現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 京都で初めての回転寿司 「すし市場」

京都に行ったら京都らしい店へ行くさかいに、
今まで“回転寿司”は京都で食うたコトあらへんかったんけど・・・。

「徳島キャンペーン」をこの回転寿司屋の前でやってて
「すだち」と「鱧」のアピール、めっちゃしてはる。

前を通ったら、いきなり「すだち」が数個入った小箱をくれはった。
いやー、炎の浪花男のオレが「すだち」をもらったままやったら男がすたる。

ま、さっき(朝飯)ちょっと不完全燃焼やったから・・・
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-936.html
「ここで気分変えとこか!」
とここの回転寿司屋へ突入!(笑

「すし市場」

P1280281.jpg

京都中央卸売市場の場内にあるから
魚の期待値レベルが半端のー勝手に上がってまう店なんやろーけど・・・

店の中は、広々としてて、清潔感があってかなりええ感じ。
一人やさかいにカウンター席へ。

P1280280.jpg

寿司は回転寿司屋やから廻ってるんやけど・・・
ほとんどの客はオーダー(笑

さ、もう朝から呑んでるし、ここは「アガリ」(お茶)で過そかなぁ!?
と思ってたら…

P1280278.jpg

頼んでへんのにいきなり小鉢に入ってる「バラ寿司」がオレんトコに置かれてん!?(謎

P1280267.jpg

「なんじゃ?鱧チラシ!?」
これも徳島キャンペーンの一環やねんて。(笑
つまり無料(タダ)、試食やね!

と思ってたら、続いて「鱧のにぎり」も出てきた

P1280269.jpg

これも無料(タダ)、試食パート2やねん!(笑

チラシは割と良かったんやけど・・・
鱧は作り置きやったらしく・・・
ちょっとパサパサで・・・(汗

これ、もちええトコをアピールしたかったんやろーけど・・・
“逆効果”になっとんで~!?

こーなったら、「お茶」なんか飲んでる場合やないでぇ!
景気付けに“ぷはぁ~!”

P1280270.jpg

「本日のメニュー」から“ええもん”食うたろ!

P1280272.jpg

「丹波とり貝 にぎり&刺身」@1000

P1280276.jpg

活きのえぇ感じは、割りたての生きてる「とり貝」使ってるみたいや。
味はごっつえぇねんけど・・・
値段の割には、ちょっと小ぶりやったヮ。(涙

ま、ええわ、次のん食お!
せっかくの高級食材を得意にしてる店らしいから
高い皿(金皿)いっとこか!
「ぐじ」いっとこ。

P1280273.jpg

旨っつ!!

お次は、「天然すずき」
これは、昆布〆しててえー感じ♪

P1280274.jpg

やっぱ、高級ネタがえー店かも。(笑

隣でオッチャンが、何や「海老のおどり」食うてるやん!?
そんなネタあったんやろか?
再度、メニューをチェック?

P1280275.jpg

「活海老踊り」@350
ん、車海老の踊りが一匹350円って安いがな。

頼もっ!

P1280277.jpg

頭も焼いてくれてるしぃ、これはええわ。

あんま、食うたら
次、行かれへんからこのくらいにしといたろ!?

って、まだ次に行くんかい!?(笑

そら、休日は有意義に過ごさんとな。(笑

でも、ここの回転寿司・・・
卸売り市場の中にあるちゅうんのんが、裏目に出ぇーへんかったらえぇのにな。
市場の中やから「安うて新鮮で当たり前」って、誰もが考えるからな。

ま、そんな要らん心配してんと、はい、次、次!(笑)

●「すし市場」
京都府下京区朱雀分木町80 京都市中央卸売市場
075-321-4418
10:30~22:00 (21:45 LO)
年末年始のみ休

すし市場

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:回転寿司 | 丹波口駅


スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

炎の浪花男 地元の常連だけが来る 隠れ家寿司屋 『すし秀』

『たまには、誰も知らんよーな店をUPするんもえーかと思って・・・。』

ウチの地元は西成区でおます。

オレの通ってた小学校は「岸里小学校」という
あの“ノーベル化学賞”受賞者の「福井謙一」
輩出した西成区の中ではちょっと異色の小学校

さらにその西側には「成南中学校」があり、
卒業生には、大阪の顔やった
歌手「やしきたかじん」氏がおるねん。

福井教授には、何か違和感あるねんけど・・・
たかじんしっくりくるトコが西成の子やねんなぁ。(笑)

で、中学をさらに西に行ったら
「西天商店街」ちゅう商店街があんねん。
通称「にしてん」
たぶん、西天下茶屋商店街の略なんと思うねんけど・・・?

