現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 オレの愛したバカなROCK野朗たちの最後 『Mötley Crüe(モトリークルー)』

『モトリー・クルー、2014年7月から開始する“解散ツアー”後に
二度と再結成しない宣誓書にサイン』


モトリー・クルーは、邦題 『華麗なる激情』(Too Fast For Love)で、
1982年にエレクトラからリリースされたメジャーデビューアルバム。

せやけど、実はその前の1981年11月10日にLeathur Records(レザーレコード)
ちゅうインディーズ・レーベルから出した自主製作アルバムがそのまんまのベースになってるねん。

何でオレがそんなにこのバンドにそんなに思い入れが強いかちゅうたら
そのインディーズレーベルの自主制作アルバム
輸入盤専門店で“ジャケ買い”してん。

“ジャケ買い”ちゅうのんは、
レコードの中身(音楽)も視聴せんと
「このジャケット、めっちゃカッコえぇやん!」って思って、
きっと中身もカッコえぇんやろーなぁ的
希望的観測だけでアルバムを買うコト


華麗なる激情+5華麗なる激情+5
(2013/05/22)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


ほんで、買うて、早速聴いてみたら・・・
一曲目の「ライブ・ワイヤー」ちゅう曲が超クール
弩肝抜かれてん!

このバンド、スタイルも曲も
めっさ、カッコえぇやん♪

すぐに、この曲、コピーしてやろ!

当時、アメリカの一部(ロサンゼルス)でしかウケてへんインディーズバンドの曲
日本の一部(大阪)でしかウケてへんインディーズバンドがやるねんから
オモロすぎるやん!

せやから、モトリーがメジャーデビューする前に
ウチらは、ライヴハウスでこのカバー曲をやってるんやから
そら、思い入れも強なるちゅうねん!



2014年7月から始る“解散ツアー”の後は、
『もう絶対に二度とは、再結成せーへん!』
って「宣誓書」にメンバーがサインして、
そんでから最後の世界ツアーをやって解散するねんて。

最後のツアーは7月2日から北米のミシガン州グランド・ラピッズから始まるねんけど
このアメリカツアーが11月まであるから
海外公演は2015年になると思うヮ。
※北米ツアーは“アリス・クーパー”が前座を務める

「ザ・ファイナル・ツアー」の題
すべての悪いこともいつか終わりが来る(ALL BAD THINGS MUST COME TO AN END)」
ちゅう文句がキャッチフレーズになってるみたいや。

2015年にはバンドの自伝本『The Dirt モトリー・クルー自伝』
を基にした伝記映画『The Dirt』が、
バンドのツアーに合わせて公開される。


the dirt モトリークルー自伝the dirt モトリークルー自伝
(2002/11/28)
トミー リー、ヴィンス ニール 他

商品詳細を見る


なんにせよ、ロックバンドの命題である
「セックス・ドラッグ・ロックンロール」
地でやってたバンドであるコトは間違いない!

金髪のキンキン声のハイトーン・ヴォーカルは
呑みすぎで、飲酒運転してもーて、乗ってた自動車が横転して大破し、
大事故を起こして同乗者のバンド仲間の友人を死なせてしもてるしぃ・・・


オシャレでクールなベーシストは、
ドラッグ中毒で心臓停止で死にかけた見事な薬中やし・・・

目立ちたがり屋のドラマーも同じく薬中!
さらにセックスが大好きで、あちらの有名AV女優、数名と結婚しつつ、
DVで何度も捕まる
しぃ・・・

唯一、真面目そうに見える最年長ギターは
アルコール依存症を克服した後の現在は
硬直性脊髄炎という難病を患ってる。

そんな、大変な人らやねんけど・・・
音楽をやらせたら、めっさカッコえぇ、一流の人らで
この四人でしか出されへん音楽をすんねん!

だから、今回の四人で決めた選択
ファンとして、潔く受け入れようと思ってるねん!

