現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 京都のお寺へ! 『三十三間堂』

「三十三間堂」(さんじゅうさんげんどう)ちゅうのんは“ニックネーム”やねん。

P1280282.jpg

ホンマの名前「蓮華王院本堂」(れんげおういんほんどう)。
でも、看板にもちゃんとニックネームの「三十三間堂」と。(笑

柱と柱の間が33もあるからそー呼ばれてるらしい。

京都国立博物館の前やから、ついでによー寄るねん。(笑
ここの博物館はええイベント、よーやってるからな。
“ついで”って、言うても やっぱ仏像好きやねんな。
特に千手観音(様)が好きやねん。
一堂に千体も揃ってるトコなんか、ここしかあらへんしな。(笑

P1280283.jpg

入口になってる「普門閣」から入場(@800)

三十三間堂は、とにかく横に長い。(笑

P1280284.jpg

昔は、ここで「通し矢」ちゅうイベントがあって、
この120mもある廊下の端から端まで弓矢を通すちゅうねんけど・・・
よーそんなん出来たもんやなぁ・・・。(驚

とにかく中には、千手観音のオンパレード!(爆
(※写真は公式HPから借用。本堂内撮影禁止)

c98d75a8-48c5-434b-857e-3761a7cdb93a_l.jpg

で、ど真ん中本尊「千手観音坐像」があんねん!

img_3.jpg

あんまり注目されへんけど・・・
庭もえぇ感じやで。(汗

P1280285.jpg

そこに「花梨」(かりん)の木があって、実が成ってたからさらにビックリや!

P1280286.jpg

“喉にえぇ”って聞いたコトあるから、
「どんな味なんやろ?喰うてみたいわぁ~!」って・・・。
お寺の「花梨」盗んでどーすんねん!(笑

やっぱ、お寺はえぇなぁ。
めっちゃ、癒されるヮ。

仕事が忙しい時には
「猫の手も借りたい!」って、云うけど・・・

オレ的には・・・
「千手観音の手が借りたい!」かな。(笑

蓮華王院「三十三間堂」
 公式ホームページ
 http://www.sanjusangendo.jp/index.html






スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。