現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 双子のシンクロって何や!? 『ZERO ONE』

“双子”ちゅうのんは、特別な存在同士やから、
お互いにシンクロさせるのは易いはずやのに・・・

この二人(双子)は、
各自が持つ個性が強いから
なんか・・・
シンクロせーへんねん。(笑
それが、きっとこの“二人の生き様(生きて歩んで来た道)の違い”なんやろな。



「鳥取」からさらに奥に行ったトコに「浜村」ちゅう温泉街があんねん。
駅からさらに車を走らせて15分ほど
小学校の廃校があんねん。

そこの体育館が、演劇の舞台になんねん。

『鳥の劇場』

P1290209.jpg

村おこしの一環なんか、ここら辺の村人がめっちゃ力を入れてる“行事”
今年で7年目(7回目)『鳥の演劇祭・7』

P1290195.jpg

今回、見に来たんは双子の舞踏、演目は「ZERO ONE」

また、この題目が、やっぱオレともシンクロしてるんちゃう?(謎
せやかて、オレの好きやったプロレスラー「橋本真也」
(闘魂三銃士の一人、享年40歳)
旗揚げした団体が「ZERO ONE」やから。

ま、それは横に置いといて・・・

そして、開演
始まりは「映画」から・・・
何を映し出すんか?と思ったら「首吊り」(パフォーマンス)

始めは、「双子の踊りを見に来たのになんで首吊りやねん?
と思ててんけど・・・
このパフォーマンス、見れば見るほどに奥が深い・・・。

怖くて、気持ち悪いはずの「首吊り」が・・・
美しく見えてくるんは何でなんやろ?

せや、普通の人やったら、こんな長い時間首吊ってたら
ホンマに死んでまう
で。
たぶんなんかコツがあるんやろーと思うねんけど・・・
でも、足はずっと宙に浮いてる・・・。

これは、マジックとかとは全然ちゃう!
自分の肉体との真剣勝負や!

心を無せんとこんなコト出来ひんで。
なんか、そのウチに神々しく見えてきてん。
これは、凄いヮ。

生きてるというコトを死(首吊り)で表現するやなんて・・・
凄い凄すぎる!!!

ちゅうて、呆気にとられてる双子のダンスが始まった

odoru1.jpg
鳥取公演より 写真: 中島伸二 氏

始めは、一人だけが出て来て踊りだして、
しばらく踊ると引っ込んで・・・
そしたら、またもう一人が出て来て、踊りだす!

同じような動きをしてるんやけど・・・
それぞれのダンスの手法や経歴がちゃうからなんか
微妙な表現、カラダの使い方がちゃうねん!

そして、やがて二人で踊る。
双子やったら暗黙で“間を取るんが容易い”はずやから
綺麗にシンクロするはずなんやろーけど・・・
この二人はちゃうねん!

バラバラで違和感があるんともちゃう!!
同じ動きをしてて、二人の動きは合ってるねんけど
それはシンクロしてるんやのーて・・・
容姿が似てるだけで、
動きに“それぞれの個性が明らかに出てる”

表面上の容姿に気ぃとられてたら
双子やねんからカラダや顔が似てるんは、当たり前なんやけど・・・
同じ動作を二人同時に動いても
それぞれの解釈がちゃうから、表現方法が変わってくるんか?
よー見てたら見るほどに、面白いほど動きに違いがある。

双子やから似てる。
双子やから故の特別な絆があって、
シンクロするんが当たり前!