モトリーよ永遠なれ♪


スポンサーサイト

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

炎の浪花男 滂沱!長年、待ちに待ったコンサート 『VAN HALEN』

『オレをハードロックへ導いた、伝説のアメリカンロックの権化が
ほぼ、オリジナルメンバーで来日!』


オレは、長い間、この日が来るんをどんだけ夢見てたコトか!

『1984』ちゅうド偉いアルバムを作って
バンドのいざこざで、VOのDAVEが脱退してしもーてから、早、30年!


19841984
(2008/12/17)
ヴァン・ヘイレン

商品詳細を見る


確かにDAVE(デビッド・リー・ロス)は、
『VAN HALEN』(以下VH)を去って
ソロで、スティーヴ・ヴァイ(G)とビリー・シーン(B)を伴ってた時は
めっさ輝いててん
けど・・・



それも年々、歳と共に輝きを失ってて・・・(汗)

一方VHは、VOにサミーヘイガーを迎えて、
アメリカンロックでは不動の地位を得るねんけど・・・

旧VHファンからは、ソッポをむかれて
全く違うバンドになってしまってた
もんなぁ・・・。
(サミーはデイヴ時代の曲をほとんど歌わないちゅうのんもあって・・・)

エディ(G)とデイヴ(Vo)の確執は強くて
もう、オリジナルのVHはもう二度と観られへんねんやろなー
と思ってたら・・・

なんと、サミーと仲良くしてたマイケル(B)も首になって・・・
変わりにエディ(G)の息子ウルフィがBで加入!
なんとそん時はまだ16歳

それをキッカケにデイヴの復活案が具体的になって、
2007年の「ロックの殿堂入り」で、復活!

「どうせ、また、すぐに揉めるんちゃうやろか・・・?」
ちゅう心配をよそに・・・

無事にアメリカツアーを敢行!

「このまま、この勢いでワールドツアーに出ますように!!」(祈)
と思ってたら・・・

2012年にvoがデイヴでの新アルバムを発売して、
それに伴うワールドツアーに!!


ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルースア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース
(2012/02/08)
ヴァン・ヘイレン

商品詳細を見る


去年の11月に来日公演が決定しててんけど・・・
エディが大腸憩室炎で緊急手術をしたんで、
日本公演が2013年に延期・・・

そして、やっと・・・
6月24日(月)の大阪公演へ!
(朝潮橋・大阪中央体育館)

長かった・・・。
めっさ、長かった・・・。

では、大阪公演のセットリストを・・・

01.Unchained
02.Runnin' With the Devil
03.She's the Woman
04.I'm the One
05.Tattoo
06.Everybody Wants Some!!
07.Somebody Get Me a Doctor
08.China Town
09.Hear About It Later
10.Oh, Pretty Woman
11.You Really Got Me
12.Dance the Night Away
13.I'll Wait
14.And the Cradle Will Rock…
15.Hot for Teacher
16.Women In Love
17.Romeo Delight
18.Beautiful Girls
19.Ice Cream Man
20.Panama
21.Ain't Talkin' 'bout Love
22.Jump

2時間、ぶっ通しのアンコールなし!

懐かしい曲やらなんやら・・・
もうベストな選曲ですヮ。


エディのギターソロで泣き、
最後の「JUMP」で号泣、
もう、感動で涙が止まらへんかったヮ。


19.Ice Cream Man の前にデイブが作った
短編映画『外人任侠伝~東京事変~(↓)
もだいぶ良かったヮ。



今回のコンサートは、日本では珍しく
撮影OKやったんで・・・
すぐに“こんなん”も見れる!

ほな、行かれへんかった方は、こちらの「東京ドーム公演」の
フル映像
でお楽しみ下され~!



