アテ)が、リーズナブルな価格で抜群に美味い!!”

立ち呑み屋は、酒は安いけど
アテが充実してるトコはなかなか少ない
それも「美味いもん」出してるトコってなったら稀少や!

今日の“ここ"も「美味いもん」出してる立ち呑み屋や!

今さら、オレが紹介するまでもあらへん
“立ち呑み”の超有名店
や。

場所「大国町」・・・いや「新今宮」やな。
「浪速区」やねんけど・・・「西成区の端っこ」
ちゅう方がピッタリ
せやから、立ち呑みの古参有名店やねんけど
イマイチ“マイナー”なんかも知れん。

『エノキ屋酒店』

2010.11.18 103

年季の入った「赤提灯」が目印!

2010.11.18 191

ここは、屋号の通り「酒屋」やねん。
昔は、「角打ち」(酒屋に併設された立ち呑み)やったんかも知れんけど
今では“立ち呑み”は立派に店として別個になってるねん。
酒屋の左奥の入口がそーや。

立ち呑み『エノキ屋』(榎屋)

2010.11.18 104

店内はわりと広め。
外はひっそりとして寂しげやのに
ここは、常連さんでいつもにぎわってるヮ。

ほんなら、まずは「生」で“ぷはぁ~!”と。

2010.11.18 192

「酒の肴」(アテ)は、“日替わり”でぎょーさんあんで。
そこら辺の“立ち呑み”と比べたら値段設定は高め。
そら、“こだわりのアテ”出してるから、そら、しゃーないな。

2010.11.18 110

“名物”は「鯛のタタキ」@600
立ち呑みやのに高いちゅう人もおるけど
そんだけ価値ある一品やとオレは思う。

“緑色”した「特製にんにくだれ」秀逸!
「こんなん、何処にもあらへん」
と思ってたら、実は、四国(高知の一部の地域)の郷土料理やねんて。

2010.11.18 108

高知県福島産の「ぎょロッケ」@180とか「あじすり身天」@200もそーや。

「あじすり身天」

2010.11.18 203

普通に“立ち呑み価格”で安いもんもちゃんとあんで。(笑)
おでん「湯豆腐」@250

2010.11.18 193

「立ち呑み」ちゅうたら、
やっぱ「ポテサラ」(ポテトサラダ)でしょ!?

2010.11.18 109

「おでん」
どれもよー味染みて、えー感じや!

2010.11.18 106

ここは、ポン酒(地酒)もえーねん!
「あさ開」

2010.11.18 200

酒には「ぶりの一夜干し」@500なんか最高!
『血合いの部分が美味いでぇ。』
って、大将。
「ホンマや!」
こら、“目から鱗”やヮ。

2010.11.18 201

「ミニお好み焼き」@350

2010.11.18 111

サービスで貰ろた「赤いウインナー」
カリカリに焼いてて美味いヮ。

2010.11.18 204

ここには、下町の情緒がまだ残ってるヮ。
そら、常連さんが近所の人だけやのーて
わざわざ、ここへ寄る人も多いん判るなぁ~!


大将は“ヘンコ”やちゅう噂もあるけど・・・
(って、実際「ヘンコ」やけど。爆)
えぇ、常連さんらを守らんとアカンから
そー見せてはるんやろな。

それが、ホンマの優しさやったりするもんな。

世代を受け継いでやってる店って
そこらへんの“大事にせなアカンもん”
ちゃーんと判って、代々守ってるさかいに
ずっと愛され続けてるんやろな。

間違いの~えー店や!!

●『エノキ屋』
 大阪市浪速区大国1-11-2
 06-6640-6363
 月曜~金曜 17:00~22:30 
 土曜    13:00~21:00
 日・祝休・土曜不定休(基本的に第三土曜)
 http://plaza.rakuten.co.jp/sbenokiya/



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大国町駅今宮駅新今宮駅



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
もどうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪ミナミ地区カレーの部、評価第1位です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/


cbist::無料アクセスアップ



スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。