ちゅうオレの中のありきたりの概念脆くも崩れ去ってもーたヮ。

sennsu.jpg
鳥取公演より 写真・中島伸二 氏

そして、その舞台から発しられる空気感が・・・。

二人は軽やかに踊っているんやけど、
なにかその動き一つ一つには、何や“鬼気迫るモノ”があって・・・
胸が締め付けられるちゅうんか・・・
息が出来にくいちゅうんか・・・

それは、「首吊り」パフォーマンスを最初に見た時にも感じたんと同じよーなんかもしれん。
「生きる」ちゅうのんは、普段、なにげに過ごしてると
当たり前すぎて、その重要さに全く気づきもせーへん


しゃーけど、一旦、意識をして感じてまう
それは、「死と隣り合わせ」で・・・
「生きている」ちゅうコトが、ものごっつ大きくて、大事過ぎて、
息をしてるコトなんかも大変なコトに思えてまうねん。

そして、舞台では、またまた、「映像」
首を吊ってる横で、おばちゃんが普通に「おでん」を喰ってはる。
その横には全裸で部屋をゆっくりゆっくりと歩くてく女性がおったり・・・
めっちゃ「シュール」やのに会場では笑いが・・・。

オレは、この映像を見ても全く笑えへん・・・

舞台が終わったら、「何か、ほっとした・・・。」ちゅうか
やっと普通に息が出きるようになった
日常に戻るコトが出来たからやろな。

「えーもん見せてもーたヮ。」

やっぱ、人間て、何か真剣にやってて、ごっつい集中力を増したら
とんでもないエネルギーを放つ
ねんな。


それは、(死と隣りあわせで)「生きてる証拠」

さ、この後は、出演者のトークショーや。

会場の中には、出店の『鳥のカフェ』があって、
カフェやのに運良くポン酒とアテを売ってはる
やん。(笑)

P1290198.jpg

ポン酒とアテのセットがあるさかいに・・・

P1290196.jpg

P1290204.jpg

豆腐と湯葉の合わせ盛りやたら旨い
ポン酒は、鳥取の地酒(生)にしてくれはったらもっと良かったのに。(笑
「ゆきの美人」も「あまの戸」も旨かったからえーねんけど。

おまけに“鹿のソーセージ”をサービスしてくれたんもありがたかった。

P1290207.jpg

で、トークショー

P1290197.jpg

ここでの監修・演出・振り付けをした「余越保子」さん
ここでの話はそのまま載せれへんので・・・
この作品について語った「日本海新聞」の記事を引用されてもろた。

P1290194.jpg

カラダそのもののが素材であるダンス作品は、
舞台にのせた瞬間から鮮度が劣化していういくという切ない宿命をもっている。
膨大な時間の肉体訓練と気の遠くなるような反復の末、作品は現れる。
ダンスは日持ちしない。扱いにくいナマモノである。

今回上演する「ZERO ONE」を踊る双子姉妹(福岡まな実・さわ実)はタイトルそのものだ。
カラダをゼロ(ZERO)にもっていったニュートラルな状態からイチ(ONE)に向かうときの
そのエネルギーの放出が潔く大胆。

尋常ではない集中力と解読不可能な透明感を備えた。そっくりのふたつのカラダ。
2人のダンサーが踊るデュエットは職業柄たくさんみてきてが、
このふたりの特異性は唯一無二かもしれない。

ひとりは日本で舞踏とダンスを実直に突き詰めてきた舞踏家、
もうひとりはヨーロッパのダンスカンパニーに所属し、
華々しく世界の大舞台で踊ってきたコンテンポラリーダンサー。
ふたりの相似と相違はすぐに認識することができる。

しかし何がどう似ていてどう違ううのかを正確に言葉にすることは不可能だ。
ふたりの踊りをずっと見ていると、細かい仕分けなど不要になってくる。
そんな浮遊感で時は流れる。

また「ZERO ONE」には時間論がもうひとつある。
映像で再生されていく首くくり拷象(タクロウ)、黒沢美香、川村浪子の
生々しい二次元の存在感と威圧感だ。
この一見なんの脈絡も無いないふたつの素材を
重箱の縦割りにして上から眺めたようなような構成となっている。

