現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男の料理の原点【後編】『アラスカ』

『オレの料理の原点』【後編】

オレの“青春時代”は、音楽に明け暮れる日々やってん。
その頃は、学生兼務やし、
よー練習するバンドやったから、スタジオ代もバカにならんし、
ライブハウスのレギュラーも月1ぐらいやったら金にならん…。
入るよりも出ていく方が多くて…
やっぱ、「バイト」せんな、音楽活動も続けられへんかってん。

せやから、バイトは、『アラスカ』で“皿洗い”

“皿洗い”のはずで入ってんけど、
「皿」ばっかり洗ってられるほど楽やない。

『お~い、この“人参”切っといてくれ!』
とか、「包丁」持たされて、料理の手伝いもざら。

『おまえなぁ、どっちみち“音楽”なんかで食うていかれへんねんから
今(若い)のうちに手に職つけてた方がえーヮ!
いづれは、ここで(母親んトコ)で料理せんとアカンよーになるねんから!』


「めっさ、ムカつく~!」(オレの心の叫び)

とそん時は、思っててんけど、
今となったら、めっちゃ感謝してる。

『アラスカ』なんかの一流店で、まともに料理を教えてもらおうと思ったら
「丁稚」を十年ほどやらんとアカンからな~。


オレは、学生時代の三年間で、料理の基本を色々と教えてもーた。
そん時は、音楽で生きていくつもりやったから
「こんなもん関係ないヮ。」と思ってたけど…
結局、今、“飲食関係”に居るちゅうのんも
やっぱり、そこに“原点”があるんやろな。


ちゅうコトで、『アラスカ』阪神百貨店へ来てるねん。
本店は、やっぱ“敷居高い”さかいに
カジュアルなここへ“ランチ”しに来てんヮ。

2010.07.09 038

焼きたてのパンが数種類あって“食べ放題”が好評や。

2010.07.09 054

焼きたてのパンって“ふかふか”でなんぼでも入るヮ。

2010.07.09 042

はい、まずは「スープ」から。

2010.07.09 043

『アラスカ』には、色々と“昔から受け継いでる伝統の味”があんねんけど
「ビーフカレー」と並んで、これもオレが好きなその料理の一つや。
『ビーフシチュー』

“洋食”ちゅうたら、やっぱ手間隙かけて作る「デミグラス・ソース」や!

それにまた、牛肉の塊を“ほろほろ”になるまで煮込むのんがこれの旨さや!

2010.07.09 048

「ランチ」やから“牛ほほ肉”使こてるみたいやけど…

“伝統の味”には変わりない!

2010.07.09 049

口の中に肉とソースの旨みが広がるねん!

めっさぁ旨っ!

「デミグラス・ソース」は焦がした苦味があるトコも多いねんけど
『アラスカ』は、それが少ないねん。
旨みとコクが凝縮されてるねん!

そら、創業から80年間もたってる老舗やから、
その間に“人の味の好みも変わっている”さかいに
“時代にフィットするコトも大事”や。

“伝統の味”で残さんなアカン処
“時代の味”として変えなアカン処
しっかりと見極めんとな。

これぞ『温故知新』!!

「アイスティー」を飲みながら考える。

2010.07.09 051

「爪楊枝」の入れ物「爪楊枝」のデザイン
オレの子供ん時と一緒なんが何か嬉しかった。

2010.07.09 052

さ、オレも、もう一回“基本”を勉強しなおして
そっから、新しい料理を生み出す
かぁ。

店を出た帰りの百貨店内に
これまた「セイタローさん」黒田制太郎
昔に書いた壁絵を見つけた。

2010.07.09 057

「セイタローさん」は、
オレが、初めて金を出して絵を買った画家や。

そん時もやっぱ青い学生やったなぁ。
この阪神百貨店で「セイタローさん」の個展やってて、
“イベント”で、一人一人にその場(即興)で、絵を描いてくれる企画やってん。

オレに描いてくれはった“作品名”は「スイミング」やったヮ。

あの絵、どこへやったんやろ?(汗)

その後、大人になってから
行きつけの寿司屋で、何度も一緒に呑むことになるなんて
当時は知るはずもなかった
ヮ。

“縁”があってんなぁ~!

これもまた“原点”や!

欧風料理『アラスカ』
 大阪府大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店 10F
 06-6341-5815
 11:00~22:00
 不定休(阪神に準ずる)


スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

納得!

こんにちは。
毎日、台湾記事楽しみに読んでます♪
1度しか行ったことがないので、また台湾に行きたいなと思っています。

ところで、アラスカ!胸のつかえがとれました。
と、いうのは、昨年、こちらで仕事されている料理人の方が、
アラスカで修行された、と言われ、
大阪?ってわからないし、どこだろう?と。
そのまま調べず、いたのですが、、、

素敵なお店ですね。
お知り合いになった料理人の方もしっかりされた方ですので、
そのようなお店だとは思っていましたが。。。

勉強になりました♪




Re: 納得!

いつもおーきにです!
「台湾編」はどないですか?
まだまだつづきます。(笑)

「アラスカ」
素敵なお店。
おーきに、おーきに。

オレは“卒業生”と呼べる立場ではおまへんが
(正式な「料理人」ではないので…)
卒業生が活躍してるんは嬉しいです♪
プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。