現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 金沢へ行く(その14)『兼六園』(後編)

『兼六園』(後編)

「前編」はこちら↓
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-21.html

やっぱ、『兼六園』はえぇなぁ~!
この年になって、やっとこうゆうのんが
ちょっと分かるよーになってきたがな。
ほんの“ちょっと”だけやけどな。

せやけど、海外に行っとって、日本に帰って来たら
“日本のえぇトコ”よーさん見えるねん。
その一つが神社・仏閣やこういう名園素晴らしさや。

[七福神山] (しちふくじんやま)
七つの自然石を七福神に見たててるんやな。

DSC_0139.jpg

[雁行橋](がんこうばし)(かりがねばし)
11枚の石板で、雁が夕空に列をなして飛んでいく様
を表してるねん。

DSC_0140.jpg

[眺望台](ちょうぼうだい)
ここからは、山並みや金沢市内の街並みがよー見えるねん。
ま、この季節の主役は、やっぱ“桜”やけどな。

DSC_0144.jpg

[唐崎松](からさきまつ)
めっちゃ立派な黒松や。

DSC_0143.jpg

[霞ヶ池](かすみがいけ)

DSC_0142.jpg

[徽軫灯籠](ことじとうろう)

DSC_0145.jpg

昨日からの雨で苔(こけ)の緑もよー映えるヮ。
その上に散った桜の葉が落ちて美しい。

DSC_0146.jpg

[噴水](ふんすい)
日本最古の噴水やねんて。

DSC_0147.jpg

[翠滝](みどりたき)
これで園内一周して、「瓢池」に戻ってきたヮ。

DSC_0150.jpg

[海石塔](かいせきとう)

DSC_0152.jpg

ホンマ、“桜”も“庭園”も堪能さしてもらいましたヮ。
日本人に生まれて良かったぁ。

DSC_0153.jpg

あ~、めっちゃ腹減ったわぁ、
もうやし、飯食いに行こ。


●『兼六園』(石川県金沢城・兼六園管理事務所)
 石川県金沢市丸の内1番1号
 076-234-3800 
 http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/index.html
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。