P1270780.jpg

オレらの小ちゃい頃は、商店街もかなり栄えてたのに
今や、ここもやっぱシャッター商店街に変わりつつあるヮ。

その、商店街のアーケードを見て、さらに西に進むと
左手に小さい公園が現れる。
その前に寿司屋はあんねん!

でも、誰もそれが「寿司屋」って気がつけへんかも?(汗)
通りに面してる入口には寿司屋の表示があらへんし…。

P1270775.jpg

かろうじて「営業中」と出てるんが救いやけど…。

でも、よー見たらシャッターが看板代わりになってて
メニューとかシャッターに書いてあるねんけど・・・
どう見ても“いたずら書き”にしか見えへん・・・。(汗)

細い路地の方が入口になってるんやけど・・・
どっちからもかなり入りにくい…。

『すし秀』

P1270774.jpg

カウンターのみで、道路側4席
路地側も4席ぐらい。
狭くて、つめつめです。

店は、お世辞にでも綺麗とは言い難いけど…
独特の味があるちゅうてもえぇかも。

「ランチ」の“売り”は二種だけ。

『サービスランチ』
寿司の盛り合わせ(8貫)+うどん

「オススメ」
エビ天寿司(5貫)+うどん

どっちも脅威のコスパ!
500円(税込)

ワタクシは、『サービスランチ』を注文!

先に「うどん」が出てきた。(驚)

P1270776.jpg

「細うどん」で、これがなかなか旨い
えぇ出汁やねん。
一瞬、「稲庭うどん」かと思うほど細いうどん。

P1270777.jpg

で、うどん食べてる間に店主が、寿司を握るちゅう感じやね。

出てきたで。

P1270778.jpg

普通は、こう云う「盛り合わせ」って
8貫の時は一種類づつちゃうん?

まぐろ(赤身)、サーモン、海老が二貫
イカと玉子が一貫づつ。(謎)

今どき、廻る寿司でも
寿司8貫うどん500円では食えへんで。

ま、ネタは廻る寿司レベルやけどね。(笑)

でも、やっぱこれだけやったら足らんから
隣の客のオーダーに便乗して「鰻」を頼んでん♪
2貫で300円、ちゃんと炙って出してくれるねん。

P1270779.jpg

中国の鰻でもこの安さにこの味やったら、しゃーないやん。
でも、ちょっと甘ダレがオレの好みやないのが残念…。

次回は、やっぱ「エビ天寿司」が気になるから、そっちにするかぁ。
「天むす」風の寿司なんやろか?(謎)

勇気がある方は、ぜひ、どうぞ!(笑)

ホンマに西成ではコスパが凄い店がよーさんあんねん。
「岸里小学校」の近くにある
中華料理屋も昔は超有名な店やってん。

『大阪飯店』

P1270781.jpg

なんで有名かちゅうたら・・・

“ラーメン100円”

よー、食べに来たなぁ。

でも、さすがに今の時代になって…

ラーメン200円

なってもーてんなぁ。

P1270782.jpg

そら、しゃーない。

それでも安い♪

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

炎の浪花男 新しいスタイルの“食べ放題”の寿司屋 『海鮮専門店 和』

『握り寿司食べ放題30分1000円(20種類)
に魅かれるも、そこには大きな落とし穴が・・・。』


「オレ、30分もあったらだいぶと寿司食えるでぇ!」

20種類あったら30貫は食えると思うヮ。
それで1000円やったらかなり安いんちゃうん?

P1230780.jpg


と思ってこの看板の威力に魅かれて
地下鉄の四ツ橋駅の①番出口から接続してるビル(みずほ銀行ビル)のB1へ。
ビルのB1の入口が写真屋やねんけど、そこをすぐに左の通路へ。

『海鮮専門店 和』

P1230781.jpg

“中央卸売市場本場より仕入れから実現!”
このコピーには、「ネタに自信あり!」と見受けられるなぁ。
楽しみや~♪

せやけど、このコピーな
“中央卸売市場本場からの仕入れにより実現!”
の方が日本語としてしっくりくるねんけど・・・?(笑)

入ったら…
寿司屋と言うよりカフェ!?
めっさぁモダンな感じや。

オレ的には、この椅子が気に入ったヮ。
ここが、寿司屋やなかったらな。(爆)

P1230787.jpg

目の前には「説明書」なるモノが…

●席の正面にある紙にオーダーを書く!
 (一回の注文で6貫まで!)
●スタッフにオーダー表を渡す。
タイマーはスタッフが押します!
●1皿目が出たらスタートです。
☆では、どうぞ!