ちなみに26日(水)の追加公演も行きました!

news_photo1.jpg

どうぞ、これが最後の来日公演になりませんように!(祈)

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

炎の浪花男 不死鳥のごとくPAUL(梅原達也)が帰って来た!『44MAGNUM』

『44MAGNUM・結成30周年記念アルバム「BEAST」
オリジナルメンバーで復活!』


kokuchi_beast.jpg

時間が経つのはあっちゅう間や。
30年って、長い月日やと思うけど…
もう、あれから30年になるねんなぁ~!

4月10日に発売!

『44MAGNUM』の最新アルバム「BEAST」

ちゅうか・・・
なんで、1ヶ月も遅れて、こんなコラム書いてるかちゅうたら・・・
こんな新アルバムを発表してるん、知らなんでん・・・。(汗)

なんでか云うたら・・・

2011年の年末に・・・
「PAULよりFANの皆様へ大切なおしらせ」
として・・・

パーキンソン病の治療に専念する為に
44MAGNUMを離れる・・・。


http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-631.html

事実上の脱退宣言・・・。

めっさショックやった。
病状は日々進行してる…。

オレの中で、PAULのいない44MAGNUMやなんて
「クリープを入れないコーヒー」みたいなもんや!
(例えが古すぎて、誰もわからんし…汗)

要するに、興味がなくなったちゅうこっちゃ!

ところが、今度のアルバムは…

オリジナルメンバーで復活!

PAUL、JIMMY、BAN、JOE とSTEVIE(PAULの息子)5人!

top_img.jpg

バンドから離れたはずのPAULやBANもおるやん!

なんの事情でこないなったんかは知らへんけど・・・

とにかく、復活おめでとー!

で、こないだ、日本橋にあるHM(へヴィメタル)専門のCDショップで、
このアルバムを偶然見つけて、ビックリして、即、購入!

2009年9月の「44MAGNUM」から約2年7カ月ぶりの新作。
PAUL(Vo)が作詞作曲を手がけた「C'mon Everybody」とか
STEVIE(Vo)が作詞を担当した曲とか今の44MAGNUMサウンド全6曲
(もうちょっと曲欲しいトコなんやけど・・・まぁ、しゃーない。)



44MAGNUM「BEAST」収録曲

01. UNDER MY SKIN
02. OUT OF MY HANDS
03. SEIZE IT
04. C'mon Everybody
05. TAKE ME HOME
06. LIKE YOU


BEASTBEAST
(2013/04/10)
44MAGNUM

商品詳細を見る


で、30周年記念ツアー
「44MAGNUM ON 30th ANNIVERSARY TOUR 2013
『BOMBARD ATTACK』
オリジナルメンバーで開催。


44MAGNUM ON 30th ANNIVERSARY TOUR 2013「BOMBARD ATTACK」

2013年6月 8日(土)神奈川県 新横浜NEW SIDE BEACH
2013年6月15日(土)広島県 広島ナミキジャンクション
2013年6月22日(土)福岡県 LIVEHOUSE CB
2013年6月29日(土)北海道 札幌BESSIE HALL
2013年7月 6日(土)愛知県 名古屋ell.FITS ALL
2013年7月13日(土)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2013年7月20日(土)東京都 新宿BLAZE

もう、PAULの病状の進行具合を考えると
いつ、唄えんよーになるかわからん状態やから・・・
この30周年ツアーは、その雄姿を見に行かんとアカンやろ!!

で、PAULと云えば
今年の1月15日に発売された
『爆風スランプ』のトリビュートアルバムにも参加してはる。

news_large_bakufu-slump_tribute.jpg

Disc2・10. 愛がいそいでる / 梅原“Paul”達也(ex.44MAGNUM)



クレジットされてるけど…

ex(元) は外してもらわんとあかんな・・・
もう、復活して元やなくなってるさかいにな!


爆風トリビュートComplete爆風トリビュートComplete
(2013/01/15)
オムニバス、PEACE$TONE 他

商品詳細を見る



●44MAGNUM オフィシャルホームページ
 http://www.44magnum2001.com/top.html


 

テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。