現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎の浪花男 和歌山へ行ったら、やっぱ和歌山ラーメンでしょ♪ 『丸美商店』

やっぱ、和歌山へ来たら“和歌山ラーメン”でっしゃろ?(笑

JR和歌山から特定の特急へ乗り継ぐんにまだ30分ほど時間があるさかいに・・・

呑むか?
いや、ラーメンか?

やっぱ、ラーメンやな!
「和歌山ラーメン」喰うとかんとな。

もちろん、JR和歌山駅の近所で、最も有名なんは『井出商店』・・・
しゃーけどなぁ・・・
行って行列やったらどもならんしなぁ・・・。
ま、そないに遠ぉ無いしぃ、ダッシュで行ってみるかぁ!

と行ったトコロ・・・。

P1280877.jpg

やっぱ、行列・・・。
アカン、これやったら30分では喰えへんヮ。(焦

と、ここで役に立つのが「食べログ」(爆
半径500M以内のラーメン屋で、
『井出商店』の評価まで匹敵せーへんでも・・・
探したら・・・

何と灯台下暗し・・・
JR和歌山駅の地下飲食街に高評価の和歌山ラーメン屋が!?

『丸美商店』(まるみしょうてん)

P1280863.jpg

何か入口から既に美味しいオーラ醸し出してるやないかぁ~!

早速、中に入ると
これまた落ち着いた雰囲気
えーやん、えーやんかいさー!

P1280872.jpg

注文は「中華そば」@680

P1280864.jpg

さ、「中華そば」が出来上がるまで・・・
ビール(愛しのサッポロ★黒ラベル)
“紀州名物”「早なれ寿司」でゆるりと待ちますかぁ♪

P1280870.jpg

「早なれ寿司」は、〆鯖の押し寿司!

P1280871.jpg

これは、「美味い!」ちゅうより
「うーん、納得!」みたいな歴史・食文化の重みの説得力!(笑

午後3時を超えたら
ここのスープで炊き込んだ「おでん」食べれるねんけどなぁ・・・。
残念ながら、まだそんな時間やないしいなぁ。(苦笑

と云う間に「中華そば」が登場!

P1280868.jpg

おおっ、これぞ、和歌山ラーメンの正統派の味!
上品な豚骨&鶏ガラ出汁と醤油のハーモニー!

これは、安心して食える美味さやぞっ!

麺の湯で加減もえぇ感じやし!
高評価なん、分かるわぁ!

P1280869.jpg

これは、えぇトコ知ったわぁ。

こんな場所(JR和歌山駅下)にこんなえぇ「和歌山ラーメン」の店
いつの間にか出来てるとは・・・
オレは、全く知らなんだなぁ・・・。

これぞ、奇襲(紀州)や!(笑

●丸美商店
 和歌山県和歌山市美園町5-61 和歌山ミオ B1F
 073-426-1231
 10:00~22:00(L.O.21:30)
 無休

丸美商店

昼総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:ラーメン | 和歌山駅田中口駅


スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

炎の浪花男 地域密着型繁盛ラーメン店へ! 『サッポロラーメン』 

『夜、遅うにたまたま前を通りがかったら、超満員やったんで入ったラーメン店』

普段は、通るコトのあらへん今里筋を南に歩いてたら・・・
田島6の交差点らへんでなんか小腹が空いてきて・・・
ふと、右側を見たら、なんか黄色いテントが煌々と輝いてて・・・
なんかラーメン屋みたいやねんけど・・・
オレを呼んでる!(笑

店に入ろうとすると・・・
4人掛けテーブル席が3卓、カウンター7席
20人ぐらい入れるようなキャパやねんけど・・・
満席!

時間は午後11時すぎ。
凄いなぁ、こんな時間に満員やなんて・・・。
誰かが出てくるまで待ってたら、運良ぉ食べ終わった客が出て来て
すぐに、カウンター席が空いたからそこに座ってん。

『サッポロラーメン』

P1270643.jpg

なんか、見たコトのない“ゆるキャラ”みたいなんが書いてあるメニュー!
北海道やから、ヒグマなんやろな。
「くまもん」や無い事だけは確かや。

P1270644.jpg

内容を見たら、一品料理も充実してるさかいに
どうやらラーメン屋ちゅうよりは中華屋さんみたいな感じやな。

P1270645.jpg

でも、小腹が空いてるぐらいのオレには
ラーメンだけで十分や。

せやけど、よーさん客居るから、なかなかラーメンでさえも出てけーへんねんろな。
「先にビールとおでんちょーだい!」

P1270650.jpg

これは、すぐに出てきたヮ。

P1270646.jpg

“ぷはぁ~!”

「なんで、ラーメン屋でおでんやねん!?」
ちゅうツッコミは無しで・・・
「厚揚げと玉子、すじ肉」で。

P1270647.jpg

これが、なかなかイケる
ちゅうか、このパターンで料理を待ってる客がほとんど・・・。(笑

しばらくしたら、ラーメンが出てきたヮ。

P1270648.jpg

「サッポロラーメン」はやっぱ「ミソ」でしょ!?
でも、麺もちぢれ麺やないしぃ・・・
なんか北海道の本場のラーメンやのーて、それ風やな。

P1270649.jpg

正直、なんでこんなに「満席」なん?
と思うぐらいに普通の味。

この時間、他に開いてる店があらへんのんか?
はたまた、この味がこの地域の人らに愛されてるんか?