なぜ?と聞かれれば、美しいから、と考えよう。
とても美しいものを見たかった。
そしてそれを誰かに見てほしいと切に思う。



この時、トークショーの最中にも関わらず、
オレの心はこの教室から見える二つのコト
興味が釘付け
やってん。

一つは、ここの「校歌」
いや、「園歌」
「演歌」とちゃうで。(笑

え、ここ小学校と思っててんけど、幼稚園??
でも、幼稚園に体育館はあらへんやろー?(謎

P1290199.jpg

もう一つは、窓から見えた夕暮れの景色
どんだけ美しかったか。

P1290200.jpg

P1290203.jpg

さ、主人公の双子の二人も加わってのトークや。

P1290205.jpg

来年は、アメリカ(USA)でこの作品をやるらしいヮ。
うん、アメリカ人の反応はどないなんやろ?(謎
それ見たいから、アメリカまで観に行くちゅうのんもアリやな。(笑

とにかく、オレの心に大きな刺激を与えてくれたんは確かや!

こんな見知らぬ田舎の土地やったけど・・・
ホンマに来て良かったヮ。

双子の未来に乾杯!

鳥の演劇祭7
スポンサーサイト

テーマ : ダンス
ジャンル : 学問・文化・芸術

炎の浪花男 観劇で感激する♪(笑) 『舞台・うしおととら 第18章 湖の護り神』

『やっぱ、オモロイわ~!舞台、うしおととら!!』

「シアターOM」(オム)ちゅう小劇団があんねん!
そこがやってる舞台『うしおととら』公演を定期的に観に行くねん!

前回公演からだいぶ時間が経ってて、
なんと今回の公演は、5ヶ月ぶりや。

なんちゅうても、漫画『うしおととら』(作・藤田和日郎)
(少年サンデー連載、1990年6号 - 1996年45号)
は、全33巻あって、
それを全話、舞台化するちゅうてるから
1年で4回(3ヶ月ごと)に公演やってても
何年もかかるねんやんか~。

以前の公演関連のコラムはこちら↓
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-420.html
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-365.html

で、なんで今回の公演はこんなに間が空いたか?ちゅうたら・・・
「シアターOM」の本拠地劇場は「自由空間 高津177」
ちゅう小さくて手作り感いっぱいの劇場やねん。

それがな、夏に消防署の立ち入り検査されて
どーも、ここの劇場が“消防法違反”やから
改善命令出されてたみたいやねんヮ。

で、改善してたから、公演が延びたちゅう訳や。

でもな、ここの代表の稲森誠
(オレらと同じ世代のえぇ歳のおっちゃんやねん)
“とら”の役で暴れまわってるねんけど・・・

めっちゃ「高血圧」やねんか。
『こんなスローペースで何年もやってたら、
それまでにオレ死んでまうヮ!』

本気で思たらしく・・・

『よーし、これからは2ヶ月に一回
いや1ヶ月に一回“うしおととら”公演やんぞ~!』


決意したみたいやわ。

オレとしたら、それは大歓迎やねんけど
役者は大変やで~!
公演終わったと思ったら
また、すぐに次の台本頭に入れんとアカンからな~!

それもそーやけど・・・
「代表~、脚本も演出もそんな短期間で出来るんか?」
高血圧で無理したら公演どころやあらへんでェ!(汗)

ま、ホンマに色々と大変なコトが起こる
『うしおととら』プロジェクト・・・
今回の公演は第18話「湖の護り神」や!

ほな、その様子をちょっと・・・

今回の話は、厳かな雅楽の調べにのって
ホンマもんの巫女さんが登場するちゅうオープニング。

2011.05 010

なんで、そんな演出になってるか?ちゅうたら
今回は、特別ゲストがおってな、
それは雅楽のホープ『天地雅楽』(てんちがらく)
ちゅう、その道では世界的に活躍してる人ら(グループ)が出てるからやねん。

2011.05 011

そのコトはまた後で触れるとして・・・

今回の話は・・・
湖に「オヤウカムイ」ちゅう悪の蛇神が復活!
うしおととらと渡り合うねん!