P1230783.jpg

確かに目の前には、「オーダー表」があるわ。
ネタはどこを見たらえーかっちゅうたら・・・
壁にデカデカ張ってある。

P1230782.jpg

20種類!
たしかに20種類あるねんけど・・・?

平目に炙り平目、サーモンに炙りサーモン、鯛に炙り鯛
炙りはバリエーションやから種類に入れんとって欲しいヮ・・・。
うーん、これで三種損した気分や…。(汗)

さらに、サーモンにトロサーモン、海老に車海老、鯛に鯛ツナ
これもなぁ・・・。

とりあえず、平目に縁側、炙りホタテ、カンパチ、マグロにうなぎの
六貫をオーダー用紙に書いて注文!

で、ここで登場するのが、寿司屋バリバリの職人やったらえぇねんけど・・・
これまた、カフェにおるようなオシャレなお姉さん…。

これやったら、「寿司」も自分で握ってるんとちゃうやろなぁ~。
機械かなんかで、あらかじめ握ったシャリが用意されてて、
それに切ってあるネタを載せるだけやな。(汗)

と思ってたら・・・

オレの前から来て先に食べてはる隣の兄さんが、
『これ、シャリもうちょっと小さならへんの?
ネタとシャリのバランス悪いねん!』


ちょっと怒ったような感じで云いはってん
ほんなら。その店員の(オシャレなカフェ風の)お姉さんは
毅然とした態度で…
「ウチはこれでやらせてもらってますんで!」
(キッパリ)

ちゅうてる間に一皿目が来たヮ。

P1230784.jpg

こっからがタイマーがスタート!

平目とか縁側、カンパチは、えぇネタやと食うたら判る!
せやけど、確かにシャリがデカイねん!
ネタが小ちゃいとも云える。

P1230785.jpg

ホタテ、まぐろ、うなぎは普通に百円寿司レベル…。

さっさと食うてもーたから、早速、二皿目を注文!
めっちゃ、えぇペースやん♪

ところが、さっきまではスタート時間前やったから
お姉さんの手際が気になってへん
かってんけど・・・
いざ、タイマーが始ってみると、あまりにゆっくり握ってて、
なんかイライラする・・・。


うーん、これ、どう見ても、
あの寿司屋のテキパキとしたテンポやないしぃ・・・。

「よっこいっしょ!」と云う感じで二皿目!
ここで、こんな時間ロスになるとは思わんかったヮ。
こんな少人数のお客しかおらへんのに
昼間のピークやったらどないすんねんろ?

煮穴子、タラバガ二、サーモン、鯛、車海老、ホタルイカ沖漬け

P1230788.jpg

やっぱ、ネタとシャリのバランスが悪るいんが気になる。
せやから、我でシャリ細(コマ)にして食うねんけど・・・
今度はシャリだけが余る。

それで、前にわざわざ
「食べ残しは1貫@100円です。」
シャリも同様です。

って書いてあんねんなぁ~!?

この食べ方やったら、シャリばっかり余ってくるしぃ・・・。(汗)

うーん、仕方のー「ビール」を注文して
余ったシャリを流し込む作戦に。
それにしても小瓶@400円って、高っつ!

P1230786.jpg

はい、それでは3皿目へ!

P1230789.jpg

えぇネタとそーでないネタの差が激しい…。
シャリの大きさとネタのバランスが悪い…。

出て来るんが遅い・・・。

ずーっと思いながらも
三皿目終了!

ところが、この時点で、残り時間が、もうあと5分!?

あと一皿いけるねんけど・・・
もう、6貫も要らんから

えぇネタやった「平目・カンパチ・トロサーモン」を再度!
これで6×3+3でやっと21貫

P1230790.jpg

寿司屋やのに「ガリ」もあらへんし・・・
だいぶ困る。

シャリをビールで流し込んだから腹いっぱいや!

せっかく、えぇネタも持ってるんやから・・・
シャリを小さくして、職人さんがテキパキと握って出したら
えぇ感じになるんやけど・・・なぁ・・・。

そー云う意味では、裏なんばの『富久佳』(ふくよし)は、そんな感じやもんな~!

http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-831.html

「色皿」(5貫)@580を二枚と「生ビール」一杯で、
同じ位の値段
やけどなんぼほど値打ちあるか!?

ホンマに昔から「損して得とれ~!」って、よー云うたもんですヮ。

●海鮮専門店『和』
 大阪市西区新町5番7号B1F
 電話番号不明
 11:00~20:00
 日休

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。