現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 台湾へ行く!(その14)

『今回の仕事は“ヤク(薬)の運び屋”』

たまに「ゴルゴ13」に似てる。て言われる…。
「デューク東郷」に似てるって、言われてもあんま嬉しないヮ…。(笑)

せやから、オレの仕事は当然「スナイパー(狙撃手)」やない。(爆)

せやけど、今回の仕事は、かなりヤバいかも…。(汗)
台湾から“ヤク(薬)”を運び出す仕事やからな。

そのアジトは、台北の『迪化街』にあるねん。
ここら辺は、“ヤク”を扱う店が集まってる地域やねん。

って、なんか“めっちゃ胡散臭い話”に聞こえるけど…

ヤク(薬)は「薬」でも今回、買い付けに行ったんは…

『漢方生薬』

『なーんや「漢方薬」か…
ヤバいちゅうからいったい何かと思った。』
と思った人も多いと思うけど…

ホンマにヤバイねんて!

この生薬の匂い!

あの漢方薬独特の匂い…。
オレかなり苦手なんやけど…。

でも、しょうがない、これも大事な仕事やから。

現地へ行ったら、よーさん「漢方薬」屋が並んでるヮ。
「どこにしたらえーんかさっぱりわからんヮ…。」
とにかく入って日本語の通じるトコにしよ。

『オニィさん、何か要る?』
カタコトの日本語で話しかけられた。

『鼎豐藥行』

20100716DSC_0136.jpg

「要るからわざわざ日本から来とんねん!」
と心の中では思ってんけど、
言葉通じへん人にツッコミ入れてもしゃーないしぃ、
さっそく仕事や。

とにかく筆談(漢字)で、必要な「漢方薬」を伝える。
十五種類もあるから大変や…。(汗)

やっとこさで、全部集めてもーたがな。
ホンマにえらい時間かったヮ。

20100716DSC_0134.jpg

オヤジが春に癌で亡くなったし、オカンも癌で闘病中や。
生きてるオカンは、経過順調やけど、やっぱ“再発”ビビってるから
この頃「食生活」にはめっちゃ気をつけて飯食うてはるヮ。

『肉は出来るだけ少なくして、豆類を多く摂らんとアカン。』
『生もんは、身体冷えるからアカン、
生姜とかな身体温める効果のある料理がえーねん。』


とか自己免疫力を高める料理ばっか食うてはる。
そらそーや、毎日の食生活が自分の命に直結してるからな。

そんなオカンを見てたら、オレが何もせん訳にいかんがな。

オレが“自己免疫力の高まる薬膳志向の料理”したろ。

「薬膳料理」ちゅうたら、苦ぁて旨ないイメージあるやん。
「薬やから苦くても頑張って身体の為に食うわんとアカン!」
って無理して食うほうがストレス溜まるちゅうねん!(笑)

オレは、絶対に“旨いねんけど身体にもえぇ料理”がえぇわぁ。

その料理には、「漢方生薬」は必須や!

20100716DSC_0135.jpg

台湾には、漢方薬を使こた薬膳料理が普通にどこでもあるねん!
なんちゅうても観光名所の「フードコート」の中にも
そー言う料理出してるねんから。

日本では「薬膳料理」ちゅうけど、台湾では「養生料理」

ここは台北でも七店もある
『郭老師養生料理』

20100716DSC_0080.jpg

歴史的には、まだ10年ほどしかあらへん、比較的新しい薬膳料理の店
創始者の「郭」氏は、漢方医
メニューは健康維持を考慮したものばっかや。
鶏肉に漢方をプラスすることで免疫力を高めることができるねんて。

例によって、日本語の表記のメニューを見してもらう。

20100716DSC_0081.jpg

見てもよーわからんから
「鶏肉に漢方のん」を注文!

見るからに漢方のせんじ薬や!
匂いも全くそーや。(汗)
「クコの実」が浮いてるで。

20100716DSC_0082.jpg

中にちゃーんと鶏肉も入ってるヮ。

20100716DSC_0083.jpg

「ほな、いただきまひょ~!」

って、一口飲んでみた。

「…。」

苦っつ!

めっちゃ、不味っつ!!

「身体の為や頑張って…」

と思って飲んだんやけど…

五口が限界やった…。

アカン不味うて食えん!!

「オレは、絶対旨くて身体にえぇ料理作んぞー

と心に誓った。
スポンサーサイト

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ほんまに真っ黒スープですねw
月末に台湾行くんで、今回は苦茶を飲んでみようと思ってます。

漢方は私も興味あるんですけど 
在台の知人はあまり活用しなかったようで教えてもらえませんでした。
日本で処方箋作ってもらったりせず
ご自分で調べて、お店で買ったんですか?
いくらぐらい買いました?
よかったら教えてください。

Re: 漢方はえーよ♪

真っ黒なんはえーねんけど、マズイんが…。(汗)
「苦茶」よろしいなぁ~♪

日本で、漢方の達人にアドバイス頂き、
オリジナルの処方箋で作ってもらいました!
写真にある生薬と他にもなんやかんや
1万円分ぐらい買い込みました♪
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。