2011.05 013

この「オヤウカムイ」の造形が凄いねん!
なんちゅうても四人がかりでこの役を演じてはるから
そら、大変やわ。

双頭の蛇やから、その頭を一人づつで二名。
鋼鉄の刃を備える妖怪の背ビレが一名。
で、人間(神)の身体をした本体が一名。

これ、今回の公演で一回しか使えへんのに・・・
それ考えたらホンマ頭が下がるわぁ。

2011.05 016

「サンピタラカムイ」ちゅう地元の守り神も登場するねんけど
なんちゅうても「オヤウカムイ」の邪悪なパワーは強大やから
皆で力を合わさんとやっつけられへんねん。

2011.05 014

「とら」は、妖怪の背ビレの鋼鉄の刃で真っ二つに縦割りにされてまうし、
「うしお」の妖力も相手を倒すまでには至らへん・・・。(汗)

2011.05 015

最後の手段は「獣の槍」の封印を解き
「うしお」の妖力をさらにUPするしかない!

しかし、それは「うしお」の身体にも大きなダメージが残るが、
それしか反撃の方法はあらへん!

「とら」も二つに割られた身体を再びくっつけて再生し、
渾身の電撃を放つ!

「サンピタラカムイ」は、香上と片山の二人の青年に
神を力を貸し与えて、うしおととらの加勢
をさせる!

2011.05 018

そうして死闘の末、やっとで双頭の邪神を倒すコトが出来てん!

2011.05 017

めでたし!めでたし!!

せやけど、ぬぁんでこんなに安くてえぇ舞台やってるのに
もっともっと人気が出ぇ~へんねんろ?
ホンマ不思議でしゃーないわぁ。

映画観るくらいの金額で、こんなにえぇ舞台が見れるんて
ホンマに他にあらへんでぇ!


もっと、もっと色々な人に知って欲しいなぁ~!(祈)

で、舞台終演後は『天地雅楽』のステージ!

2011.05 020

なんかなぁ、雅楽に使われる和楽器の音色って
ホンマ癒しの効果がめちゃあると思うヮ。

2011.05 021

で、次回からの舞台『うしおととら』のテーマ曲
『天地雅楽』が作りはるちゅうねんからステキや♪

ホンマに“縁”って大事やと思うヮ。

2011.05 022



今回もホンマに『うしとら』良かったわぁ~!

残念なんは、前回に引き続き・・・
オレのお気に入りの女優「成子理絵」女史
出演出番があらへんかったコト・・・。(涙)

さ、来月(12月)も続けて『うしおととら』が観れるでぇ~!
次回は第19章「霧がくる!」や!
めっさぁ、楽しみやわ~!

2011.05 023

●劇団シアターOM
 http://www.asahi-net.or.jp/~qp3a-myk/om.htm 
 
●『天地雅楽』
 http://www.geocities.jp/tenchigaraku/japanese.index.html

大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・欧風カレー“第1位”のお店です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

「ブログランキング」に参加中!
 『グルメラヴィリンス』は、今日は何位やろ?
 あなたの一票が更新の励みになります。



テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

炎の浪花男 小劇場でも感動は特大!!(後) 『うしおととらプロジェクト』

『これからも定期的に応援しに行きまっせー!』

「前編」はこちら↓
http://naniwaotoko.blog3.fc2.com/blog-entry-362.html

久々に劇団“シアターOM”演じる『うしおととら』の舞台を観に行ったら
会場まで変わっててビックリしたヮ。

前は『桜川三丁目劇場』やってんけど
今度は、同じ千日前通りでも
高津にある『自由空間 高津177』
ちゅう小劇場

場所は違うねんけど、
雰囲気はまったく前と同じやん。
舞台装置とかも前のまんま持ってきたちゅう感じや。

2011.1.7 144

ここの劇場のローカル・ルールがオモロイ!

