現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 神戸南京町で「中秋祭」に出会う。

『神戸南京町で獅子が舞う!』

月に一回、最終の日曜日は、店【ラヴィリンス】を休ませてもーて、
神戸に食材を仕入れに来るコトが多い。

この日もそやったヮ。

元町に着いたら「なんや普段見ん格好の人ら」
あっちこっちにおるから
「なんかお祭りでもあんねんやろな~?」
と思っててん。

2010.08.31 077

で、南京町に入るとなにやら銅鑼(ドラ)の音が鳴り響き
人だかり
が出来てるねん。

野次馬根性で「何してるんやろ?」と覘いてみたら
どーやら、獅子が舞ってるみたいや!

2010.08.31 078

この日は、南京町で毎年恒例の第13回『中秋節』で、
9月22日(水)から26日(日)まで色々なイベントが行われたみたいやヮ。

中国では昔から、『中秋節』には家族揃って円卓を囲んで、
欠けのない満月のように円い食器で食事をして家族団らんを楽しむ
習慣があんねん。
この時期には「月餅」(げっぺい)ちゅうお菓子を
近しい人に贈るねんやん。

幼い頃から、本場の中国人に「中国拳法」を教えてもーてたから
こんな中国の一般的な風習には詳しいねん!(笑)

中国の「獅子舞」って・・・
これ、二人一組で舞うから
首・前足担当と胴・後ろ足担当の息があってなアカンから難しいねん!

2010.08.31 079

「頭かぶってもらお、賢なるよ~に!」(笑)

2010.08.31 080

「今さらもう、手遅れか…?」(爆)

あれ“日本の獅子舞”だけやったっけ?(汗)

スポンサーサイト

テーマ : 神戸
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。