現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 「爆蕾」(バクライ)と呼ばれる!【ラヴィリンス】

『あっ!?“爆蕾”や!!』

ウチの店【ラヴィリンス】には「爆蕾」(バクライ)と言うちょっと変わった名前の料理があります。

これ「バクライ」って、読むのですが・・・
この名前からどんな料理か判る人は、ほとんどいないと思います。(汗)

東北地方の方「バクライ」と書いてあると
海鼠腸(コノワタ)とホヤの塩辛を和えた珍味の事だと思って
『大阪で置いてるなんて珍しい~!』と勘違いして喜んで下さいますが
「爆蕾(バクライ)」は「莫久来(バクライ)」ではなく
ウチのオリジナル創作料理です。

メニューに書いてある料理説明には・・・
~刺激的な食感のスパイシー鶏つくね~
と一応書いてはいますが・・・

『“刺激的な食感”ってどんな風に刺激的なの?』
『“スパイシー鶏つくね”ってどんな風にスパイシーなの?』

ますます、謎が深まります!(爆)

ウチの店【ラヴィリンス】の料理には、
食べてみないとわからない食感と味。
ばかりですから。(笑)

「鶏つくね」を食べたコトがない
言う人は少ないと思います。

ですから
「鶏つくね」は“こう言うモノ”であると言う“概念”を皆様は持っているはずです。

「鶏つくね」と思って食べたのに
“認識してたモノと違う食べ物”だと
やはり、“頭は混乱”しますよね!?

『これが“鶏つくね”???』

一般的な「鶏つくね」は、食感が柔らかくてジューシー
ところが「爆蕾」は、わりとしっかりしてて、スパイシー!!
それどころか・・・
なんかコリコリするモノがたくさん入ってる!

実は、これ「やげんナンコツ」を細かくし、荒く砕いたモノなのです。
ですから「爆蕾」独特の食感になってるのです。

では、なぜ、こんな“変わった料理名”をつけたかと申しますと・・・

食べたら口の中ではじける食感!
噛んでる内に鼻の奥からスパイスが香ってくるスパイス玉!


最初は、「バクライ」って「爆雷」と表記してました。

でも開発して間もない頃に
『なんや、ちっとも辛ないやん!』

と数人の客に言われて・・・

字を「雷」(かみなり)から「蕾」(つぼみ)に変えたんです・・・。(汗)

どうも「爆雷」と言う字には、“辛いイメージ”があるようですね。
確かに“雷のように弾ける刺激”
“蕾が弾けるような刺激”だったら
ぜんぜん印象が違うと思います。
やっぱり「雷」(カミナリ)の方がより刺激的に感じるのでしょうね。

その結果、現在の「爆蕾」は、誕生当時よりも
よりスパイシーで、より辛く
しました。(笑)

2010.10.21 041

では、「爆蕾」のお話を一つ。

キタ新地には、私のお気に入りの鉄板焼き屋があります。
鉄板焼き『誉』(ほまれ)
http://d.hatena.ne.jp/naniwaotoko/20090120

近くまで来たので、何か食べさせてもらおうと『誉』へ。
【ラヴィリンス】やり始めたと言うコトを
まだ、店主の豊さんに言っていなかった
ので、その報告を兼ねて・・・

「こんばんわ~ご無沙汰です♪」
『おぉ、お久しぶりです~!』

と店に入って機嫌よく挨拶をしてると・・・
食事をされていた、お客様の一人が、
突然、私の顔を見て・・・

『あっ、爆蕾(バクライ)や!!』

言った本人より
もっとビックリしたのは、
もちろん私の方です!
(驚)

店主の豊さんは、まったく何のコトかさっぱり・・・。(笑)

『あ、炎の浪花男や!』
とは、見知らぬ人に言われたコトは何度かありますが・・・
(そういう場合、たいてい読者の方が多いのですが)

『爆蕾』という商品(料理)名を
叫ばれたのは初めて
です!!(爆)


まだまだ数少ない【ラヴィリンス】のお客様が、
『誉』のお客様でもあったのはビックリでしたけどね。

お陰で、そのお客様とは、
キチンと名刺交換して頂くコトが出来ました♪

でも、そのお客様
ウチの店の名前【ラヴィリンス】は
覚えていなかったのですけどね・・・。(汗)


今度は、確実に覚えてもらえました。(笑)

「飲料麻婆豆腐」にも「ラヴィリンス」にも合う
“万能トッピング”の「爆蕾」
「エビキーマ」にもレタスと一緒に包んで食べる方も
いらっしゃいます。

まだ、未体験の方は、ぜひ、食べに来て下さいね。
※「トッピング」なのでカレーなどの商品を注文しないと
 「爆蕾」だけでは注文出来ません。

注文の時には
 「爆蕾」と「ラヴィリンス・カレー」
「爆蕾」を先に言うのはやめて下さいね。

凄く細かい事なのですが…
やっぱり・・・昼の「爆蕾」は“トッピング”なので。
(爆)

は、しっかりと“スパイス創作料理”コースの一品として
活躍しております!



大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
をよろしくお願いします♪

お陰様で『食べログ』大阪ミナミ地区カレーの部、評価第1位です。
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/


cbist::無料アクセスアップ


スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

爆蕾、食べたくなりました。

あ、それと爆蕾のこと、爆雷やと思い込んでて、ブログにも”爆雷”って書いてしまってます(-_-)

これを機会に訂正しておきますね(^^;)

Re: どーも、さいちゃん!

> 爆蕾、食べたくなりました。
 今日は来んとってな~淡路島に食材の仕入れやからお休みやねん。
 すんまそん。

> あ、それと爆蕾のこと、爆雷やと思い込んでて、ブログにも”爆雷”って書いてしまってます(-_-)
>
> これを機会に訂正しておきますね(^^;)

もう、ややこしい商品名でごめんやし~!
訂正お願いします。

ほな、また来てな~!

新しい!

今度から

「爆蕾」さん!ってよばせてもらいますわ。v-7

店名も
「ラヴィリンス」から「爆蕾」になるのでしょうか?

でも、炎の浪花男さんを「爆蕾」と呼ぶなんて、なんて勇気のある方なんでしょう。

Re:お願いやからやめて下さい。

> でも、炎の浪花男さんを「爆蕾」と呼ぶなんて、なんて勇気のある方なんでしょう。

最近、顔出ししてからアクセス増えた!(爆)
皆、安心したんやろか?
いったいどんな奴やと思われてたんやろ?(汗)
たぶん、「じゃりんこチエ」に出てくるテツが呑んで食べてるみたいな・・・?
実は、その正体が「スーパーマリオ」やったから安心したんかなぁ~?(笑)


プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。