まず、観劇とか映画行ったら
携帯電話は、切るかマナーモードにせんといかんやん!?
せやのにここは、上演中そんなんせんでも
周りに迷惑にならんよーに
小声で出てもOK
やねん。

飲食もしてえーねんでェ!
映画館はOKやけど、劇場は普通アカンねんけどなァ。
ホンマ、自由な劇場や!

撮影もOK!
場面によってはフラッシュ撮影もえーねんて。

『これぐらいの役者やったら
もう、どんどん撮れるだけ撮ってやって下さい!』

トイレは二階やねんけど、前に座ってる人は、
二階に行きにくいから、舞台を通って
裏に役者用のトイレがあるからそれ使って下さい!

舞台中でも上がって行ってもーてえーからね。
やって。

こんなオープンな感覚の劇場は他にあらへんでェ!

こんなトコでも絶対にやったらアカン
禁止事項
があるねんて・・・

万が一、芝居がオモロなかったとしても
途中退場して帰るコトだけは許さんねんて!(爆)

さ、ほな三年ぶり

『うしおととら』第十六章“鎮魂海峡”

観るとしょーか。

ん、オレが初めて行ったんは、第六章やったから
もうあれから十回も公演してるねんや。
順調にこなしてるやん!
全33巻のストーリーを制覇すんのんは
簡単な道のりやないさかいにな。

ん、あれから三年で10回公演
しゃーのに・・・
「鎮魂海峡」・・・

ん、まだ七巻の話やど~!

どんだけ進むン遅いねん・・・。(汗)

2011.1.7 148

今回も漫画の話をめっちゃ膨らまして
やってはった
から、
そら、こんな感じでやってたら
進まんわ・・・。(笑)

ま、オレ的には、ここの劇団代表の「稲森誠」氏の
脚本・演出が好き
やからえーねんけどな。

2011.1.7 149

今回の話は、主人公の「うしお」「とら」も
あんま出番が少ない。
物語の鍵を握ってるんは
「幽霊船」の船長の孫娘「伏戸歩」
元乗組員の生き残り船員「寒戸」

2011.1.7 146

この二人がえぇ演技して感動させよんねん!
特にオレが気に入ったんは・・・
女子大生「伏戸歩」役の「成子理絵」さんや。

「大扇風」ちゅうトコに所属してはるねんけど・・・
なんか感じのえぇ女優やねん!

「惚れてまうやろ~!」(爆)
byチャン・カワイ

2011.1.7 150

地震に負けへん日本への熱いメッセージ性も入れての舞台
今回もよかったな~!

毎回は、行かれへんと思うけど
また、必ずまた観に来るでェ!

2011.1.7 147

で、最後はまたまた恒例の「お楽しみ抽選会!」

『はい、やりたい人、手ェ上げて~!』

今回も100名ぐらいの観客が一斉に手を上げてるねん。

『じゃ、そこのダンディーな
マリンの服着たおにいさん!』


やったー!オレやん♪
また当ててもーたやん!!」


それも嬉しいコトに「成子理絵」女史が当ててくれてん!

で、抽選の結果・・・

「ハズレ」やのーて、「当たり」やってんけど・・・

頂いた「招待券」は・・・

『高津一丁目怪談』

うわぁ・・・
オレ、怖い話めっちゃ苦手やねん!

次回の『うしおととら』は
第十七章「汝、歪んだ夜よりきたる」

6月24日(金)~27日(月)
「高津177」にて。

興味ある人は一回観てみてな~!


●劇団シアターOM
 http://theater-om.com/


大阪・四ツ橋(新町)にあるウチの店
【カレー&スパイス創作料理・ラヴィリンス
どうぞよろしくお願いします♪

お陰様で、現在『食べログ』大阪・カレーTOP100“第1位”です!
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27051602/

 

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。