それは、生野の謎である。

●『サッポロラーメン』
 大阪市生野区林寺6-2-11
 06-6714-8886
 17:00~02:00(LO1:30)
 水休

サッポロラーメン

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:中華料理 | 東部市場前駅


テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

炎の浪花男 酔っ払って〆ラーメン・・・追加したらアカンやろ・・・。(汗)『満風麺』

『えぇ加減にこの歳になったら、〆のラーメンは止めんとアカンとマジで思う。』

ハシゴ酒でかなり酔っ払ってんねん・・・。(酔)
酔っ払ったら、最後に必ず〆のラーメンが食いたなんねん!

酔っとるから、満腹中枢がやられてるんやろな。
めっちゃ食うてんのに・・・
「なんか、小腹が空いてるような気ぃするなぁ・・・。」
と思うんやな、これが・・・
絶対に腹なんか空いてへんのに…

ラーメン『満風麺』(まんぷうめん)

P1270052.jpg

地下鉄四ツ橋線「花園町」駅の近く。
屋号(店の名前)も『満腹麺』に見えてくる。(爆)
ずいぶん前からやってはる老舗のラーメン屋さん。

“〆のラーメン”だけを食いに店に入ってん。

P1270054.jpg

テーブル席に座ったとたん、云うたセリフが・・・
先にビールと餃子ちょーだい!で、とんこつこくまろラーメンね♪」

P1270053.jpg

〆のラーメンだけやったはずやのに・・・?(汗)
この酔っ払ったオレの口が、思ってもへんコトを勝手に云いよんねん・・・。

もう、めっちゃ呑んでるから
当然、“ぷはぁ~っ”も勢いがあらへん・・・。(汗)

P1270055.jpg

“なんちゃらセット”の「キムチ」が付いてるねんけど・・・
普段やったら、嬉しいねんやろーけど・・・
今は別に要らん・・・。
せやのに、なんで食うとんねん、オレ?(酔)

P1270056.jpg

餃子が焼けてきた。
自分で頼んだくせに・・・
「なんで、餃子食うてるんやろ?オレ??」
自分にツッコミ入れてさらにに酔いが廻る…。

P1270057.jpg

満腹やから、箸が進まへん・・・。

「とんこつこくまろラーメン」が出来てきた。
また、なんで“こくのあるこってり味”を頼んどんのやろ?

P1270060.jpg

スープを二、三口・・・
もう、これでえぇくらいや。(笑)

麺もホンマは10本ぐらいでえぇくらいや!(爆)

P1270061.jpg

もち、麺もそんなに食えまへん。

ビールも一口、二口…。
餃子も一個、二個…。
ラーメンもスープ少々…。
麺は10本ほど。


ほとんど残しとるやんけ~!

そんなんやのに・・・
なんでか、ここの“名物”を思い出した。(んやろな。)

「すいませ~ん、チャーハン下さい!

どの口がそれを云うとんねん!
それも「半チャン」でえーやんけ!?
ここのチャーハン@650もするのに…。

立派なチャーハンが出てきました。(汗)

P1270058.jpg

えぇ感じの“ふわパラ”やなぁ~!

P1270059.jpg

やっぱ“名物”だけのコトはあるヮ。

って、このスプーンですくった一口食うただけ…。

酔って“名物”の“ふわパラ”確認だけすんなぁ~!

ほとんど残してもーてホンマにすんません。(滝汗)

「あ~っ、めっさ満腹になったヮ。帰ろ!!

いや、いや、最初から満腹でしたから。

それよりも何よりも嫌なんは…

こんなに酔っ払ってるくせに
なんで、こんなに綺麗に写真撮っとんねーん!

完全に職業病や。

●ラーメン『満風麺』
 大阪市西成区花園南1-6-16
 06-6661-3349
 18:00~翌02:00
 月休

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

炎の浪花男

Author:炎の浪花男
大阪で最凶地区と人々に怖れられる
西成の下町で生れ育ち(幼・小・中)、
生野の高校では“韓国民族”の友と共に歩み、 
大学は、河内のド真ん中ちゅうバリバリの大阪人。
青春時代は、ロン毛のロック・ミュージシャンとして
酒と女とライブ公演の日々。その後、渡米。
ロックビジネスに挫折後は、
米・亜細亜の各地を転々とする「流浪の旅」へ。
日本に戻ってからは「某化粧品会社」の
企画・営業を経験して、その後に「会社」を起業。
環境・ベンチャー起業・飲食関係に携わりマルチに活動!
2010年8月4日よりすべての業務をいったん停止し、
大阪の四ツ橋(新町)にカレー&スパイス創作料理
『ラヴィリンス』のオーナーシェフとして新たな挑戦中!!
燃える炎のような熱い魂(ソウル)を持つ
炎の浪花男“ぐっさん”

性格は、単純明快、喜怒哀楽激しく、
明るく元気で気さく。
趣味は多種でグルメ・映画・旅・美術・音楽・
料理・健康・格闘技などなど。

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。